鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージ、HOゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウト製作記HO(Cボードナロー) 11

ヘロヘロ鉄橋の作成
 ナローレイアウトでよく見かける木製の鉄橋を製作すべく作業にかかりました。
A4の紙の上に簡単な、断面と上面図を描いてそれに合わせて製作を行っています。他のナローのレイアウト等の画像を参考にしつつ作業にかかりました。今回は最下面からナローの線路面までの208mmの高さの鉄橋が必要です。R180で内角が90度で桁は3本としました。へろへろ感を出したいのできっちりとではなく、いい加減に作ろうと思ったのですが、いい加減の加減が難しくそれなりにかっちりとしたものが完成してしまいました。この辺はまだまだ精進が足りないようです。
_DSC7197_00001.jpg
橋脚部分ですが205mmの高さの直径4mmの丸棒を切り出し5本で橋脚の芯を作り、そこに25mm、80mm、140mm、205mmの高さで横桁を3X3の角棒で挟みこんで製作しました。4mmの実物では丸太32cmで高さは約16mでですので、ちょっと細いかとも思いましたが、実際に組み立てみるとそれなりのへろへろ感は出たのではないかと思います。また斜めに3X3の角棒をトラス風に組んで強度を増しています。本物のトラス効果はありません。
桁の部分は3X3mm角棒を組み、左右の桁を2X2mmの角材で組んでいます。A4の紙に書いた下書きに合わせて切断接着しましたがそれなりに形状は構成できました。
_DSC7199_00001.jpg
_DSC7198_00001.jpg
実際に、立体的に組んでみると橋脚同士が拘束されていないため、安定度がいまいちで、倒立できないので、橋脚間にも3X3mmの角棒を組んで安定させています。接着はすべて、木工用ボンドで行っていますが、かなりかっちりと組み立てることができています。塗装はエコーのSTウッド塗料を使用しています。こちらのモジュールも適当な色で良い感じに仕上がっていると思います。レイアウトのボードの最上段に鉄橋取り付け部の切り欠きを入れています。最終的には地形と橋脚をつなぐ、補強材を取り付ける必要があるかと思います。
_DSC7200_00001.jpg
最後は橋脚間の補強材を塗装して完成となりました。ダラダラ作業してしまいましたので、これを作るのに3日ほどかかりましたが、成せば成るでそれなりには完成することができました。
_DSC7201_00001.jpg
内側の地形を作る必要がありますので、設置はまだまだ先になりそうです。



  1. 2018/04/16(月) 22:26:18|
  2. HO レイアウト
  3. | コメント:0
<<レイアウト製作記HO(Cボードナロー) 12 | ホーム | レイアウト製作記HO(Cボードナロー) 10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
Nゲージ 新製品レビュー (42)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (87)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (6)
レイアウト (111)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (9)
HO (3)
HO レイアウト (68)
HO車両 (2)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア