鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

KATO D51標準型(長野式集煙装置付)が入線しました。

KATO D51標準型(長野式集煙装置付)
 KATO D51標準型(長野式集煙装置付)が当鉄道に入線しました。近年販売されている、D51標準型の長野式集煙装置がついたバージョンが発売になり、購入の運びとなりました。あまり集煙装置がついたカマは好きではないのですが、なじみのあるD51ということで購入しました。
 _DSC8813.jpg
 最近のKATOのSL製品らしく、ディテールは申し分ありません、また小型モーターと動力装置の相性もよく、スローが非常によく効く動力になっています。テンダーの石炭増端板や、集煙装置、パイピングなど非常に精密に出来ています。
_DSC8814.jpg
_DSC8815.jpg
特に意味はありませんが、D51893を選択しています。最近の製品ですので、キャブのバックプレート等もしっかり作られています。
テンダー側のライトはつきませんが、テンダー側の造形もよく出来ていると思います。値段は高く実売11000円程度しますので、これぐらは当たり前なのかもしれません。箱からの出し入れが、非常に大変でこれはどうにかしてもらいたいです。
_DSC8819.jpg
_DSC8817.jpg
上部ボディーと台車側のプラスチックとの色の差はちょっと気になります。実車はだいたい同じ色をしています。
前方の連結梁端を交換してスノープロー付きとしました。D51はプロー付が似合うように思います。
_DSC8821.jpg
さて、このD51839ですが、Webなどの情報によると、
1944 日立製作所笠戸 新製 配属 仙台局 配置 弘前区
1957 弘前区→米原区
1962 米原区→稲沢第一区
1970 稲沢第一区→中津川区 この頃 長工式集煙装置取付
1973 廃車(中津川区)
となっております。レイアウトのコンセプトを東北地区にしていますので、合っている車両かもしれません。
  1. 2016/11/09(水) 23:58:45|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

KATO ED75-700が入線しました。

KATO ED75-700
 当鉄道にKATOのED75-700が入線しました。ED75のシリーズとしてリリースされました。今回同時に20系の日本海のセットも販売されましたが、自分にはなじみが薄いため、機関車のみの購入になりました。
ED75の700番台では後期型の運転台の側面窓がサッシの方がなんとなく印象が強い気がします。最近のKATOの製品にふさわしく、造形がしっかりしているのと、ジャンパー線が別パーツにすることにより、正面が引き締まって見えます。自分は707にしました。707はその後オリエントサルーンカラーに変更された車番です。特に意味はありません。
_DSC8570.jpg
今回ひとつ気になったことは、2エンドの助手席側の手すりの位置ずれと意味不明な突起があります。実車の写真を検索してみましたが、このような突起はありませんでした。???な突起です。
この突起ですが、友人から指摘され、一部のカマではジャンパー栓の上部に小さな屋根みたいな出っ張りがあるカマがいることが判明しました。1000番にも付いている釜があるようです。何で2エンドだけかは疑問が残りました。
1エンド
_DSC8573.jpg
2エンド
_DSC8571.jpg
当鉄道にはトミックスの車両も所属していますので、比較してみました。違いは屋根上の高圧線、塗りわけ、床下機器の造形の違い、ワイパー位置、側面フィルター上窓のHゴム造形などの差がありますが、どちらも甲乙付けがたい製品になっております。
屋根上の高圧線、碍子の色などはKATOの方が自分は実車に近いのではと思いました。
_DSC8575.jpg
_DSC8577.jpg
_DSC8576.jpg
 ED75といえば客車列車を牽引しているイメージが強いですが、日本海縦貫線での小貨物列車の牽引もあり、黒貨車をつなげてみました。ED75のNでのよいところは短い編成でもそれなりに似合うところと思います。
_DSC8578.jpg
さて実車のED75707ですが、ネットの情報によると以下の通りです。
S46.7.23 日立製作所 S46.7.26 秋田(新製配置)  → S59.2.3 福島 → S59.4.1 秋田(貸出) →
 S59.4.18 盛岡(貸出) → S59.5.26 福島 → S61.5.5 秋田 → S61.10.30 福島 →
 S62.4.1 JR東日本 福島 
日本海側を中心に晩年は東北本線筋で使われていたことがわかります。さらに、オリエントサルーンの塗装機で人気のあるカマでした。


  1. 2016/10/07(金) 00:30:00|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

鉄コレ関東鉄道キハ310形復刻塗装が入線しました。

関東鉄道キハ310形復刻塗装が当鉄道に入線しました。
関東鉄道の鉄コレ製品も徐々に充実してきて、色々な種類が発売されています。今回は常総線のキハ310が発売になりました。塗装が復刻塗装の方が好みなので、こちらのタイプを購入しました。
車番は313、314です。幌は313の側についています。最近の鉄コレの製品は塗装のレベルが上がった気がします。値段も通常Nゲージ製品に近づいていますが。列車アンテナのみ、ピンバイスで1mmの穴を空けて取り付ける、必要があります。
_DSC8351.jpg
今回は313に動力を入れました。動力を入れた方は少しスカートの取り付け位置が甘く上部に少し隙間ができます。本製品は床下がかなり食い込んではまる感じに設計されています。動力ユニットの床面は若干高さにずれがあるように思います。
_DSC8352.jpg
_DSC8354.jpg
全面、車端側共に、実車をよく捕らえられています。全面のワイパーの二本支持を印刷で表現されています。これは鉄コレでは新しい試みのようです。幌があるほうが精悍なイメージでかっこよいです。
_DSC8355.jpg
先日完成した、デスクトップレイアウトに置いて撮影してみました。実車の水海道の車庫はもっと近代的な感じですが、実物ではありえませんが、支線の終点にある停泊所の雰囲気になるのではないかと思います。
_DSC8356.jpg
_DSC8359.jpg
さて実車ですが、常総線の活躍する、キハ310ですが、元国鉄のキハ10を譲り受けて、改造されて、1977年より運用されています。機関更新、方向幕、台車更新、冷房改造などを受けているため、キハ10の面影はほとんどありませんが、旧型気動車の名残として現在も活躍しています。本製品はかつての関東鉄道の標準色に復刻された塗装になっています。
  1. 2016/09/19(月) 00:47:12|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

秩父鉄道300系が入線しました。

鉄コレ秩父鉄道300系が入線しました。
 非常に暑い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。小生は大連休になっていますが、海外の拠点等の監視業務があるため、あまり遠出はせずに、自宅で過ごしております。近年は暑さにめっきり弱くなってしまいましたので、模型製作に勤しんでおります。
 さて、模型のほうですが、先月、鉄コレから、リリースされました、秩父鉄道の300系の入線作業を行いました。新旧塗装それぞれ発売されましたが、旧塗装はなじみが低いですが、迷った末、それぞれの塗装を購入することにしました。両セットとも車番はデハ301、サハ351、デハ302です。どうせなら、2編成別々の車両番号にしてもらえればよいかと思いました。
 車体のディテールと塗装などは、鉄コレ品質ではまともな方と思いました。しかし、自分の購入品はサッシの銀が少し飛び散ったやような跡が少し気になるのと、新塗装の屋根に傷が少々ありました。TM-08Rの走行性も問題ありません。
_DSC6854.jpg
走行部品の組み立ては問題なく、車体のアンテナは1.0mmのピンバイスで穴を空ける必要があります。ヘッドライト、テールライトもプラ透明ガラス部品が入っています。
_DSC6855.jpg
屋根上のパイピング、機器類もよく表現されています。また、後年に増備された中間車の台車の形式もきちんと変更されていて、製品化の意気込みを感じることができます。
_DSC6856.jpg
新塗装と旧塗装のバージョンですが塗装以外にはまった違いはありません。小生は新塗装の時代しか、見たことがありませんが、三峰口の置いてある旧塗装、1000系のリバイバル塗装に比べると塗装が薄いように感じました。
_DSC6859.jpg
比較的、地味な秩父鉄道の車両たちですが、これでNゲージでの種類も徐々に増えて充実してきていると思います。ちょっと時代関係が複雑ですが。
 新旧塗装の2両を小型駅デスクトップレイアウトに置いてみました。なかなか似合う情景と思います。実際にはわかりませんが、塗装変更時には、こんな交換シーンも実際にあったかもしれません。
_DSC6862.jpg
_DSC6863.jpg
 さて、実車ですが、1954年に登場した秩父鉄道の自社発注車両で、登場時は2両編成でしたが、1966年に中間車のサハが増備され、1986年に塗装変更がされ、新塗装となり、1992年まで活躍しました。小生も何度か、秩父鉄道で乗車、撮影した記憶があります。地味な感じの車両であまり興味がなかったですが、希少な車両とは思っていました。
  1. 2016/08/14(日) 17:01:30|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

弘南鉄道 ED221の製作 3 (完成)

小部品の組み立て
弘南鉄道、ED221の塗装が終了しましたので手すりなどの小物パーツを取り付けました。取り付け穴は空けておいたのですが、
なかなか、ピンセットを駆使して少量のゴム系接着剤で取り付けました。いつもながらパーツが飛んで行って探すのには難儀していますがなんとか取り付けています。特にテールライトと開放テコが友締めはないだろう?という感じです。それ以外は実物の感じをよく表現しています。
_DSC6064.jpg
車体ははこりが入ってしまったため、再塗装となりました。IPAに漬けて塗装を剥がして、ガイアノーツのサーフェーサーを塗装して再塗装となりました。
_DSC6063.jpg
塗装が乾いてから、すべての小物、ナンバープレート、社紋、パンタグラフ等を取り付け、組み立て完了となりました。
ぱっと見はなかなかよい出来ですが、細かいところを見ると粗が目立ちます。特に台車枠の前後の水平が出ていないように見えます。スノープロー側はトミックスのTNカプラーにしました。反対側はアーノルドカプラーにしました。
_DSC6071.jpg
_DSC6073.jpg
実車は弘南鉄道大鰐線でのホキ工臨、冬季はキ100による除雪が主な仕事ですので、トミックスのホキ800と河合のキ100をつないで撮影してみました。キ100、ホキとも実車での番号とは異なりますが、なかなかよい雰囲気です。
_DSC6074.jpg
_DSC6076.jpg
_DSC6075.jpg
 走行性能はまったく期待していませんでしたが、予想通りでまったく牽引力がありません。レイアウト車庫の端に置きっぱなしになってしまいそうです。ディテールがそれなりなので、もったいないです。
 さて、実車ですが、信濃鉄道(現大糸線の一部)が大正15年に米国から輸入した凸形電気機関車で、以後国有化、西武鉄道、近江鉄道、一畑電鉄を経て弘南鉄道に譲渡。現在は工事臨時列車、除雪用に使用されています。この機関車が以前に西武鉄道で走っていて、現在の平成の時代に現役なのは本当にすごいことだと思います。
是非とも、弘南本線のED333の方も同様のディテールで製品化してほしいものです。動力はどうにかしてもらいたいですが。
  1. 2016/07/27(水) 23:36:14|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
Nゲージ 新製品レビュー (35)
デスクトップレイアウト (166)
四季の鉄道写真 (63)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (3)
レイアウト (59)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (3)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得