鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

KATO クモハ12 50鶴見線が入線しました。

クモハ12 50鶴見線入線
KATO クモハ12 50鶴見線が入線しました。
KATOの旧型国電のシリーズであるクモハ12 50がリリースされました。KATOの最近の旧型国電シリーズにふさわしいディテールです。1エンドと2エンド側で全面の作りも異なりなかなよい出来で、大川支線で走っていた姿を忠実に再現していると思います。
また、DT-11の台車でスポーク車輪が使われており、各所にこだわりが感じられる仕様となっています。
_DSC4330.jpg
_DSC4329.jpg
_DSC4334.jpg
サイドビューで運転台の後ろの埋められた側も忠実に再現されています。
_DSC4335.jpg
_DSC4331.jpg
胴受けをつけることにより全面のしまりがぐっと増す気がします。ただし他の車両とは連結できなくなります。単行運転がメインと思いますので、問題ありません。ジャンパー線か栓のどちらかを選択できますが、立体的な方がよいと思い、ジャンパー線の方を選択しました。
_DSC4326.jpg
シールは上の写真のものが付属しています。シールをつけると大川支線での感じそのものといった感じです。
少し無理やりですが、機関区デスクトップレイアウトに置いてみました。Tomixの103系に友情出演してもらいました。なんとなく弁天橋電車区の雰囲気にも見えなくはありません。小型駅のレイアウトが似合うと思いましたが、完成がまだなので、完成したら置いてみたいと思います。
_DSC4336.jpg
_DSC4340.jpg
さて実車の方ですが、
鶴見線・大川支線には、モハ31(クモハ11)の先頭車化改造(昭和30年改造)のクモハ12-50番台が使われていました。052と053の2両が弁天橋電車区に所属していました。本製品は52番の方が印字されています。
晩年は大川支線だけではなく、鶴見線の工業地帯を走っていたのですが、乗りにいくこともなく置き換えになってしまいがっかりしました。さらにその昔、自分が中学生の頃に一筆書き乗車で何度か大川の駅に見に行ったことがありました。
そのときに運転士さんの好意により1往復(本当はいけませんが)乗せていただき、大川ー白石間を往復乗車したこともありました。現在に比べれば非常におおらかな東京近郊のローカル線でした。
  1. 2015/10/02(金) 23:49:41|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0
<<レイアウト製作記 08(1000X600版) | ホーム | デスクトップレイアウト製作記(小型駅)09>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (36)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (70)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (4)
レイアウト (77)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (4)
HO (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得