鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

デスクトップレイアウト製作記(終端駅)15

終端架線柱の作成
本日は関東地方で雪が降り、朝から中央線に閉じ込められ、散々な一日でしたが。夕方に晴れ間も出て、きっと撮影にいければ、よい写真が撮れたのではと思いつつ、仕事をこなしました。サラリーマン鉄の苦しいところです。さらに、帰ると家の前に雪が積もっていたので、除雪をして本日の作業にかかりました。ちょっと腰が痛いです。
 気を取り直して、まずはマルチ架線柱の塗装を行いました。ビーム部分は、タミヤアクリルのXF-80ライトロイヤルグレーを塗装して、ビーム部分をマスキングして、柱部分をライトロイヤルグレーにわずかに黒を混ぜた物を塗装しました。この架線中のプラスチックは塗装の食いつきが非常に悪いので、マスキングを剥がすと塗装も取れてしまう部分がありましたので、タッチアップして塗装して、ガイシをXF-02のフラットホワイトで塗装しました。
_DSC8215.jpg
その塗装の間に少し考えて、やはり終端架線柱がないのも寂しい感じと思い作成を開始しました。モデルは中央緩行線の中野電車区の終端架線柱で、トラスのビーム繋いだような形でした。これを真似ることにしました。
_DSC8217.jpg
トミックスの3007マルチ複線トラス架線柱を切断して、作ることにしました。プラスチックランナーを2セット使用しなくてはなりませんので、コストパフォーマンスは悪いですが、トラス形状のものはこれしかないため、使用することにしました。
_DSC8216.jpg
写真のようなサイズで、ビーム部分を切り取り接着を行うのですが、切り継ぎを推奨していないためか、普通のプラ用接着剤では接着できません。仕方ないので、ゴム系接着剤で接着しました。さらに台座は柱の下部に穴をザグリ、タミヤの丸プラ棒2mm、長さ3mmをゴム系接着剤で接着してあります。
_DSC8218.jpg
このプラ棒を付けることにより、デスクトップレイアウト上では抜き挿しできるようにしました。レイアウト本体に3mmの穴を開けて、タミヤの3mmのパイプを埋め込みました。非電化時は目を凝らしてみると穴が目立つかもしれませんが、これはこれで何とか許容範囲であると思います。
_DSC8219.jpg
架線柱と終端架線柱を並べると写真のようになります。ガイアのサーフェーサーはこのプラにはいまいちでしたので、今回はエッチングプライマーを塗っておきました。ヤスリ掛けは注意深く実施しましたが、若干、切り継ぎは目立ってしまっています。この架線柱を使い切り継ぐ場合は仕方ないかもしれません。


  1. 2016/01/18(月) 23:58:11|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
<<デスクトップレイアウト製作記(終端駅)16 | ホーム | デスクトップレイアウト製作記(終端駅)14>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (37)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (70)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (4)
レイアウト (80)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (7)
HO (1)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得