鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウト製作記 66(1000X600版)

緑化(その2)
先日から進めている緑化ですが、地味な作業が続いています。進捗も少ない記事が続きそうですが、お付き合いください。
本日もレイアウト裏側の緑化を進めています。とりあえず下段と、上段レール近辺に枯草色のターフを撒いています。木工用ボンド水溶液を筆で塗りつけて、その上にターフを撒いています。いきなり緑色のパウダーもしくはターフを撒いてもよいかもしれませんが、より実感的になるのと、単調にならぬように一旦違う色を撒いてみました。思った以上に黄色くなっています。若干不安はあります。
_DSC7340_00018.jpg
_DSC7338_00017.jpg
前回に撒き終わっている下段の本線前に若草色のターフを撒きました。こちらは適当に撒いて、霧吹きで水を噴いて、そこに木工用ボンド水溶液をスポイトで滴下しました。
_DSC7341_00019.jpg
乾くとイメージが変わりますので、今回もそのまま放置します。
樹木の製作
この作業と平行して樹木の作成を行っています。KATOの樹木キットの小枝と中枝のみにフォリッジを付けていく作業を行っています。緑一色では単調な感じになってしまうので、3色を適度に混ぜて樹木を作成しました。
_DSC7336_00015.jpg
作業を行っていて気づいたのですが、木工用ボンドで幹にフォリッジを付けるよりも、ゴム系接着剤のほうが簡単に取り付けることができました。説明書はなぜ木工用ボンドを使用するように書いてあるか意味がわかりません。
_DSC7337_00016.jpg
足りるかは分かりませんが、箱に樹木が溜まりました。これらを植えて行きまわりにフォリッジで山の緑化をして行く予定です。先は長いです。

  1. 2017/05/24(水) 16:20:12|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

初夏の撮影(富山地方鉄道)

富山地方鉄道
 この週末は全国的に天気が非常によく、真夏のような暑さになってしまいましたが、当ブログをご覧の皆様はいかがお過ごしだったでしょうか。自分は富山地方鉄道の撮影に出かけてきました。新緑がメインでアルプスの山々が、すっきり見えることを期待して訪問しましたが、天気はよいものの山は霞んでしまっていました。この時期は気温も高くなり、すっきりと見えることは少ないです。見えないよりはましですが、他の方のブログで見るような激山はなかななかないということがわかります。それでも、多種多彩な車両がやってきて飽きることがありません。最近はステンレスの車両が増えてくる中、自分的には白の車両が好みです。
_DSC7028_00002.jpg
20170521 富山地方鉄道 NIKON D810 AF-S 16-35mm f4.0
_DSC6308_00005.jpg
20170520 富山地方鉄道 NIKON D810 AF-S 24-70mm f2.8
_DSC6743_00006.jpg
20170520 富山地方鉄道 NIKON D810 AF-S 24-70mm f2.8
_DSC7317_00004.jpg
20170521 富山地方鉄道 NIKON D810 AF-S 70-200mm f2.8
_DSC7204_00003.jpg
20170521 富山地方鉄道 NIKON D810 AF-S 70-200mm f2.8
水の張った水田、川の流れ、青空、麦畑、残雪の山並み、新緑と1年で最もよい時期を満喫できました。
  1. 2017/05/22(月) 23:10:23|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 65(1000X600版)

緑化
 前回試作した樹木を製作すべく、KATOの樹木キットと楊枝樹木の量産体制に入りました。
前回と同様に、タミヤアクリルXF-10フラットブラウンで、幹のプラと楊枝を塗装しました。最終的には見えないところになってしまうので、かなり適当に筆で塗っています。
_DSC6299_00001.jpg
枝を開いて、クランプフォーリッジを木工用ボンドで貼り付けています。楊枝の枝の方はフォリッジを三角形に切って貼り付けています。フォリッジ緑色が無くなってしまったので、今日の作業はここまでにしました。まだまだ、先は長そうです。
_DSC6304_00002.jpg
 レイアウト本体の作業の前に下段本線に架線柱用の穴を作成しましたタミヤの3mmパイプを3-4mmに切り取り、本線の脇に埋め込んでいます。非電化、電化の両方のタイプに変更できるようにするための下準備です。3mmのドリルで貫通穴を空けています。
_DSC6302_00005.jpg
さて、レイアウトの本体のほうですが、一部、緑化に着手しました。はじめに下段本線に若草色(黄色?)のターフを軽く撒きました。木工用ボンド水溶液を筆で塗って、パラパラと撒いています。乾くと感じが変わってくるので、少しずつ撒いています。
_DSC6303_00006.jpg
 落石避けを山に設置しましたので、その前に汚しをいれています。黒でスミ入れ、茶でサビ汚れを表現したあとに、ウエザリングマスターで全体の汚しを調整しています。実際に山に設置するとちょうどよい、イメージになったと思います。
_DSC6301_00004.jpg
山間部の緑化はかなり時間を費やしそうです。
  1. 2017/05/19(金) 16:32:26|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 64(1000X600版)

樹木の試作と選定
 山岳地形が出来てきましたので、そろそろ樹木などの植物について考えなくてはなりません。もちろん完成品を購入して1本1本植えるのも手ですが、値段も張ると思いますので、ある程度、手作業で製作を行うのと、キットを組み立てるなどを検討することにしました。はじめにKATOの24-306樹木キット広葉樹(小)を購入してきました。なぜか分かりませんが、ヨドバシカメラで値下げとなっていました。
_DSC6295_00001.jpg
この製品ですが、大中小の幹36本と緑、濃緑、明緑の3種類のクランプフォーリッジが入っています。とりあえず、明緑と緑のフォーリッジを接着していくことにしました。それと平行して楊枝による樹木の製作も行ってみました。こちらは楊枝を適当な長さに切って、フォーリッジを三角形に切って貼り付ける方法を他の方のブログで発見しましたので試作してみました。
 はじめに幹、プラと楊枝にタミヤアクリルXF-10のフラットブラウンで塗装しました。
_DSC6296_00002.jpg
乾いたところで木工用ボンドを付けてクランプフォリッジを付けてみました。裏の説明書には木工用ボンドを付けてはこの中で転がして接着と書いてありますが、これではとても取りつけ出来ないので、手で幹を挟みこみながら貼り付け足りない部分はピンセットで貼り付けています。見た目はよいですが、群生させるにはかなりの本数が必要です。
_DSC6298_00004.jpg
楊枝の樹木のほうは三角形に切ったフォーリッジを木工用ボンド巻きつけるように接着しています。
こちらは簡単に作成できますが、見た目はキットのものにはかなわない気がします。
_DSC6297_00003.jpg
山岳の地形に関してはパウダーを軽く撒いて、フォーリッジで低い木を表現して、幹のある木を植えていく感じになるのではと考えています。しかし、樹木を製作するには、まだまだ時間がかかりそうです。山岳部分の製作と平行して作業を進めて行こうと思います。
  1. 2017/05/17(水) 16:10:38|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

HO運転会

HOの運転会に行ってきました。
 この週末は模型関連の友人より誘われ、HOの運転会に参加してきました。しかし、自分は走る車両を1両しか持っていないので、そうするかと思いましたが、普段は見ているだけの車両を1両持ち出し参加してきました。友人のグループは千葉県の某所の会議室を1日貸切、年に2回ほど、複線のエンドレス2個で有効長12両ほどのレイアウトとレールを敷いて、5-10人ほどで楽しんでいるとのことです。
_DSC6247_00001.jpg
自分の車両マイクロのキハ52-149盛岡運転所です。この製品はつこっみどころ満載の車両ですが、撮影で思い入れがあるので先日、中古を購入しました。しかし、主催者の友人も同じものを持っているとのことで2連で走らせてみました。HOはストラクチャーが少ないなか、この跨線橋をスクラッチから作っています。LEDで電灯も入っています。
_DSC6253_00002.jpg
 主催者のMさんの自信作、山間部のレイアウトセクション部分です。HOでここまで作りこむのはたいへんな苦労があったとおもいます。N以上に本物感がすごいです。
_DSC6286_00001.jpg
 こちらは、もう一人の主催者のYさんのレイアウトセクション部分です。複線ではありますがローカル線のムード満載です。
Nもよいですが、HOは迫力があり全然別物です。HOほど走らせてなんぼの世界感だなと感じたひと時でした。
皆さんHOを200両以上もお持ちのツワモノ揃いで、色々な車両を見せていただきました。MさんYさん自慢の小田急シリーズの写真を少々紹介したいと思います。
 _DSC6269_00003.jpg
_DSC6277_00004.jpg
プラですが、VSEの最近のディテールと質感はすばらしいものがあります。年代的に、国鉄がメインですがこれはこれで有りです。
 さすがにHOをポンポン買うほどの経済力はありませんが、もう少し車両を走らせる車両を充実させて参加してみたいと思います。
_DSC6284_00006.jpg
 この運転会ですが、私の古い友人の先輩もメインで発足した運転会で、主催者のMさんともう一人のIさんは実は元撮り鉄で20年ほど前に古い友人と撮影旅行に行った方で、面識があることが夕食時に分かりました。やはりこの世界は以外に狭いのかもしれません。充実した一日を過ごすことができました。




  1. 2017/05/15(月) 16:30:37|
  2. HO
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 63(1000X600版)

山岳地形の塗装
 今回は、山岳部地形の塗装を行いまして。乾いて、塗るの繰り返しですので、かなり時間がかかります。ここまで2-3日掛かってしまいました。はじめに下塗りでグレーを塗装しています。ダイソーのアクリル絵の具、黒と白を混ぜて薄いグレーを使って下塗りをしています。下塗りですので、かなり適当な塗り方です。下塗りを省略しても問題ないかもしれません。
_DSC6240_00002.jpg
_DSC6239_00001.jpg
ここで乾くまでの時間を利用して、裏側右側上段本線のバラストを撒きました。鉄橋の取りつけを行うために、線路を少しずらす必要があるので全部はバラストを撒いていません。いつものように、茶、濃茶、グレーを1:1:0.1程度で混ぜて、木工用ボンド水溶液で撒いています。
_DSC6241_00003.jpg
 続いて全体を茶系で塗装しました。今回はタミヤテクスチャーペイント土ダークアースで塗装してみました。こちらはかなり粘度が高く塗装がしにくいので、紙コップに入れて、アクリル溶液で薄めて塗装しています。大まかにペンキ用の筆で塗った後に、細かい部分を模型用の筆で、塗装しています。
_DSC6242_00004.jpg
実際にはパウダー、ターフ、フォーリッジなどで、埋めてしまうので、何色を塗っても問題ないのではと思います。
_DSC6246_00008.jpg
_DSC6245_00007.jpg
_DSC6244_00006.jpg
他のストラクチャーや台枠にはみ出ないように塗装しています。全体としては塗装は完成しました。このまま放置して、乾燥します。乾くと色合いが変わって来てしまうので、感じを見て再度塗装するか、どうかを決めようと思います。
  1. 2017/05/13(土) 13:27:08|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

GWの撮影(津軽鉄道)

客車列車
 北東北地区は、最近高速道路が充実してしてきていますので、朝は秋田内陸縦貫鉄道を撮影したあとに、津軽鉄道に撮影に行くような撮影プランを組むことができるようになりました。今回の遠征は2泊3日でしたが、弘南鉄道、五能線、秋田内陸縦貫鉄道、津軽鉄道を効率よく撮影しています。津軽鉄道では芦野公園の桜祭りに合わせた、客車列車の臨時列車が運行されています。冬季はストーブ列車として運行されていますが、夏季は運転されることが非常に少ないので貴重な撮影対象です。近年のストーブ列車では気動車が併結されてしまいますので、オリジナルの客車列車を撮影できるのもこの時期だけになります。自分が訪れた日は青空広がる絶好の撮影日和の一日でした。こちらも桜はいまいちでしたが、青空が気持いい!!
_DSC0415_01.jpg
20170501津軽鉄道 NIKON D4S AF-S 70-200mmf2.8
_DSC5547_01.jpg
20170501津軽鉄道 NIKON D810 AF-S 200-500mmf5.6
_DSC5695_00001.jpg
20170501津軽鉄道 NIKON D810 AF-S 16-35mmf4.0
_DSC5629_00002.jpg
20170501津軽鉄道 NIKON D810 AF-S 16-35mmf4.0
  1. 2017/05/11(木) 16:19:01|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

GWの撮影(秋田内陸縦貫鉄道)

こちらも桜が
 この遠征では秋田内陸縦貫鉄道にも訪れました。毎年この時期はさくらが満開の時期ですが、ほとんどのところで、ほとんど咲いていない、もしくはつぼみすらない状態でした。仕方ないので、桜の撮影はほどほどにして、スイセンと新緑の撮影にしてみました。今回の遠征前に内陸線では土砂崩れが発生してしまい、一部区間でバス代行運転でしたが、運よく前日から、正常運行に戻っていました。内陸線には四季を感じるよい撮影地沢山あります。
_DSC5423.jpg
20170501 秋田内陸縦貫鉄道 NIKON D810 AF-S 24-70mmf2.8
_DSC5451.jpg
20170501 秋田内陸縦貫鉄道 NIKON D810 AF-S 16-35mmf4.0
_DSC5437.jpg
20170501 秋田内陸縦貫鉄道 NIKON D810 AF-S 24-70mmf2.8
_DSC5521.jpg
20170501 秋田内陸縦貫鉄道 NIKON D810 AF-S 70-200mmf2.8
  1. 2017/05/09(火) 12:21:46|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 62(1000X600版)

接続線の地形の作成
 GWも最終日になってしまい、気が重いですが、本日はこちらのレイアウトの作業を行いました。最後に残っていた地形の作成を前回に引き続き行いました。下段本線から外部に行けるような接続線を構成しています。将来的にこのレイアウトを延長できるように作成してあります。
_DSC6234.jpg
はじめに、線路にバラストまきました。下段本線と同じグレー系のバラストを撒いています。トンネルから出てくるところですので、トンネルポータルは情景小物028レンガを使用しました。他のものも考えましたが、手に入るのがこの製品しかなかったのでこれにしました。他の場所と異なり、奥まったトンネル入口としました。
_DSC6236.jpg
ポータルには厚紙で内部を70mm程度作成しています。内部はアクリル絵の具、黒で塗ってあります。
_DSC6235.jpg
現状の地形を少し削り、上部の蓋を付けて、地形の骨組みを作成していきました。
_DSC6237.jpg
最後に、木粉粘土で地形を作成しました。毎回のように、木粉粘土を貼り付けて、古歯ブラシで叩いて、ザラザラ地面を作成しています。やっと背面側の地形がすべて粘土の地形で埋まりました。
_DSC6238.jpg
さらに背面左側のカーブ部分にバラストを撒きました。こちらは上段線ですので、茶系のバラストを撒いています。地形を作ってからバラストを撒くのと、バラストを撒いてから地形を作るのがどちらがよいか悩むところでし。上段側は地形を作ってから、バラストを撒きました。
_DSC6233.jpg
 GWは撮影に行くことが多かったので、ちょっと進みが悪かったのですが、明日から平常に戻って作業を進めたいと思います。ブログをご覧の皆様は末永くお付き合いください。


  1. 2017/05/07(日) 23:17:56|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

GWの撮影(弘南鉄道)

弘南鉄道の桜
毎年恒例のGWの前半は北東北に出かけてきました。今年は関東地方では、桜の開花が非常に遅く逆に東北では早めになったしまってどうなっているのか読みにくい状況でしたが、桜を絡めて撮影できました。しかし、いつも訪れている桜のポイントでは桜は咲いているものの葉っぱが出てしまったり、咲いている桜自体の花が非常に少ない状況でした。今年の桜はハズレです。
_DSC5049.jpg
20170430 弘南鉄道 大鰐線 NIKON D-810 AF-S 70-200mmf2.8
_DSC5089.jpg
20170430 弘南鉄道 大鰐線 NIKON D-810 AF-S 16-35mmf4.0
_DSC5358.jpg
20170430 弘南鉄道 大鰐線 NIKON D-810 AF-S 16-35mmf4.0
おまけで五能線にも訪問してみました。さくらは悲惨な状況でしたが、岩木山はばっちりでした。残雪が例年より多い機がします。
_DSC4999.jpg
20170430 JR東日本 五能線 NIKON D-810 AF-S 70-200mmf2.8

  1. 2017/05/05(金) 16:01:15|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (36)
デスクトップレイアウト (166)
四季の鉄道写真 (68)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (3)
レイアウト (68)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (4)
HO (1)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得