FC2ブログ

鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージ、HOゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウト製作記HO(Cボードナロー) 03

ナローレールの仮敷設
 今回のレイアウトの上段ではPecoのナローレールを使用しています。Tomixの完全選択式のポイントにすっかりなれてしまっているため、電気配線等を考えて、接続を行う必要があります。小生はあまり英語が得意ではないので、Pecoの説明書を読んでもどのように配線するのがよいかはよくわかりません。そこでとりあえずレールを仮敷設して配線を確認することにしました。それに実際に車両を走らせてR150程度の走行性能を確認することにしました。Pecoの電気配線に関しては他のブログの方の記事を参照しています。Pecoの電気配線に関して、細かく書いていただく方がいますので、非常に助かっています。
_DSC5926_00001.jpg
_DSC5925_00001.jpg
 初めにエンドレスと引き込み線を敷設しました。仮ですので、枕木の何箇所かに穴を空けて小釘で仮止めしました。Pecoのジョイナーはなかなか嵌めこみにくく少し難儀しました。
列車は三共Bタンクと、鉄コレの1/80のキハ1、ホハ1のナロー車両を使用しています。R150以下になってしまった場所がありますが、走行性能は特に問題ないようです。外側線の幅もなんとか確保できそうです。
わかっていたことですが、初めはギャップを入れずに敷設して走らせましたが、引込み線側に入るとショートして止まってしまいます。
_DSC5929_00001.jpg
 そこでエンドレスに1箇所ギャップを入れて、ポイントのトングレール側に予備配線を追加しています。この先はon-onの6Pスイッチを付けてポイントの切り替えと共に電極を入れ換えるようにする予定です。非選択式のポイントは少し配線が大変ですが、仕方ありません。最初はコルクを敷いてレールを敷設しようと考えていましたが、5.5mmのベニアでは、シャー音もあまり気にならないように思います。
_DSC5927_00001.jpg
今回のレール敷設ではレールベンダーを使用してみました。Rが可変するようなところには使用できませんが、コレを使用するとだいたい思ったRで線路を曲げることができます。しかし、レールを枕木から取り外して、曲げて再度取り付ける必要があります。外周線の1レールをこの方法で作ってみました。
_DSC5928_00001.jpg
だいたいR150ですがかなり、きれいに曲げることができました。なかなか良い感じです。

  1. 2018/03/15(木) 23:23:28|
  2. HO レイアウト
  3. | コメント:0
<<レイアウト製作記 108(1000X600版) | ホーム | 春はそこまで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (44)
デスクトップレイアウト (172)
四季の鉄道写真 (93)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (7)
レイアウト (111)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (9)
HO (3)
HO レイアウト (99)
HO車両 (3)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア