FC2ブログ

鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージ、HOゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウト製作記 100(1000X600版)

100回目のレイアウト製作記
 本日で、このレイアウトの記事は100回目になってしまいました。モチベーションを高めることも難しく、ちょっとだらけている感じですが、本日も作業を行っています。
 本日は駅舎内の電灯取り付けの続きを行っています。前回、光が漏れてしまい、電灯取り付けが上手く行かなかったので、駅舎内の壁にビニールテープで遮光しています。これが意外と時間のかかる作業でかなりの時間を要してしまいました。
_DSC4386_00001.jpg
駅舎の出入り口付近の内部に遮光をしてしまうと、外から黒い壁が見えてしまうので、入り口付近はビニールテープを張っていません。壁から光が漏れてしまうので、もう少しですが、これは仕方ありません。
ギリギリ許容範囲という感じですが、実際に点灯してみるとそれなりになっています。
_DSC4383_00001.jpg
駅舎内に駅員も配置してみました。一般人も配置して、駅舎の取り付けを行おうと考えています。また、駅舎内の備品も徐々に取り付けを行っています。
_DSC4385_00001.jpg
本日は、架線柱の作成も行いました。鉄コレの架線柱Aを使用して、複線、3線用の架線柱を作成しています。本日はホーム脇の幅広の複線用架線柱を中心に作業しています。適当にあまりの部材を切り取り、中心を切って部材をABS接着剤で固定しました。
やはり接着剤の接着はイマイチですが、仕方ありません。
_DSC4388_00001.jpg
ホーム脇には土台を設置しました。5mmの穴をドリルで空けて、車両建築限界に注意して、土台を設置しています。この土台を使うことにより架線柱を着脱式にしています。
_DSC4387_00001.jpg
実際に架線柱を取り付けるとこのような感じになります。雰囲気はかなり違う感じになります。架線柱は仕上げの塗装とカクカクを修正しなくてはなりません。
_DSC4389_00001.jpg
最後に、ホームの踏切の両サイドを埋めました。ホーム側は1.5mmと0.5mmのプラバンでコンクリートと木の部分を作り通路側の隙間は0.5mmのプラバンで埋めました。
_DSC4384_00001.jpg
レイアウト製作はかなり佳境に入っていますが、細かい作業が続きますが、もう暫くお付き合いください。


  1. 2018/02/02(金) 22:41:27|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0
<<大寒波のあとは(つづき) | ホーム | 大寒波の後は>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (42)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (89)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (7)
レイアウト (111)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (9)
HO (3)
HO レイアウト (86)
HO車両 (3)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア