鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

デスクトップレイアウト製作記(カーブ鉄橋)8

鉄橋のウエザリング
地形の造形は終盤にかかっていますが、地面のゆがみの問題が解決していないのですが、作業を進めるということで、鉄橋のウエザリング作業にかかりました。
 鉄橋の橋脚ですが、KATOの円錐橋脚をカットして使用していますが、ジョイナー、点検作業台、架線柱の台座を取り付け、接着しました。ジョイナーはガーター橋と同色に塗装して目立たなくしています。
_DSC9746.jpg
塗装して、汚しを入れるだけで、ずいぶん雰囲気は変わったてきたと思います。
_DSC9745.jpg
さて、鉄橋自体のウエザリングですが、タミヤエナメルXF-64レッドブラウンとXF-02フラットブラックを使用しています。
_DSC9747.jpg
適当に溶剤で薄めて、ガター橋のリベット付近に流して、全体を軽く薄い塗料でなぞっているだけです。乾くとかなり実感的になります。塗装が新しいものとかなり汚れた鉄橋の中間ぐらいのイメージを目指していますが、塗装が乾かないと実際の塩梅はわからないので、徐々に塗装を濃くしています。ネット等の実物の写真を見るとガーター橋の下部側はサビが濃く、段々上に行くと薄くなっているようなので。それをイメージしていますが、実際に完成すると、差がつきにくく、なかなか難しいです。
_DSC9748.jpg
また、橋脚のサビ汚れに関しては、レッドブラウンを点付けして、それを溶液で塗り広げ、サビが垂れている表現をしています。
最後に鉄橋のガードレールのモールドをフラットブラックで汚して完了としました。
_DSC9749.jpg
 平行して、川原に置く岩の粘土を削り出し、しました。適当に地形に置いて、岩の造形に使用する予定です。木粉ねんどでもなんとか、岩の造形を作ることができました。紙粘土に比べて、表面はちょっとザラザラ感があるかもしれません。しかし、地面の反りをどうにかしなくてはなりません。
  1. 2016/12/09(金) 00:46:19|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
<<秋の終わり(小湊鉄道) | ホーム | レイアウト製作記 39(1000X600版)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (36)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (70)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (4)
レイアウト (77)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (4)
HO (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得