鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウト製作記 67(1000X600版)

緑化(その3)
この週末は適度な気温とそれなりの天気でしたが、疲れもあり、レイアウト製作の進みもいまいちでしたが、若干作業を進めました。
 下段本線の裏側の部分の緑化を行いました。こちらは、雑草が生えている、平原と築堤ぽい感じを目指しています。KATOのターフ明褐色を撒いて、コースターフの明緑色を撒いています。さらに、部分的にターフの若草色を使用しています。築堤部分は単調なイメージで、鉄橋の下は色が単調にならぬように撒いています。それでもどこかのレイアウトにあるようなイメージになってしまっている感は否めません。
_DSC7342_00001.jpg
_DSC7343_00002.jpg
 このサイズのレイアウトであればターフを巻くときはボードを垂直に立てたりして作業していますが、もっと大きなレイアウトでは、急な斜面等にターフやパウダーを撒くのはかなり厳しい作業になる予想できますが、このサイズならば、角度を変えて作業可能なのでまだ楽に作業ができました。
トンネルの上面にフォーリッジで低木のイメージで緑化を行っています。ここまでくると、イメージ戦略が大事になりますので、鉄橋を置いて、さらに車両を置いてイメージを確認しています。KATOのDD13を置いてみました。
_DSC7427_00010.jpg
_DSC7344_00003.jpg
この短い区間ですが、緑化するだけで、イメージが相当変わることが分かります。もう少しポータルを汚したり、白を入れたほうがイメージに近づくように思います。畑予定地の横の丘に木を植えてみました。いい加減な樹木も本数があるそれなりに見えます。
 _DSC7345_00004.jpg
築堤の上部のレールの内側は畑にする予定ですので、ダンボールの表面をはがして、畑の製作にかかりました。よいダンボールがないかと探していましたか、ヨドバシ.comで送られてくるダンボールが、溝の大きさが小さくよいと思いました。
若干オーバースケール気味と思いますが、コスト削減のため、できるだけ安く済む方法も日々考えています。
_DSC7423_00006.jpg
_DSC7424_00007.jpg
_DSC7426_00008.jpg
実際の作業は、表面(茶色紙)をはがして、だいたいの畑の大きさに切り出し、タミヤテクスチャーペイント、土ダークアースで塗装しています。緑を植えて完成となりますが、どのようにすべきかは、まだアイデアがありません。
  1. 2017/05/29(月) 22:24:47|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0
<<レイアウト製作記 68(1000X600版) | ホーム | 富山地方鉄道 富山軌道線>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (38)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (71)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (85)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (1)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得