鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウト製作記 76(1000X600版)

上段線の架線柱の土台の設置
今回も電化、非電化の両方の路線を実現するために、架線柱は着脱式にするため、土台を設置しました。
鉄橋はKATOのカーブ鉄橋を使用していますが、橋脚はTomixのレンガ橋脚を使用しているため、架線柱土台の設置限界位置が分からないので、KATOのガーター鉄橋で位置を確認しました。
_DSC7815_00001.jpg
さらにカーブしている鉄橋ですので、思った以上に外側に設置する必要がありました。最初確認しないで設置してしまったため、車両が接触してしまい、やり直しになりました。
_DSC7816_00001.jpg
最終的にはゴム系接着剤でTomixのレンガ橋脚上に接着しています。また、碍子に白入れ、ビームにタミヤアクリルXF-66ライトグレーを塗ってみました。最終的にはこちらも汚しが必要です。
_DSC7818_00001.jpg
 上段線の鉄橋の前後にも架線柱の台座を埋めています。こちらは情景コレクションの架線柱Aの台座を埋めています。台座を丸く切り取り、架線柱の取りつけ穴のみを生め込んでいます。ミニカーブレールを使用しているため、カーブ部分はかなり線路から離して設置する必要があります。
_DSC7822_00001.jpg
この架線柱つくりは雑な感じがしますが、地方のローカル私鉄のイメージにぴったりです。
_DSC7819_00001.jpg
スノーシェッドの前後にも同様に台座を組み込んでいます。裏面、全体的に架線柱を立てるとかなりイメージが変わってきます。
_DSC7821_00001.jpg
次回は、スノーシェッドの接着作業にかかりたいと思います。


  1. 2017/06/28(水) 01:19:11|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0
<<レイアウト製作記 77(1000X600版) | ホーム | デスクトップレイアウト 製作記 SL駐泊所 04>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (40)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (74)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (87)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (2)
HO レイアウト (36)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア