鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

デスクトップレイアウト製作記(小型駅)10

倉庫の作成
 本日はホームの裏に置く倉庫の作成を進めました。
倉庫の塗装ですが、ちょっと思考を変えてみて、ガイアのサーフェーサEVOホワイトを吹いてから塗装をしてみました。
効果はどうかわかりませんが、アクリルを塗る前の下地処理にはよいように思います。倉庫の壁面の下地はホワイトなので、ホワイトよりグレーもしくは黒を選択したほうが塗り残しが少なくなるのではと思います。今回も倉庫の塗装は機関庫レイアウトと同じ色調で塗ってみました。タミヤアクリル XF-80の壁面にはライトロイヤルグレーを塗装して、屋根はライトグレーで塗装しました。
_DSC4342.jpg
今回は窓の桟をポスカのホワイトで塗ってみました。エアーブラシよりはムラが出来やすいですが、濃度調整やマスキングテープもなしでそれなりに塗装できます。これは自分の模型の師匠より聞いた手法です。
_DSC4491.jpg
実際に組み立てるとこのような感じになりました。窓は#400の耐水ペーパーでやすってすりガラスにしました。これは裏面が見えないための処置です。ダクト部分はXF-71のコックピット色、エナメルのシルバーでルーバーに銀指ししてあります。
_DSC4493.jpg
さらに、架線柱の塗装をも行いました。架線柱はトミックス3007のマルチ複線トラス架線柱を使用してガイシの位置を移動して、タミヤアクリルXF-80のライトロイヤルグレーを使用しました。ガイシはエナメルのフラットホワイトを筆塗りしています。パーティングラインをヤスリ、こちらも下地にサーフェーサーを吹いてから塗装しています。架線柱は下地処理をしたほうが圧倒的によく塗装が出来ると思います。マルチ複線トラス架線柱ですが、幅を自由に可変(つなぎ合わせ)でき、システマテッィクに作られているので非常に便利な製品です。トラスの感じが自分は好みです。
 次回は駅前部分の作成をしていく予定です。
  1. 2015/10/05(月) 23:53:31|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
<<デスクトップレイアウト製作記(小型駅)11 | ホーム | レイアウト製作記 08(1000X600版)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (36)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (70)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (4)
レイアウト (77)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (4)
HO (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得