鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

KATO クモハ42(茶)が入線しました。

当鉄道にKATO クモハ42(茶)が入線しました。
KATOの旧型電車のシリーズである、クモハ42の茶色を購入しました。
旧型国電はあまり見たことがないのですが、鶴見線のクモハ12、宇部本山支線のクモハ42は撮影、乗車したことがありましたので購入の運びとなりました。自分が見た現役時代のクモハ42な前面警戒色の黄色が入った頃ですので、少し模型の茶色一色は違和感がありますが、旧型国電の好きな方はこちらの方が一般的なのかと思います。
さて、製品のほうですが、クモハ42001がM車でクモハ42006T車の構成です。最近のKATOの旧型国電のシリーズですので、ディティールは申し分ないように思います。
1_DSC1185 (4)
001と006は形状はまったく同一でM車かT車かの違いだけです。M車のモーターも薄く内装も少し表現されています。
1_DSC1185 (1)
1_DSC1185 (2)
1_DSC1185 (3)
両エンドはエンド表記、検査表記なども細かく印字されています。屋根上の配管もよく表現されています。ヘッドライトテールライトは点灯式でスイッチも付いています。
1_DSC1185 (5)
3段下降窓から改造された二段窓のサイドビューがなかなかです。
1_DSC1192.jpg
取り付けはしませんでしたが、ジャンパ線とジャンパー栓のパーツが別パーツでついています。
1_DSC1193.jpg
箱は紙と発泡スチロールの箱です。コストダウンもよいですが、プラスチックの箱の方がよいです。
実車のほうですが、昭和8年(1933)に製造された20m2扉クロスシート電車で昭和33年(1957)に宇部電車区に配置され、小野田線の全長2.5kmの支線、本山支線の折り返し運用に入っていました。平成15年(2003)3月まで活躍していましたが、自分が見たのは1990年頃だったと思います。終点の折り返し駅に佇む単行のクモハ42の白熱灯の付く車内の雰囲気が目に焼きついています。

  1. 2015/06/12(金) 21:52:25|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0
<<デスクトップレイアウト作製記(機関区編)4 | ホーム | デスクトップレイアウト作製記(機関区編)3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (40)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (73)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (87)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (1)
HO レイアウト (23)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア