FC2ブログ

鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージ、HOゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

HO レイアウト製作記(Cボードナロー) 01

ボード作成
HOレイアウトですが、プランも固まりましたので、ボード作成の作業にかかりました。ボードは900X900X5.5mm2枚、45X45X900mmの角材、45X15X810mmの角材300X900X4.5mmのベニアを使用します。3層ハーフオープンデッキ構造になります。155mmの角材をそれぞれの層の台座にしています。
水面層、HO層、ナロー層とそれぞれ、3層構造で作成する必要があるので、ホームセンターである程度材木をカットしてもらい、DIYが得意な友人に微調整カットをお願いしました。
 初めにナロー層にKATOのHOのレールを配置してレール位置を下書きしています。
_DSC3523_00001.jpg
レール配置はまったく異なりますが、Tomixファイントラックで、どの程度の走行性能になるか確認しています。R140はギリギリな感じですので、プランニングは少し余裕を持って、R150を最小半径としています。トミーテックの1/80ナロー車両で確認しています。平坦であれば、まずまずの走行性能と思います。
_DSC3525_00001.jpg
次に実際のレール配置をナロー層に書いています。1mmのスチレンボードに1mmの穴を空けてR150、R180のコンパスを作成してRをベースプレートに書いています。またX印で起点となる点をプロットしています。この座標はAny Railの座標位置を参考にしています。1mm以下は四捨五入でプロットしました。少しいい加減な方が微調整がしやすいと考えました。
_DSC4544_00001.jpg
レール配線を書いたら、地形を描いて、ジグソーでカットします。
_DSC4543_00001.jpg
カットしている写真を撮り忘れましたが、155mmの台座を取り付けてHOベースの上に置くとこのようになります。同時にHOベースの端もジグソーカットを行っています。
 _DSC4550_00001_01.jpg
本日最後は60mmの高さにあるR370の路盤を作成しています。こちらは60mmの台形の台座の上に4mmの路盤を置いています。シャー音が気にはなりますが、運転会の会場はそれなり広いのでそこまで神経質にならなくても大丈夫です。
_DSC5518_00001.jpg
こんな短い記事を書いていますが、ここまでに10日ほどかかってしまいました。思ったより時間がかかりました。色々構想はありますが、未知数な部分もありますが、本格的な作業に掛かろうと思っています。


  1. 2018/03/05(月) 22:10:34|
  2. HO レイアウト
  3. | コメント:0
<<レイアウト製作記 106(1000X600版) | ホーム | 雪壁が>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (44)
デスクトップレイアウト (172)
四季の鉄道写真 (93)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (7)
レイアウト (111)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (9)
HO (3)
HO レイアウト (99)
HO車両 (3)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア