鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウトの参考に(大宮車両総合センターその2)

電車検査庫
前回の大宮車両総合センターの記事から時間が経ってしましましたが、本日は同工場の、JR東日本の電車の検査庫の方のことを書いています。JR貨物の機関車の検査庫とは違い、どの建物も屋根の高さが低く出来ています。また、検査を受ける車両が多いことから、機関車と違い、システマテックに検査が行われているように配置されています。台車、車輪の検査組み立てスペースは思ったよりも広くないように思いました。近年のボルスタレス台車になって、台車の重量も軽くなって、検査の作業も軽減されているのかもしれません。全体的に作業場所がコンパクトです。台車置き場では10t程度の天井クレーンや、もう少し小さなクレーンが使われています。
_DSC4495.jpg
_DSC4494.jpg
車輪、軸関係の切削を行う場所ですが、小型のクレーンで車輪などを移動していました。
_DSC4506.jpg
屋根上点検台はコンクリートの台の上に乗っていて、上面はフレームが組んであります。電車区にあるものより強固に作ってあるようにも見えます。
_DSC4497.jpg
特急車両が検査中でしたが、床には意外にものが少なく、必要なものはまとめて置いてあります。
_DSC4500.jpg
これらの建物の外装はシンプルですが、4線分が1ブロックの建物のなっていています。さすがにこの規模の建物をレイアウトで作ることは、不可能に近いと思います。この規模ではトラバーサーを使用することにより、建屋間の車両の移動を効率よく行っていることが伺えます。トラバーサーに給電している架線柱もレイアウトの参考になるかもしれません。
_DSC4508.jpg
_DSC4507.jpg
話はそれますが、今回のイベントの目玉はなんといてもこれらの機関車の並びでした。これを撮影するためには、非常に苦労しました。無理に3台並べないで、1台づつ縦に置いてくれたほうが、自由に撮影できたと思います。
_DSC4482.jpg
このようなイベントがあれば、また行って見たいと思いますが、人が多くて人気の場所には近づきにくいです。社員の方は休日出勤で大変とも思いました。



  1. 2016/06/10(金) 23:40:58|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0
<<デスクトップレイアウト製作記(私鉄電車区)1 | ホーム | 北東北へ(その1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (36)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (70)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (4)
レイアウト (77)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (4)
HO (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得