FC2ブログ

鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージ、HOゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

EF62後期型 JR仕様が入線しました。

KATO EF62後期型 JR仕様が入線しました。
当鉄道にはすでに3両のEF62があるために購入を少しためらいましたが、KATOの新製品でJRマークもないということで購入し入線させました。同様の仕様の製品がTomixからも販売されてすでに当鉄道に入線しています。某量販店で購入しましたが、本体は問題ありませんでしたが、若干、箱に傷がある製品になってしましました。そこまで神経質ではありませんが、この程度の価格でも、外箱に傷があるのは気持のよいものではありません。
 さて製品ですが、造形は申し分ありませんが、Tomixの製品では窓が抜けてたボディの肩の部分窓が抜けておらず、Hゴムが印刷で表現されているところが非常に気になりました。
_DSC2526_00001.jpg
JR仕様ですので協調運転アンテナが付いており、塗りわけ正しくされているところは新しい製品ということが分かりません。個人的にはこのアンテナはあまり好きではありません。
_DSC2527_00001.jpg
番号は他の番号と重ならないように41号機しましたが、実車はパンタがPS22に置換されていることを後で知ってしまいましたので、ちょっとショックを受けてしまいました。仕方ありませんのでこのままにしようと思います。
 _DSC2528_00001.jpg
_DSC2529_00001.jpg
KATOと前回のTomix製品を並べてみましたが、他にも、色調の違い、塗りわけの違い、ホイッスルカバーの色の違い、JR無線アンテナの造形の違い、パンタ横の三角印などどちらも甲乙つけがた造形となっています。採光窓が抜けていないのは残念でなりません。ナンバープレートや銘板の取り付けはKATOの方がぴったりと嵌るように思いました。カプラーの変更が難しく、車体から取り外してKATOカプラーに変更しました。
 久々に機関区デスクトップレイアウトに置いてみました。他の3両と共に置いてみましたが、信越地方の機関区の雰囲気が再現されていると思います。また、EF62もこれだけの両数が揃うと圧巻です。
_DSC2532_00001.jpg
_DSC2531_00001.jpg
さて実車のほうですが、1963年の信越線の碓氷峠粘着運転開始時に登場した信越本線直通用の機関車のEF62はC-Cの車軸配置が特徴の機関車です。41号機はJR化後に田端機関区に転属した6両の一両ですが、PS22に片方のパンタが置換された、変形機ですが、晩年は機関区の裏に放置され、部品取り用の車体になっていた号機で田端機関区で解体されています。模型ではパンタグラフと、無線アンテナ取り付け時期が実車とは重ならないかもしれません。
  1. 2017/12/03(日) 02:34:40|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0
<<レイアウト製作記 87(1000X600版) | ホーム | レイアウト製作記 86(1000X600版)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (44)
デスクトップレイアウト (172)
四季の鉄道写真 (93)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (7)
レイアウト (111)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (9)
HO (3)
HO レイアウト (99)
HO車両 (3)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア