鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

鉄コレ AN-8800形が入線しました。

鉄コレ AN-8800形が入線しました。
 第三セクターや地方私鉄の撮影をしていますが、撮っているだけで、「売り上げに貢献していないだろう」ということで、
先日のシルバーウィークの撮影時に秋田内陸縦貫鉄道の阿仁合駅で本製品が販売されているのを知って、その場で購入しました。
撮影だけで売り上げには貢献していませんが、時々このようなものを購入したり、駅の自販機などで出来るだけ飲み物を購入するようにしております。
 本製品は鉄道コレクションの19弾として販売されたものですが、通常は何か入っているかわからないパッケージ販売ですが、秋田内陸鉄道ではAN-8800形のみが売られています。阿仁マタギの駅では以前の2両セットの方がチラシで紹介されていたのですが、阿仁合駅ではこちらの19弾のほうのみが販売されていました。2両セットも比較的大きな模型店でも在庫はあるので、秋田内陸鉄道さんは、もう少し在庫を置いた方がよいのではと思いました。商機を逃していますよ!!
さて実際の製品のほうですが、鉄コレとしては出来はよい方と思います。塗りわけのライン等は忠実の表現されており、全面のガラスの部分の印字もよく再現されています。ホイッスルの取り付けはピンバイスで穴を開ける必要があります。説明書の1mmだとすこしゆるい感じです。
_DSC4312.jpg
無人駅レイアウトに置いてみました。
_DSC4314.jpg
_DSC4315.jpg
ひとつ残念なのはドアの横の枠と印字サイズが少し合っていません、どのように印字しているかわかりませんが、細かい字で印字されているのに残念です。

実際の車両ですが、秋田内陸線全通までの暫定措置として国鉄からキハ22形を9両借り入れて運行していましたが、老朽化が進行しており、故障が頻発したため、全線開業を待たず1988年2月に新潟鐵工所で9両が製造されたグループの車両です。
AN-8804のみ元の秋田内陸縦貫色の初期色が塗装されています。この塗装が一番自然に生える塗装と思います。どうして一色の派手な色に塗ってしまうのかは撮影している側から見ると理解に苦しみます。
実車はこのように自然豊かな場所を日々走行しています。
_DSC4124.jpg

  1. 2015/09/26(土) 21:52:10|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0
<<シルバーウィークの撮影3日目(由利高原鉄道) | ホーム | シルバーウィークの撮影2日目(秋田内陸縦貫鉄道)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (36)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (70)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (4)
レイアウト (77)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (4)
HO (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得