鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

デスクトップレイアウト製作記(カーブ鉄橋)16

小物製作の続き
本来であれば、川に水を流して完成となるところですが、川の流れの方はトライしたいことがありますので、引き続き小物の製作を行っております。進みが遅いという意見はご勘弁ください。
非電化用のケーブル賭けの柱ですが、汚しを入れてみました。いつものように、タミヤエナメルのXF-1フラットブラック、XF-64のレッドブラウンを使用しています。全体(下側を若干濃くをイメージして)をフラットブラックを溶液で薄めて流して行きます。その後、柱のボルト部にレッドブラウンを流します。
_DSC1664.jpg
レイアウトの端にある架線柱の塗装と小加工を行いました。この架線柱も着脱式にしています。そのため、架線柱の台座の先端を少しカットして2mmのプラ丸棒を適当に接着してカットしています。塗装は柱をタミヤアクリルのXF-66ライトグレー、その他ビームをXF-80ライトロイヤルグレーに塗装しています。アクリルが乾いたあとに碍子にエナメルのXF-1のフラットホワイトで色差ししました。
_DSC1665.jpg
これではきれい過ぎなので、ケーブル掛けの柱と同様に方法で、タミヤエナメルのXF-1フラットブラック、XF-64のレッドブラウンを使用しています。全体(下側を若干濃くをイメージして)をフラットブラックを溶液で薄めて流して行きます。その後、柱の接続部にレッドブラウンを流し手汚しをいれました。
_DSC1666.jpg
ちょっとした作業ですが、効果はテキメンでよいイメージになりました。
 最後に、地形の裏側をタミヤアクリルXF-10フラットブラウンをスタイロンフォームの裏側に塗装しました。出来るだけ、塗装をしていないところが出来ないように塗る必要があります。最終段階ですが、これを塗るだけで、ぐっと締まった感じになります。
 _DSC1668.jpg
_DSC1667.jpg
次回はいよいよ川の水面の作成に入って行きたいと思います。

  1. 2017/02/09(木) 23:16:41|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
<<小湊鉄道 上総舞鶴駅 | ホーム | 冬ですが梅の時期になりました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (40)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (73)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (87)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (1)
HO レイアウト (23)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア