FC2ブログ

鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージ、HOゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウト製作記 99(1000X600版)

駅舎内の電球設置と架線柱の検討
 駅前の配置が固まりましたので、本日は駅舎内に電球を入れることにしました。駅舎内は建物コレクションのDもしくはD2を使用することにしました、駅前だけやや明るい感じにしようと思っていましたので、こちらはLEDを2個仕込むことにしました。待合室と事務所を別々の電灯としました。屋根に銀テープ、隙間に黒のビニールテープで遮光しました。
_DSC3532_00001.jpg
さらに考え、駅前の看板下の電球と通路下の電灯を光ファイバー(0.5mm、1mm)で照らすということをやってみました。看板下の電球は球体に直接光ファイバーを挿そうと思いましたが、ここに0.5mmの穴を空けるのは非常に難しいと判断して、球体下に光ファイバーの穴を空けて球体の先端に接着してあります。
_DSC3529_00001.jpg
_DSC3533_00001.jpg
通路の電灯は1mmの光ファイバーを通路側の屋根下に出してみました。ちょうど屋根の下に隠れるので下から覗き込まない限りは見えません。いい加減ですが、とりあえず、レイアウト上に設置して、光の加減を見てみます。D、D2のLEDは少し明るいので、壁からの光漏れが多いように思います。これではちょっと明るすぎますが、もう少し遮光すれば何とかなるレベルかもしれません。
壁の遮光がなければ不自然な状態です。
_DSC3536_00001.jpg
_DSC3534_00001.jpg
写真からはわかりづらいですが、光ファイバーを通しての電灯もそれなりのように思います。駅前交番の球体電灯も同じ方法を採用しようと思います。
 本日はさらに上段電留線と駅の架線柱の検討をしました。建物コレクションの架線柱Aを切断して、ビームを延長、短縮で何本か作成して行くので、効率よく無駄なく作るにはどうしたらよいかを考えています。この架線柱を利用しているのは、ローカル私鉄のちょっと頼りない架線柱をイメージしています。
_DSC3538_00001.jpg
ボードに合わせて置いてみましたが、電留線では広すぎ、駅部分では狭すぎと効率よくは簡単には上手くは行かないようです。
_DSC3539_00001.jpg
_DSC3540_00001.jpg
引き続き検討を行って行きたいと思います。次回で100回目の記事ですが、完成にはもう少し時間がかかりそうです。

  1. 2018/01/26(金) 01:01:29|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0
<<大寒波の後は | ホーム | レイアウト製作記 98(1000X600版)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (42)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (89)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (7)
レイアウト (111)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (9)
HO (3)
HO レイアウト (86)
HO車両 (3)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア