鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

HO レイアウト製作記 (Bボードトンネル) 01

地形の作成
今回のAB、両ボードの接続を考えながら、作業を進める必要がありますので、Bボードの地形の作成作業にも着手しました。
本日は、BボードのR370部分の路盤を作成しました。Aボード作成と同時にBボード用の路盤も切り出しておきましたので、本日はスタイロンフォームで高さ60mm台形を切り出して、接着して、路盤を作りました。
 _DSC1308_00001.jpg
この写真からは想像できませんが、こちらはトンネルの山から続く、切り通しと築堤を走るような構成にしようと考えています。内側のRは運転会では使用しませんが、自宅では運転できるように考えています。路盤は4mmのベニアを切り通しノコで手動で切断しています。
_DSC1310_00001.jpg
そのまま、路盤スタイロンフォームを木工用ボンドで接着して、重しをいて固定を待ちます。
_DSC1307_00001.jpg
こちらのボードはレールを仮固定しかしていませので、Aボードと合わせて正しい位置に固定していきます。
トンネル部分の検討
 こちらのボードではトンネルを作ることを目標にしていますので、検討を行いました。トンネル位置をトンネルポータルの設定を考えます。狭い間隔の方に複線トンネルを反対側を単線トンネル2本の出口を作ろうと思っています。入手できるトンネルポータルがPECOのLK-31、LK-32をアマゾンで購入しました。正確な大きさの情報がなかったので、とりあえず購入してみました。
_DSC1306_00001.jpg
とりあえず60mm間隔の方に置いてみました。KATOのスハフ42、オハフ33を試験車両として置いています。20mで非電化であれば問題ありませんが、今回は電化で25mの車両も走行させたいとのリクエストがありますので、いきなり破綻してしまいました。単線側は両端を5mmほど持ち上げれば、問題なさそうです。
HOはこの手の情報と入手できる情報が非常に少ないのでこのようなことが起きるように思います。複線側は設置位置にも問題がありそうなので、自作するしかなさそうです。脳内には明確なイメージがあるのですが、上手くいかないこともあります。また今回は時間との勝負もあります。次回はレールの固定を行う予定です。

  1. 2017/09/04(月) 23:34:12|
  2. HO レイアウト
  3. | コメント:0

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (39)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (73)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (87)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (1)
HO レイアウト (12)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア