鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

JR西日本三江線(その2)

三江線に乗り鉄(つづき)
 翌日は5時に起床、荷物をまとめて5:30に江津駅に向かいました。5:53発442Dに乗車するためです。駅の時刻表を見るとこのように異常に本数が少なく、この列車を逃すと午後出発になり、帰ってくるのは夕方になってしまいます。
_DSC4858.jpg
とりあえず切符を購入して、ホームに入ります。駅員さんは不在なので切符を購入するのですが、券売機に問題があります。三次までの料金表がありません。また、1940円のボタンがあるので、押すと山陰線の駅名が表示されるので、料金表にある最高額1850円を購入しました。まったくやる気を感じられません。さらに、この券売機は1000円札しか使えません。ターミナル駅ですので、高額紙幣を使えるようにするべきと思います。ホームにはまだ乗る車両は着ていません。駅の端に止まっているので、早く入線させればよいとも思いました。発車約10分前に入ってきました。本日も2両編成です。
_DSC4863.jpg
昨日とは違い、2両とも乗車できました。月曜日の朝というのに同業者の方もいますので、席は争奪戦です。進行方向左側のボックス席の窓際をもちろん陣取りました。左側でないと景色があまりよくありません。このポジションは2両で4席しかありません。
_DSC4869.jpg
_DSC4874.jpg
車内を撮影しているあいだに出発の時刻になりました。浜田発の一番列車にも接続しており、その列車からも乗り継ぐことはできるようです。車内乗り鉄数名と一般の乗車の方2組、地元の定期利用者ぽい方の10名ほどでした。乗りに来た方以外は乗客は2-3人しかいないようです。これでは存続は厳しいです。と思う間に出発の時刻になりました。
江津の市内を抜けて右にカーブすると江の川沿いに走行しています。昨日の夕刻にはよく見えてなかったのですが、落っこちそうな崖の際を走っているところもあり、制限速度が30km、25kmのところがかなりあります。車窓を見ると川沿いの風光明媚なところを走っています。ちょうど天気もよく、新緑初期の淡い緑の中でベストシーズンに乗車できたと思います。
_DSC4876.jpg
このスジでは何度か交換列車がありましたが、停車時間は短くホームにでることは出来ません。車内販売等はありませんので、乗車前には飲食物を買っておいたほうがよいです。
 同様の風景の中、約1時間30分で浜原に到着します。ここから口羽の間のみ線路規格が高規格でレールバスの本領を発揮してかなり高速で走行しました。ただしこの区間はトンネルも多いので景色はあまりよくはありません。
口羽からはまた低速走行にもどり、江の川沿いを進んでいきます。線路の周りの雑草の処理をあまりしていないので、雑草がかなり車体に当たる音がします。窓は開かないので、影響ありませんが、まったく手入れがされていないことが分かります。
ワンマン運転にもかかわらず車掌さんが乗車しています。検札と切符の販売のみをしています。三次に近づくと地元の高齢者の方がかなり乗車してきます。病院や買い物に行く方でしょうか。
約3時間30分の9:21に終点三好に到着しました。バイクの置いてある石見川本に戻るため上りの10:02発424D石見川本行きに乗車します。あまり乗客もいないようなので、一旦三次の駅を出て、駅前を散策しました。
_DSC4893.jpg
三次の機関区跡には他の線の気動車が留置しています。設備や距離的な問題がありますが、ここにターンテーブルでもあれば、SLの運行も可能だったのではないでしょうか。三次の駅ですがセブンイレブンが併設されていますので飲食物は購入できます。
小さな弁当とお茶を買ってホームに入りました。
_DSC4899.jpg
帰りも同じ車両に乗車です。今度は進行方向左側に席を確保しました。帰りは乗車する人が比較的多く20人は程度はいたと思います。比較的高齢者の方が多かったです。ほどなくして発車時刻となり、また江の川沿いを低速で走行していきます。
_DSC4908.jpg
この列車では、途中駅宇都井駅でちょっと停車時間を長くしています。この駅は地上から30mほどで、なかなか町並の感じがよい駅です。上りは2時間ほどで石見川本に到着しました。この列車ですが、そのまま江津行き426Dとなりますが、ここで1時間半ほど停車となります。この時間で川本の町でお昼を食べられようですが、自分は撮影するために下車となりました。
_DSC4912.jpg
よい時期の三江線に乗れたことはよかったですが、この長い路線を簡単に廃止してしまって本当によいのか?インフラは国が持つなどして存続に舵を切り、観光列車の運行やスピードアップなども継続して行っていけば、存続の道はあるのではないでしょうか。無くなった鉄道は元には戻せません。



 
  1. 2017/04/30(日) 17:32:49|
  2. 乗り鉄
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 60(1000X600版)

トンネル回りの地形の作成
 この製作記も60回目ですが、同じような作業製作記が続いております。気持ち的にはもっと早く進めたいところですが、なかなか長い時間が取れずかなりゆっくりしたペースで進んでおります。単調な記事が続きますがお付き合いください。
さて、上段の山岳地形が出来てきましたので、下段のトンネル付近の地形製作に取り掛かりました。鉄橋との兼ね合いからトンネルと橋脚の位置関係がかなり厳しくなってしまったので、最初の位置からはかなり前進させることになってしまいました。
_DSC4968.jpg
_DSC4969.jpg
そのため、ポータルの上面に上段のベニアがぴったりはまる予定でしたが、諦めて、スタイロンフォームで地形を造形することにしました。適当な厚みでスタイロンフォームの板を作り、大きいまま隙間に木工用ボンドで接着して、あとでカットしました。
_DSC4971.jpg
_DSC4970.jpg
カットした後は、木粉粘土で隙間をカバーして地形に合わせて、粘土で地形を造形しました。あとはいつものように、古歯ブラシで叩いて、ザラザラ地面を作成しています。今回は下段線路の手間の地面も合わせて作成しました。段々台座の地は見えなくなってきています。
_DSC4972.jpg
本日は最後に前回、道床に吹いた、レッドブラウンがレールにも付いてしまっているので、割り箸でレール表面を擦って塗装を落として、試運転してみました。本日はトミックスのキハ53を使用しています。
_DSC4973.jpg
薄く吹いたので、割り箸で塗装を落として、試運転で問題がないことを確認しました。
もうしばらく、地形の作成が続きそうです。

  1. 2017/04/28(金) 21:32:45|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

JR西日本三江線(その1)

三江線に乗り鉄
 来年3月に廃止が予定されている三江線に乗り鉄をしてきました。土日は同業者の方も多く、平日の方がより日常のローカル線を感じられるのではということで日曜日と月曜日に乗車してきました。当初は3月中に乗り鉄しようと思ったのですが、仕事の都合や春休みで宿が取れないなどの理由があり、今回晴れて乗車となりました。三江線は100km程度のローカル線ですが、通しで乗り鉄するには以外にハードルが高く、通しの列車が以外に少ないので乗るには難儀しました。
 出来るだけ短い時間で往復乗ることを考えて、日曜日の夕方に石見川本から江津、月曜日に江津から三次、三次から石見川本を乗車しました。乗車する前に撮り鉄もしてみました。時間もあまり、無かったので、石見川本の近くの線路脇より撮影しています。
_DSC4821.jpg
夕刻の新緑で気持のよい青空の中2両編成の三江線がやってきました。
撮影後17:47発430Dに乗車のため、石見川本の駅に向かいます。今回はバイクでこちらまで行きましたので、駅員さんに、三江線に乗りに来た旨を話して、駐車場の端っこに置かせてもらいました。もちろん快諾していただきました。石見川本から江津まで670円の切符を購入します。
_DSC4833.jpg
_DSC4834.jpg
下りの三次行き入ってきたあとに430Dが入ってきました。乗客は非常に少なく、先頭車は締め切りで2両目に乗車しました。1両目を締め切っている意味がわかりません。ワンマン表記ですが、なぜか車掌さんが乗っています。
_DSC4842.jpg
車内は4ボックス席とロングシートで構成されています。乗客は私と4人地元中高生のみというなんとも寂しい感じですが、日常の日曜日の夕方はこんなものなのかもしれません。自分は江の川側の進行方向右側のボックス席の窓際に座りました。
_DSC4846.jpg
途中から何人か乗ってみましたが、川本から江津まで乗り通したのは自分だけでした。速度の遅いこと、半端ないです。それなりにローカル線に乗っていますが、平均速度はかなり遅いです。これでは車にはまったく太刀打ちできないです。軽量の気動車ですが車両のパフォーマンスもまったく使えていない感じです。線路を継続するには、路盤を強化してスピードアップして所要時間を短縮して、単行運転にして出来るだけ運転本数を多くするか、観光路線として継続していくかのどちらかしかないような感じがしました。過疎化も進み、それといった観光地もないようなので、乗客数のアップは見込めなく廃止という状況の感じです。しかし、このような閑散時間でも、乗客はゼロではないので、公共交通機関としての使命は全うする必要があるのではないでしょうか?
_DSC4850.jpg
西日本は日没が遅く、この時期、この時間でもかなり明るい感じで、江の川の沿いを1時間10分ほど走行して、江津に到着しました。
_DSC4852.jpg
_DSC4854.jpg
乗ってきた列車は1両編成になって浜原行きになります。本日は江津のビジネスホテルに宿泊しました。翌朝は5時53分発に乗車しないと出発が午後になってしまいます。ここが乗りつぶしにはかなり厳しい状況です。






  1. 2017/04/26(水) 22:17:39|
  2. 乗り鉄
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 59(1000X600版)

山岳地形だいたい完成
 長々と作業を行っていた山岳部分の地形ですが、木粉粘土の貼り付けが終わり、下地は完成となりました。鉄橋自体をKATOに変更してしまったため、最初にイメージしていた感じと若干異なるイメージですが、下地はだいたいよいと思います。 
下地の完成に当たっては、両端の橋脚を地面に接着して、スタイロンフォームで隙間を埋めています。
_DSC4716.jpg
_DSC4717.jpg
 型で作った岩盤も木工用ボンドで貼り付けています。
あとはいつものように木粉粘土をちぎって貼り付けて、古歯ブラシで叩いて表面をざらざらにしています。鉄橋の裏側が若干ダムのような地形になってしまっていますが、樹木を植えることで厚みが少し増すのではないかと思っています。
_DSC4718.jpg
_DSC4719.jpg
 本日は、下段本線のバラストを塗装してみました。明灰色と灰色のバラストを使っていますが、毎日の通勤で線路を見ていると、意外に茶色が多いように思います。エアーブラシにタミヤアクリル XF-64レッドブラウンを1:3r程度に薄めて吹いています。
_DSC4714.jpg
_DSC4715.jpg
加減が難しいですが、前面と背面で茶色の吹き濃さを変えてみました。写真からはわかりにくいかもしれません。やりすぎると濃くなりすぎるので細心の注意を払って吹いてみました。効果はてきめんで雰囲気的にはかなりよくなりました。
  1. 2017/04/23(日) 15:35:07|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

桜の撮影

真岡鉄道、関東鉄道
 この週末は真岡鉄道、関東鉄道に桜を求めて撮影に行ってきました。今年は桜の満開時期が非常に読みにくく、天気にもあまり恵まれなかったですが、今週末はまずまずの天気で満開の桜の下で撮影できました。もう少し青空が欲しいところですが、天気ばかりはどうしようもありません。
_DSC4374.jpg
20170415 真岡鉄道 D810 AF-S 70-200mm f2.8
_DSC4453.jpg
20170415 関東鉄道 常総線 D810 AF-S 16-35mm f4.0
_DSC4388.jpg
20170416 真岡鉄道 D810 AF-S 16-35mm f4.0
_DSC4483.jpg
20170415 真岡鉄道 D810 AF-S 70-200mm f2.8
_DSC4517.jpg
20170415 真岡鉄道 D810 AF-S 70-200mm f2.8
_DSC4682.jpg
20170415 真岡鉄道 D810 AF-S 24-70mm f2.8
今回は桜の下での撮影を堪能できました。今年はトラブルは起きなかったようです。
  1. 2017/04/21(金) 16:00:15|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

KATO C11が入線しました。

KATO新C11
 KATOの新C11が入線しました。同時期にTomixのC11が発売されましたが、某模型屋氏より走りがイマイチとの情報を得ていましたので、Tomixの製品は今回は購入を見送りました。
最近のKATOのSL製品に相応しく、ディテール、走行性能は申し分ありません。全体のバランスもよく出来ていると思います。よく見ると配管の細さ、ステップなどの細さ、デフの厚みの薄さ、運転台の造形など、モーターの小型化の恩恵を受けている製品に仕上がっています。C12に続き、かなりよい製品に仕上がっています。
 _DSC4701.jpg
_DSC4702.jpg
_DSC4703.jpg
旧製品のC11も当鉄道には在籍していますので並べてみました。プラの成型技術の向上により、まったくの別物になってしまっています。旧製品もそこまではプロポーションが悪いとは思っていませんでしたが、ボッテリしていてもはや別の機関車のようです。
_DSC4708.jpg
_DSC4706.jpg
この違いでは同じ機関区に置いておくことはできなくなりそうです。ちょっと残念なのは最小曲線半径がR216とのことで、自分のレイアウトの上段では走行することができません。こちらはトミックスの製品に分があるようです。
いつものようにデスクトップレイアウトに置いてみました。1両では寂しいのでワフ29500と置いてみました。簡易線区の貨物列車がこんなイメージだったのではないでしょうか。
_DSC4709.jpg
_DSC4713.jpg
ちょっと煙がほしくなる感じです。
 今回はナンバーは223号機にしました。特に意味はありませんが、東北地区の機関車ということで、この番号を指定しました。
さて実車はネット等の情報によると、
1941-08-14/木 日本車輌名古屋NO.981 新製 配属 仙台局 配置 大湊区
1958-10-20/月 大湊区→大湊・大畑線管理所(組織変更)
1962-04-01/日 大湊・大畑線管理所 D
1963-04-01/月 青森区
1971-10-26/火 廃車(青森区)
青森の支線ローカル線で活躍していたようです。
  1. 2017/04/19(水) 00:00:07|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 58(1000X600版)

山岳地形の作成つづき
先日に引き続き山岳地形を造形しています。そのまま粘土を張っていくだけでは芸がありませんので、石垣を貼り付けてみました。石垣はグレーに塗装して、タミヤエナメルXF-2フラットブラックで汚しを入れて、ウエザリングマスター、グリーンで流れの汚しを入れています。そのまま木工用ボンドでスタイロンフォームに貼り付けています。わざとムラを付けて塗っています。
_DSC4327.jpg
山岳地形の粘土張りも引き続き、続けています。固まっても収縮、ひび割れはありませんので順調に作業しています。
_DSC4328.jpg
石垣の左上にはGMの落石よけを置いてみました。ちょっとしたものですが、感じはかなり変わります。現段階では接着していません。
もう少し汚してから接着しようと思っています。
_DSC4329.jpg
地形の作成が進んでいますので岩場の塗装を行いました。鉄橋の裏側が崖となっているため、こちらも、変化をつけるため岩場にしています。この岩場ゴム製の型に木粉粘土で埋めて、固まったら取り出すことをしています。
_DSC4331.jpg
塗装の仕方ですが、ダイソーアクリル絵の具、しろ、黒、茶、黄土、緑をグレーをベースにネットの岩場の写真を見ながら塗装しました。出来るだけ多くの色で塗るとそれなりに見えます。グレーを多くするとコンクリで出来た岩のようになってしまうので、注意が必要です。なかなかよい感じに塗れていると思います。
_DSC4332.jpg
本日は最後に、橋脚の台座の上部をグレーで塗ってみました。これはNゲージファインマニュアル2の本線場のストラクチャーに載っていましたので、参考にしてタミヤエナメル XF-66ライトグレーを塗ってみました。大した塗装ではありませんが、これだけでも橋脚らしくなります。少しはみ出てしまっているので楊枝で少し塗装を剥がしました。
_DSC4333.jpg
_DSC4330.jpg
本日はこの部分まで山岳地形が出来てきました。のこり1/3程度を造形していきます。破綻しなければよいですが。。。


  1. 2017/04/16(日) 16:36:07|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

桜の時期

大井川鉄道での撮影
先週末は大井川鉄道に桜を絡めた撮影に出かけてきました。この春は週末になると、天気がぱっとせず、桜の開花も非常に遅くなり、サラリーマン撮り鉄の自分にとっても、撮影に行っても修行の週末撮影行になりました。完全に消化不良でした。こんな時もあります。やはり桜はお日様のある青空で撮影したいものです。
 大井川鉄道沿線の家山まででは、土曜日は桜は2-5分咲き、日曜日は5-8分咲き程度となりました。ELさくら号を狙っていましたが、その間に撮影した元南海ズームカーの方がメインの撮影になってしまいました。出来るだけ空を入れないように撮影しました。
今回はいまいち写真が攻めきれていません。
_DSC0279.jpg
20170410 大井川鉄道 D810 AF-S 200-500mm f5.6
_DSC4313.jpg
20170410 大井川鉄道 D810 AF-S 24-70mm f2.8
_DSC4229.jpg
20170410 大井川鉄道 D810 AF-S 70-200mm f2.8
_DSC4195.jpg
20170410 大井川鉄道 D810 AF-S 200-500mm f5.6
_DSC0249.jpg
20170410 大井川鉄道 D810 AF-S 200-500mm f5.6
_DSC4050.jpg
20170409 大井川鉄道 D810 AF-S 24-70mm f2.8
おまけ
この日はC11のエアー故障があったようで大和田の駅で運転中止して、家山まで一旦戻り、ELを先頭に付け替えての電蒸運転になってしましました。雨がひどく、露出もないので画像ボロボロですが、レアな写真が撮影できました。
_DSC4117.jpg
20170410 大井川鉄道 D810 AF-S 24-70mm f2.8
  1. 2017/04/14(金) 16:34:38|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 57(1000X600版)

山岳部分の地形の作成
 やっと、山岳部分の地形の作成にかかりました。山岳とは言ってもちょっとした山(丘)程度の山なのですが、レイアウトのかなり広い部分を占める部分でもあります。はじめに右側の端より造形にかかりました。
今回はダイソーの木粉粘土を使用しています。この粘土のよいところは、軽く、安価なことと、固まるときに収縮が少ないので割れが発生しにくいです。プラスターを使用するのが一般的かもしれませんが、この材料を使っています。
_DSC4321_01.jpg
 実際の作業は適当にちぎってスタイロンフォームの上に伸ばして行く単純な作業です。とりあえず様子をみるため、山の1/3程度の作業にしました。あとはいつもの作業と同様に古歯ブラシで表面を叩いてザラザラにしています。
_DSC4320_01.jpg
平行して住宅の前の崖に使用する石垣を切り出して塗装しました。今回はGMの石垣Bを使用しています。これは山の感じを単純にしないようにしています。適当なサイズで切り出し、タミヤアクリルXF-80ライトロイヤルグレーで塗装しました。あとで汚しを入れるのでかなり適当に塗っています。
_DSC4319.jpg
まだ、粘土を付けていませんが、家の裏側を石垣の崖にする予定です。なんとなく山を削って造成した土地のイメージを目指しています。住宅はどれにするかは、まだ決めていませんが、おおよそこのようなイメージにしたいと思います。
_DSC4322.jpg
_DSC4323.jpg
ただ、狭いスペースに住宅を押し込む必要がありそうです。
最後に、曲線鉄橋に汚しを入れてみました。本日はガーター部にタミヤエナメルXF-64レッドブラウン、レール間の渡り板をXF-1フラットブラックで汚しを入れてみました。最終的にはもっと汚しを入れるつもりなので、軽い汚しにしています。ガーター部はボルトを中心にサビ汚れの感じで汚れを入れました。
_DSC4324.jpg
引き続き、山の造形を行って行きたいと思います。

  1. 2017/04/12(水) 23:34:31|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

大井川鉄道 SL急行さくら号

さくら号に乗り鉄
 この週末は大井川鉄道に桜の撮影に行ってきました。今回は東京から新幹線、東海道線に乗り継ぎ、撮り鉄仲間のK氏と共に撮影の予定でしたが、この日は天気が非常に悪く大雨!!完全に戦意喪失で撮影はほどほどにして、たまには乗り鉄しようということになりました。撮ってばかりで鉄道会社にお金を落としていないだろう?というお叱りも受けるこがありますので、たまには鉄道会社にも、お金を落としています。9:00過ぎに新金谷駅に到着していました。新金谷駅ではSL列車の切符は購入できないので、駅前のPLAZALOCOで購入の必要があります。新金谷の電光掲示板が液晶モニターになっていてちょっとびっくりしました。また、このモニターは使用する車両形式まで書いてあるので、この掲示板の情報をインターネットに載せてくれると、車両がどこかれでも分かってよいのではと思いました。 PLAZALOCOの模型や写真、土産物の見たりして時間をつぶします。HO、Nなどの車両が多数置いてあります。こうしている間に1003レの切符を買おうとすると何と満席、切符を買うことができないかと思いましたが、立ち席でもOKということで、発券してもらえました。新金谷ー家山680円+SL急行料金800円で1480円半分以下の距離なのにSL急行券が800円は少し高いような気はしますが、さくらシーズン料金ということで仕方ありません。帰りのELさくら号の切符も買えればよいのですが、ここでは購入できません。すぐ折り返しなのでここで切符売ればよいとも思います。
_DSC3922.jpg _DSC3924.jpg
発車時刻の15分前からホームに入ることが出来るので、改札口よりホームに入ります。ほとんどの車両が団体の客で家山でバスが待機しており、乗り換えてこの区間のみ乗車するお客です。ざっと500人近くは乗車しているのではという感じです。
本日はC5644にトラスト青客車+トーマス客車6両+E102の9両編成です。家山での機回し省略とSLの牽引定数不足のためSLとELのプッシュブルで走行しています。帰りはEL先頭でELさくら号になります。
_DSC3927.jpg
_DSC3929.jpg
ホームでは本日は名物車掌さんが出迎えてくれていました。やはりSLにはトーマス色ではなく、青か茶色客車です。
_DSC3946.jpg
席はありませんので、最後尾の車掌室の脇のイスに陣取って、電気機関車が押すところを見ています。SLもよいですが、E102の釣り掛けモーター音を聞くのもなかなかあることではありません。当然SLの音はほとんど聞こえません。ほどなく発車しました。ELもかなり力行していて、後ろから押される感覚を味わうことができました。
_DSC3950.jpg
今回乗車して理由の一つは沿線の桜の咲き具合を見るためです。意外にも大和田、神尾、福用などは2,3部咲き程度で、家山付がやっと6部咲き程度の感じでした。家山までの25分程度乗車時間ですが、街中から、川に沿って走ったり、トンネルがあったりして景色はそれなりに楽しめるはずですが、残念ながら雨で窓が曇ってしまいあまり景色はたのしめませんでした。
あっという間に家山に到着しました。SLは団体様が取り囲んでいて近づけないので、ELの方を見ています。
_DSC3951.jpg
20分ほどの停車時間で、帰りはほとんど乗客はいませんので、SL側のスハフ43側の端に陣取りました。家山の駅を出て帰りの切符を買わなくてはと思いましたが、団体様がいっぱいで切符購入はあきらめて、座席に座ることにしました。さすがに帰りは貸切のような状態です。わずかに客は4組でした。元特急用の客車だけあって、こちらの車両は少しデラックスで国鉄時代を感じる内装になっています。
_DSC3953.jpg _DSC3954.jpg
扇風機もJNRです。
ほどなくして、帰りELさくら号は家山を出発しました。駅発車はSLは力行を少し入れて、ドレーンを切っている音が聞こえますが、帰りはほとんどぶら下がり状態です。
 途中で車掌さんが検札に来て、自分達のみが切符を持っていないかと思いましたが、この車両のすべての人が切符を持っていません。しかも車掌さんはおつりを用意していないという状態でした。ある程度このようなお客は想定されているのだから、おつりくらいは用意しておくべきと思いますが、サービス業のレベルとしては失格です。経営母体が変わっても社員の意識の低さを感じました。料金は運賃680円+EL急行料金150円で830円です。帰りもノンストップで25分ほどで新金谷に到着しますのであっと言う間です。ダラダラ長時間乗るのも楽しいかもしれませんが、行き帰りで1時間程度で旧客、SL、EL列車を楽しめるのでこれはこれで乗り鉄にはたまらないかもしれません。たまには乗り鉄もよいものです。
_DSC3964.jpg
おまけで新金谷のホームでは次のかわね路号が待っていますので、SL並びの発車を撮影することができます。これは乗った人だけの特権です。次回は桜の大井川の四季の鉄道写真を紹介したいと思います。

  1. 2017/04/10(月) 22:16:47|
  2. 乗り鉄
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (36)
デスクトップレイアウト (166)
四季の鉄道写真 (68)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (3)
レイアウト (68)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (4)
HO (1)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得