鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

HO レイアウト製作記 (Aボード田園) 01

地形の製作
 HOレイアウト製作、本格的にスタートです。Nのレイアウトのセオリーと同様に、地形が決まらないとなかなか、前に進めませんので、ダミー線路と小R線路(R370)の築堤製作の準備に掛かりました。今回はスチレンボードで台形を切り出して、スタイロンフォームの厚30mmより、築堤を製作しました。実際の築堤の傾斜は45度が一般的のようですが、スペースが巨大になってしまうために、50度としました。大きな築堤は126mm、小さな築堤は60mmとしました。
_DSC1301_00001.jpg
これは、車両のヘッドクリアランス95mm+デッキガーター橋31mmに合わせています。ダミー線路は列車が実際に走行するわけではありませんのでスチレンボードで路盤を作成するため60mm幅で切り出しています。築堤もスチレンボードで蓋をして地形を作っていく予定です。
_DSC1299_00001.jpg
 Nのスケール感に慣れてしまっているので、高さのバランスがつかめていませんが、ただの立体交差でも巨大な形状が必要であることがわかります。小Rの地形の高さは60mmほどにしていますが、こちらはバランス的にも問題がないように思います。
デッキガーター橋の組み立て
本日は地形の製作の他にダミー線路のデッキガーター橋を組み立てました。今回はマイクロエンジニアリングの製品を使用しています。長さは296mmのデッキガーター橋でネット通販で2500円ほどでした。本製品は造形はそれなりによいと思いますが、反りもあり、組み立て精度はイマイチです。
_DSC1297_00001.jpg
説明書の組み立て方法とは異なりますが、上下の梁を組み立てて、クロスメンバー材を取りつけますが、クロスメンバーは接着しなくても、はめ込むことができ、接着しなくても大丈夫そうです。少し失敗をやらかして、接着剤が外板かかってしまい、すこし侵されてしまいました。ほとんど気にならない程度なのでこのまま、塗装してごまかそうと思います。
_DSC1298_00001.jpg
このガーター橋ですが、問題が発覚してしまいました。ダミー線路にPecoの100番を使用する予定ですが、ガター橋の幅が広く、枕木がかからないことが判明しました。こちらは製品についている枕木に変更する必要があります。
_DSC1302_00001.jpg
慣れていない製品は色々なことが起きます。
  1. 2017/09/02(土) 14:38:23|
  2. HO レイアウト
  3. | コメント:0

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (40)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (74)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (87)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (2)
HO レイアウト (36)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア