鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウト製作記 77(1000X600版)

建物の配置の検討
前回スノーシェッドの設置をと考えておりましたが、道路の検討のため、建物を配置してみることにしました。正面から見て左側を住宅地と商店街のエリアと考えています。イメージとしては昭和40年代から50年代を想定しています。
気軽で、種類をかなりの数から選べると言うことで、トミーテック建物コレクションを大体使用しています。
_DSC7827_00001.jpg
 かなり以前に買ったものもありますが、とりあえず、仮組みして配置しています。正面右側の1つの建物は確定ですが、その他の配置は流動的です。
_DSC7824_00001.jpg
こちらは電留線前の蕎麦屋を配置しようと思っていました。建物のことをあまり考えずに地形を作ってしまったので、すこし建物のスペースが厳しくなってしましました。
_DSC7825_00001.jpg
正面左側の町並みですが、貨物倉庫を中心にクランク状の道の両側に商店やアパートなどを配置していこうと思っています。購入した建物コレクションは若干年代が古い感じもします。また、貨物倉庫が大きすぎます。ここは検討要なところです。
_DSC7826_00001.jpg
貨物倉庫もう少し線路に寄せるように地面をカットしてみました。ミニカーブレールを使用していますので、建築限界には注意する必要があります。少しゴミゴミとしたところを走る感じを再現したいとも思っています。この部分はもう少しイメージ戦略が必要です。
限られたストラクチャーの中で自分のイメージと合わせるのはなかなか難しい作業です。
  1. 2017/06/30(金) 15:11:04|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 76(1000X600版)

上段線の架線柱の土台の設置
今回も電化、非電化の両方の路線を実現するために、架線柱は着脱式にするため、土台を設置しました。
鉄橋はKATOのカーブ鉄橋を使用していますが、橋脚はTomixのレンガ橋脚を使用しているため、架線柱土台の設置限界位置が分からないので、KATOのガーター鉄橋で位置を確認しました。
_DSC7815_00001.jpg
さらにカーブしている鉄橋ですので、思った以上に外側に設置する必要がありました。最初確認しないで設置してしまったため、車両が接触してしまい、やり直しになりました。
_DSC7816_00001.jpg
最終的にはゴム系接着剤でTomixのレンガ橋脚上に接着しています。また、碍子に白入れ、ビームにタミヤアクリルXF-66ライトグレーを塗ってみました。最終的にはこちらも汚しが必要です。
_DSC7818_00001.jpg
 上段線の鉄橋の前後にも架線柱の台座を埋めています。こちらは情景コレクションの架線柱Aの台座を埋めています。台座を丸く切り取り、架線柱の取りつけ穴のみを生め込んでいます。ミニカーブレールを使用しているため、カーブ部分はかなり線路から離して設置する必要があります。
_DSC7822_00001.jpg
この架線柱つくりは雑な感じがしますが、地方のローカル私鉄のイメージにぴったりです。
_DSC7819_00001.jpg
スノーシェッドの前後にも同様に台座を組み込んでいます。裏面、全体的に架線柱を立てるとかなりイメージが変わってきます。
_DSC7821_00001.jpg
次回は、スノーシェッドの接着作業にかかりたいと思います。


  1. 2017/06/28(水) 01:19:11|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト 製作記 SL駐泊所 04

ベースプレート作成のつづき
 ベースプレートの台枠を作成して組み立てましたので、枠にLブラケットで、補強を入れています。幅30mmほどの台枠なので、入れなくても問題ないと思いますが、前回のレイアウトでの余りがありましたので、Lブラケットを内部の枠に取り付けています。
 次に裏面に防腐ペンキを塗装しています。今回もアトムハウスペイントのオールマイティNeoカーキライトを塗っています。本当に効果があるかはわかりませんが、長期に保管するとベニアなどの材木がどうしても腐ってくる場合があると先輩方のブログにありましたので気休めに塗っています。そこまでこのベースボードを使うとは限りませんが、工作が長期にわたるのではいうことはあります。
_DSC7812_00001.jpg
 ベースプレートの塗装が乾くのは、1時間ほどかかりますので、その間に製作中のもう一つのレイアウトで試運転を行ってみました。本日上段線にTomixED75+50系3連で走行させています。裏の山のイメージはなかなかよい感じでした。本題の記事からは外れています。
_DSC7811_00001.jpg
 さて、ベースプレート裏面の防腐塗料もも乾きましたので、レールを配置してみます。 TomixのファインNトラックでこちらは下段線に接続するため、ミニカーブやミニポイントレールは使用しないようにしています。小型機関車の機関車停泊所という割には大きなスペースが必要になってしまっています。
_DSC7814_00001.jpg
もう少し、レールの配置、線路の数、ストラクチャー等の配置を考えてみようと思います。
  1. 2017/06/24(土) 16:19:55|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 75(1000X600版)

鉄橋周りのバラスト撒布
 本日は予定通り、カーブ鉄橋の前後にバラストを撒いて行きました。バラストはKATO、茶色、濃茶色、グレーを1:1:0.1程度で混ぜたものを使用しています。はじめに、スノーシェッドの土台をマスキングテープで養生してからバラストを撒いています。
かなり、バラストを撒くのも慣れてきましたので、適度に撒いて、平筆で均して、霧吹きで水を吹いて、ボンド水溶液を流しています。あとは乾くまでじっとしている作業の繰り返しです。
_DSC7806_00001.jpg
こちら側は調整部にフレキを使用していますが、バラストを撒いてしまえばまったくわからなくりました。
_DSC7805_00001.jpg
 さらにのり面の緑化を行いました。隙間に、フォーリッジを埋めて、低い部分はターフ赤褐色をまわりと馴染むように撒いています。このときはレイアウトを立てかけて作業しています。
_DSC7808_00001.jpg
これでスノーシェッド以外は緑で埋まりました。あとはバランスを見ながら小修正して行こうと思います。
 次に、スノーシェッド汚し作業に入りました。スノーシェッドもそのままでは汚れがまったくありませんので、汚しを入れます。汚しはタミヤエナメル、XF-63ジャーマングレーを薄めて、下側が濃くなるように汚しを入れています。
_DSC7807_00001.jpg
また、支柱部分はXF-64レッドブラウンでサビ汚れを入れています。もう少し汚しを入れてもよいかもしれません。
 さらに本日は、カーブ鉄橋の架線柱の塗装を行いました。こちらは、タミヤアクリルのXF-80ライトロイヤルグレーで塗装しました。エアーブラシは今回使用しませんでしたが、それなりに塗れるものです。あとは汚しでごまかそうと思います。
_DSC7809_00001.jpg

  1. 2017/06/22(木) 23:03:55|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 74(1000X600版)

カーブ鉄橋の固定
 本日はスノーシェッドとその回り作業が進んできましたので、レールにバラストを撒くためにカーブ鉄橋の固定を行いました。
その前にカーブ鉄橋の汚し作業を行いました。鉄橋の汚しは何度か行っていましたが、汚れ方がイマイチだしたので、ちょっと塗装を変えてみました。今回はタミヤエナメルXF-66ライトグレーを薄めて塗布しています。残念ながら、鉄橋に染みが出来てしまい、イマイチな仕上がりになってしまいましたが、綿棒にエナメル薄め液を少量付けて、拭き取ることで染みはほぼ改善できました。あとはウエザリングマスターのアカサビをガター橋のボルト部分に擦りつけています。何となくはイメージどおりに仕上がっています。
_DSC7798_00001.jpg
架線柱用の土台をガーター橋に接着しています。
 ガーター橋を接着する前に列車の試走を行っています。上段線にはTomixのDD13、下段線にはKATOの485を走行させて問題がないかを確認しました。線路には問題がありませんでしたが、上段線のフィーダー線が下段の列車に接触していることが発覚して対処しました。イメージもなかなかよいのではと思います。
_DSC7796_00001.jpg
_DSC7801_00001.jpg
試走は問題ないことは確認できましたので、鉄橋をゴム系接着剤で接着しました。そのままでは水平が保たれないため、重しを置いて水平を保っています。
_DSC7799_00001.jpg
 鉄橋の固定をしている間にスノーシェッドの台座部分を作成しました。1.0mmのプラ板のコンクリート台座の周りを木粉粘土で固めいます。その回りの粘土部分はタミヤテクスチャーペイントの土ダークアースで他の場所と同じように塗装しています。
_DSC7800_00001.jpg
_DSC7803_00001.jpg
 最後に鉄橋の裏側に置く樹木を追加で作成しました。前回と同じようにKATOの広葉樹キットを3本組み立てました。
いよいよ次回は鉄橋の前後にバラストを撒いて行こうと思います。

  1. 2017/06/20(火) 23:09:58|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 73(1000X600版)

スノーシェッドの製作のつづき
関東地方は本日はやっと梅雨らしい天気になってきましたが、ブログをご覧の皆様はいかが、お過ごしでしょうか。
本日は先日に引き続きスノシェッドの製作の続きと、回りの地形の緑化を行っています。
 スノーシェッドですが、上面のコンクリート部分に柵を取り付けました。こちらの柵は、1mmのプラ角棒を適当な長さで切断して、5度傾けて枠を組んで、網戸の網を適当な大きさに貼り付け、回りを切断して柵としています。若干網がオーバースケールですが、雰囲気はそれなり見えると思います。下側の網のカットがいい加減でした。
_DSC7787_00001.jpg
それをタミヤアクリルXF-66ライトグレーで塗装が、スノーシェッドにゴム系接着剤接着しています。
_DSC7788_00001.jpg
再度レイアウトに仮置きしています。雰囲気は変わってきています。汚しを入れる必要があります。
スノーシェッドの内側の面に石垣を設置しています。石垣はタミヤエナメルXF-63、ジャーマングレーで全体に汚しをいれて、ウエザリングマスター、スス、サビ、グリーンなどで汚れを入れています。流れ汚れを表現しています。
_DSC7786_00001.jpg
地面にゴム系接着剤で設置しました。回りを木粉粘土で埋め直しています。あとから設置すると、どうしても段差できてしまいますが、塗装でうまく段差を埋めました
_DSC7792_00001.jpg
_DSC7794_00001.jpg
スノーシェッド、鉄橋の設置のため、その回りの地形の緑化を進めました。回りの感じと馴染むように、フォーリッジ、ターフなどを中心に緑化を進めています。
_DSC7791_00001.jpg
_DSC7793_00001.jpg
次回は鉄橋の周りはすべて緑化できましたので、鉄橋を固定する作業を進めていきたいと思います。

  1. 2017/06/18(日) 18:16:21|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト 製作記 SL駐泊所 03

ベースボードの作成
 再始動、デスクトップレイアウトのSL駐泊所の方ですが、やっとベースボードをカットしてもらいました。近所のホームセンターはボードの持ち込みができないため、友人の電動工具でカットしてもらいました。
700mmX300mmとしました。工具の都合により実際には702mmになってしましましたが、他に接続するものがあるわけではありません ので問題ありません。
_DSC7789_00001.jpg
フレームの枠は9mmX24mmの材木を使用しています。ベースボードですが、ホームセンターで買えはこのサイズでは1000円以下で製作可能です。ベースボードさえカットしてもらえば、あとは簡単な木工用具で加工可能です。
角の枠をよく見せるため。フレーム材料は45度で角をカットしています。これが一番時間が掛かる作業です。
_DSC7790_00001.jpg
木工用ボンドでフレームをクランプで挟んで接着しました。これでは強度が不安なので、あとで、上部側から木ねじで固定します。

現役のSLは分かりませんが、SL停泊というイメージはこんな感じでしょうか?
_DSC4384_00001.jpg
ベースボード作成しましたので、こちらの作業も平行して進めて行こうと思います。
  1. 2017/06/16(金) 23:18:40|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 72(1000X600版)

スノーシェッド製作の続き
一昨日の作業に引き続き、スノーシェッドの作成を行っています。
フレームとコンクリートの枠は完成しましたので塗装の工程に入りました。
エアーブラシでコンクリ部はタミヤアクリルXF-80ライトロイヤルグレー、フレームはXF-26ディープグリンで塗装してみました。久々にエアーブラシを使用すると、どうも動きが悪く、操作には難儀しましたが、何とか塗装しました。
_DSC7783_00001.jpg
塗装が乾いたところで組み立てました。コンクリ部分を裏側にH鋼を寸法に貼り付け、枠の本体をゴム系接着剤で接着しています。内部の組立て精度はいい加減なので、若干隙間が気になる部分もありますが、これで許容範囲ということにしました。イメージはローカル山岳線(大糸線スケールダウン)の感じには組みあがりました。
_DSC7784_00001.jpg
汚しを入れていませんが、レイアウト本体に置いて、車両限界を確認しています。概ね、イメージどおりですが、ちょっと長さが長かったかもしれません。なかなかよい感じで設置されそうです。
_DSC7785_00001.jpg
スノーシェッドの内側は石垣にしていますが、こちらもレイアウトに仮置きしてみました。左側に段に付けて、斜めに切り込むことで、変化を付けています。塗装はタミヤアクリルのXF-80ライトロイヤルグレーを塗装しています。
_DSC7782_00001.jpg
こちらも汚しを入れる必要があります。次回はこれらのストラクチャーを設置するための地形の加工を行っていきます。部分的にはやり直しになってしまっています。
  1. 2017/06/14(水) 23:27:22|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 71(1000X600版)

スノーシェッド
 この週末は他の用事があり、作業があまり進みませんでしたが、合間の時間を使用して作業を進めました。
鉄橋の裏側の緑化はかなり進み、大体緑で埋まっています。
_DSC7770_00001.jpg
問題の箇所は裏面の左側の鉄橋を渡る手前の部分ですが、緑化の段階で殺風景で何か物足りない状況であると気づきましたので、スノーシェッドを製作することにしました。
_DSC7778_00001.jpg
 スノーシェッドの製作ですが、適当に作っても製作は可能ですが、前回のデスクトップレイアウトでのスノーシェッドは、柱が太いなど、ちょっとイマイチな面もありましたので、今回はNゲージファインマニュアル2、本線上のストラクチャーの中にあるスノーシェッドを参考に製作することにしました。
_DSC7776_00001.jpg
2種類の製作例が出ていますが、単純な方をモデルに選んでします。柱はエバーグリンの2mmH鋼に1mmの丸棒、0.5mmの真鍮線で支柱を製作しました。
_DSC7768_00001.jpg
長さは150mm幅は70mmほどのスノーシェッドを製作しています。2mmH鋼は細く、真っ直ぐにすることが、難しいので、カッティングマットに置いて接着しています。
_DSC7769_00001.jpg
上面のコンクリ部分は、1.5mmのプラバンを切り出し、5mm程度の枠を組んで、5度の角度を付けて接着しています。隙間をパテで住めて、出来るだけ平滑にして継ぎ目を目だたなくしています。
_DSC7777_00001.jpg
スノーシェッドの内側は石垣としています。そのままでは芸がないので、平行に半分でカットして重ねています。両端の形状にもう一ひねりほしいところです。こちらの作業はもう何日かはかかりそうです。エバーグリンのプラ鋼材は安くありません。日本のメーカーで出してくれれば、もっとよい感じで出来るのではないでしょうか。
  1. 2017/06/12(月) 21:31:15|
  2. レイアウト
  3. | コメント:2

梅雨入り前撮影

上信電鉄、秩父鉄道
 関東地方もとうとう梅雨入りになってしまいました。これからは撮影よりレイアウト製作の記事が多くなるかもしれません。とはいえ、塗装をしたり、何かを乾かすような作業はしにくくなるので、そこまではレイアウトの進まない時期かもしれません。
 前回も、梅雨入り前の撮影の記事を書きましたが、先週の日曜日も鉄道写真の撮影に出かけてきました。今回は上信電鉄と秩父鉄道で撮影しました。今回もさわやかで青空の広がる気持いい天気の中、撮影することができました。
_DSC7455_00001.jpg
20170604 上信電鉄 NIKON D810 AF-S 24-70mm f2.8
_DSC7590_00001.jpg
20170604 上信電鉄 NIKON D810 AF-S 16-35mm f4.0
_DSC7544_00001.jpg
20170604 上信電鉄 NIKON D810 AF-S 24-70mm f2.8
 昼過ぎまで上信電鉄で撮影したあとは、帰りの駄賃で秩父鉄道での撮影をしました。本日はデキ108が鉱石運用に入っていて、ちょっと得した気分で撮影できました。元松尾のカマで100番台でひさしが付いています。
_DSC7715_00001.jpg
20170604 秩父鉄道 NIKON D810 AF-S 200-500mm f5.6
_DSC7737_00001.jpg
20170604 上信電鉄 NIKON D810 AF-S 16-35mm f4.0
夕方最後はシルエットで締めてみました。ひさしを強調したかったのですが、ちょっとレンズが短かったようです。
  1. 2017/06/08(木) 16:41:51|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (39)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (73)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (87)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (1)
HO レイアウト (12)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア