鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウト製作記 98(1000X600版)

駅前の仮置き
本日は15:30で会社は強制退去になってしまったので、レイアウト製作作業を行いました。
プチ運転会ではポイントの接触不良が多少発生していました。小学校低学年の子供に運転方法を教えても理解するのはかなり大変でした。あと2-3年すると理解出来ると思います。
さて、レイアウトの作業ですが、駅前の右側に自転車置き場をプラバンと0.5mmバルサ材で作成してみました。
台座を1.0mmのプラバン、柱を1mm角棒、壁を0.5mmのプラバンに1.8mmで切り出したバルサ材を貼り付けています。
屋根はプラの波板を現物合わせで適当に切り出しました。
_DSC3510_00001.jpg
組み立てて、リノリウム甲板色にライトグレーを少し混ぜたアクリルで塗装して、屋根をGMの青15号で塗装しています。
_DSC3519_00001.jpg
そこにタミヤウェザリングマスター、グレーで適当に汚しを入れました。適当な建物コレクションで切り取った路面を前面に路面を作成して、その後ろに接着しました。小さなアクセサリーですがグッと駅前らしくなります。また、トンネルの上にも柵を接着しています。
_DSC3521_00001.jpg
次に駅前の建物アクセサリーを仮設置してみました。ストラクチャーをそのまま置いているだけですが、ぐっと駅らしくなります。
_DSC3526_00001.jpg
バスの停車ラインも引いてみました。こちらは1mmのグラフィックテープで引いてみました。バスを置くとこのような感じです。
もう少し古いタイプのバスが似合います。バス停をあとで設置しようと思います。
_DSC3527_00001.jpg
最後に駅の端に踏切板を設置しました。こちらは0.5mmのプラバンと0.5mmのバルサ材で自作しています。車両に接触しないように設置していますが、ちょっとギリギリかもしれません。こちらは駅ホームとの隙間を最後に埋めて完成となる予定です。
_DSC3528_00001.jpg
  1. 2018/01/23(火) 00:08:35|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 97(1000X600版)

レイアウトメンテナンスと試運転

 今週末は親戚の子供がどうしてもレイアウトで遊びたい!!、とのことなので、レイアウト制作は中断してメンテナンスを行うことにしました。まずは、レールクリーナで、全線にわたり、面棒で掃除しました。上段線は、簡単に掃除することができますが、下段線のトンネル付近と内部にあるボイントは、裏の点検穴と側面の点検蓋から掃除しますが、どうしても手がとどかないところがあります。割り箸の先にめん棒を取り付けたりして、なんとか掃除しました。
_DSC3516_00001.jpg
ボイントもあまり通電していないので、切り替わりに問題がないか心配でしたが、切り替えは、何とか大丈夫でした。時々走らせてのメンテナンスも重要ですが、このような機会がないと放置ぎみになってしまいます。
子供に遊ばせてあげるには、走行も気になるので、購入して放置してある編成で下段を走らせてみました。下段線はただのエンドレスに近くトンネル内はバラストを撒いていないので、ほとんど問題がありませんでした。
建物の電灯配線が接触する部分がありましたので、配線を逃がしたりしました。道床の下にコルクを敷いていますが、走行シャーシャー音は少し気になります。
今回はKATOの101系を使用しています。下段線は市販の車両はどれも走らせることが可能なカーブにしてあります。
_DSC3518_00001.jpg
 問題の上段線ですが、トミックスのDD13貨物編成とDE10の50系編成で走らせてみました。どちらもポイント部分でギクシャクでうまく走らないところがあります。何度か面棒でクリーニングしてほとんどのポイントはスムーズに走るようになりましたが、留置線の、端のポイントの切り替え先の接触が悪いようで、どうしても、走りが改善されません。
_DSC3512_00001.jpg
_DSC3513_00001.jpg
ポイントの動きも渋いようで、これは取り外して交換しかないかとも思いましたが、他のブロガー様の記事でポイントに穴を空けて、動きを改善している方がいましたので、真似てみることにしました。予備のポイントを分解してみて穴を空ける部分を特定しました。稼働部分の真上に空けるのが良さそうなのでやってみました。1mmの穴を空けています。もちろん自己責任です。あとは注射器でレールクリーナをわずかに注入します。手と電動をで何回か動かすととてもスムーズに動くようになり、効果テキメンでした。先人の方の知恵は素晴らしいです。接触不良も解消され非常に快適に走るようになりました。
_DSC3514_00001.jpg
ボイントスイッチと貨物ホームの反対側用のディレクションスイッチも追加しています。ディレクションスイッチはちょっと高いですが、パワーパックへの接続と見た目を考えると仕方ないです。スイッチBOXは自作すれば見た目もよくなるかもしれません。
_DSC3511_00001.jpg
ともかく、今週末のプチ運転会は何とか出来そうです。
  1. 2018/01/18(木) 21:45:02|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 96(1000X600版)

緑化
 作業があちこちに飛んでしますが、再度緑化作業を行っています。
本日は下段線のレール最前側に緑化を行いました。こちらは、KATOのターフ枯草色を線路際に撒いて、その全面にKATOの草はらのグリーンを蚊取りラケットで撒いてみます。さらにその隙間はライトグリーンのパウダーで地面を見えなくしました。手前の畑は耕しただけの畑(手抜き)としました。
_DSC3506_00001.jpg
_DSC3507_00001.jpg
次に下段線の端の地形を緑化してみました。こちらは、HOレイアウトで余ったフォリッジを使用して、斜面の部分を緑化しています、上下段との景色のつながりに若干難がありますが、山岳地形で繋がったようなイメージとしています。ゴム系接着剤で取り付け、周りにターフ、コースターフなどで繋がりを自然な感じにしました。ターフ、コースターフはボンド水溶液で固着しています。
_DSC3509_00001.jpg
上段レイアウトの柵を取り付けました。柵はGMの木枕木柵とトミックスの柵を使用しています。木枕木は頂点を黄色くしているのですが、作業が意外に大変なので、簡易にマスキングして、頂点のみエナメルのフラットイエローで塗装してみました。
_DSC3504_00001.jpg
貨物ホームと詰所の間に設置しました。この付近ももう少し緑化が必要です。
_DSC3508_00001.jpg
駅舎とプラットホームの間はコンクリートの柵を設置しました。1.5mmの穴を空けて差し込んで木工用ボンドで固定しています。線路側にも柵を取り付けるべきか悩むところです。駅舎とホームが離れているので若干不自然な感じは否めません。
_DSC3505_00001.jpg
  1. 2018/01/15(月) 22:19:34|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 95(1000X600版)

小物の作成など
 寒い日が続いておりますが、当ブログをご覧の皆様は風邪などをひかれていないでしょうか。小生は数日前から風邪気味で、レイアウト製作もペースダウンです。本日は、レイアウト上の小物の製作をちまちまと行っております。
電留線の横の柵を準備しました。先日塗装した、GM古枕木の柵の頂点を黄色に塗装しています。こちらはタミヤエナメルのフラットイエローを柵の頂点に塗っています。
_DSC3502_00001.jpg
レイアウト下下段の手前が空いていますので、こちらは畑にします。いつものようにダンボールの表面を剥がして畑の畝を作ります。ダンボールにはタミヤテクスチャーペイント、土ダークアースを塗装しています。畑部分は切り取り、紙粘土の地面を剥がしています。
_DSC3499_00001.jpg
_DSC3503_00001.jpg
同時にレイアウト上段の緑化も進めています。住宅の横の空き地を緑化しています。今回はKATOの草はら湿草を使用してみました。しかし、この草はらですが、少し草が太く、蚊取りラケットから上手く落ちてくれません。仕方ないので、ある程度撒いたところでそのまま、上から撒いてしまっています。日陰部分が湿草になるように撒いています。
_DSC3500_00001.jpg
_DSC3501_00001.jpg
最後に電留線の端に職員通路を接着しました。マッチ棒から切り出した角材2本を並べて接着したあとにタミヤアクリル、リノリウム甲板色を塗装して、木工用ボンドで張りつけました。少しガタガタな感じにしています。
_DSC3498_00001.jpg

  1. 2018/01/11(木) 23:17:41|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 94(1000X600版)

緑化など
 建物の設置も終盤に差し掛かりましたが、建物を設置してしまうと、緑化の作業が一部しにくくなるので、今回は部分的に緑化を行いました。緑化を行ったのは、商店街の端っこ、駅舎の左側、保線詰所の周り、GMの住宅の脇などです、いずれも、KATOののはらのグリーンミックスを蚊取りラケットで撒いて、草を立たせています。
_DSC3492_00001.jpg
_DSC3494_00001.jpg
また一部はKATOのコースターフを撒いて草むらを作成してみました。
_DSC3493_00001.jpg
木工用ボンド水溶液が固着してところで掃除機で余計なのはらの草を除去しています。
GMの住宅の横は駐車場にすべくグレーのバラストを撒いて砂利の駐車場としてみました。もう少し汚れが必要な感じです。
_DSC3495_00001.jpg
電留線の前の通りを少し塗装してみました。デザートイエローでは道か空き地かわかりずらいので少し変化を付けるために、タミヤアクリルXF-57パフを塗って、未舗装路の道路表現としてみました。もう少し濃くする必要がありそうです。電留線の端に職員通路を作成するための溝を掘りました。この溝にはマッチ棒から作成した古枕木の職員通路を設置する予定です。
_DSC3497_00001.jpg
通路はマッチ棒の頭をカットして2本を木工用ボンドで接着して作成します。これを半分以下にカットして使用します。
_DSC3496_00001.jpg

  1. 2018/01/08(月) 23:27:02|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
Nゲージ 新製品レビュー (41)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (78)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (6)
レイアウト (105)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (2)
HO レイアウト (36)

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア