鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

デスクトップレイアウト製作記(カーブ鉄橋)15

小物の製作とバラスト撒き
 このデスクトップレイアウトの製作も佳境に入ってきて、小物の製作に取り掛かりました。
デスクトップレイアウトを作るときにはこの狭い範囲でも必ず2面性を意識して製作しています。今回のレイアウトでは非電化、電化と景色の2面性を考えています。
KATOの鉄橋ですが、組み合わせにより電化にも非電化にも対応できるようになっています。今回は両方を両立するため、架線柱の台座を転用して、非電化にも対応できるようにするために、ケーブル掛け用の柱を作ることにしました。KATOの単線ラーメン架線柱の上部と取り付け部を切り継いで非電化用のケーブル掛けを製作してみました。架線柱の上部碍子部分を切り取り、差し込み台座部分に接着しています。
_DSC1425.jpg
正確にはわかりませんが、普通の接着剤では接着できないようなので、ABS用の接着剤で接着しています。
_DSC1426.jpg
接着後にタミヤアクリルXF-80ライトロイヤルグレーで塗装しました。まだ碍子の塗装はしていません。
_DSC1441.jpg
_DSC1442.jpg
汚しも入れていませんが、ケーブル掛けの柱に見えなくもありません。
 次に鉄橋と橋脚の作業通路との間に隙間がありますので、渡り板を付けることにしました。0.5mmのバルサ材を適当にカットして、タミヤアクリルXF-69リノリウム甲板色で塗装して接着しました。
_DSC1427.jpg
 また、カーブ鉄橋終端側に架線柱を差し込む、3mmのパイプを埋めています。いつもの通り着脱式の架線柱としています。
_DSC1428.jpg
短いレールですが、レイアウトの両端のレールにバラストを撒きました。今回はKATOのバラスト、濃茶色、茶色、わずかにグレーを混ぜたものを撒いてみました。いつものように、周りをマスキングテープで養生して、霧吹きで水を吹きかけて、ボンド水溶液で固定しました。
_DSC1440.jpg
_DSC1439.jpg



  1. 2017/02/05(日) 20:19:40|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
<<冬ですが梅の時期になりました。 | ホーム | Tomix EF652139 国鉄復活色が入線しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (37)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (70)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (4)
レイアウト (80)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (7)
HO (1)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得