鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

レイアウト製作記 54(1000X600版)

カーブ鉄橋
 先日のカーブ鉄橋のデスクトップレイアウトを製作していて、KATOのカーブ鉄橋の作りがかなり実感的で、架線柱などのオプションの取りつけ具合などを考えると、こちらのレイアウトも使用したほうがよいと思いましたので、3本のカーブ鉄橋を購入して、こちらのレイアウトのも取り付けられるか検討しました。鉄橋は赤系と思っていますが、緑のものが混じっています。あとで塗装してしまう予定です。
_DSC3886.jpg
 津川のガーター橋ではR400程度を狙っていたので、KATOのカーブ鉄橋ではR448なので、カーブ部分の地形を少し修正すれば、設置できるとは思いましたが、実際に置いてみると、地形を微妙に削り、調整部分の短い線路をつなぐことで修正できることが確認できました。ただ、下段の線路との取り合いは厳しくなってしまいました。
 _DSC3890.jpg
_DSC3889.jpg
とりあえず、回し引きノコでスタイロンフォームごと、切り取りました。製作期間が長くなると、よい製品が出たりして、それをどうしても取り入れたくなってしまいます。そのたびに設計変更ではちょっという感じですが、それはそれで、楽しい作業ではあります。
 _DSC3888.jpg
なんとか上手く調整して、このスペースにはめ込みました。トミックスの短いレールの組み合わせとKATOフレキを短く切って、現物合わせでレールをつなげています。KATOのカーブ鉄橋では3スパンになってしまったので、橋脚を追加する必要があります。レンガ橋脚は予備がありますので、問題ありません。
_DSC3891.jpg
最後に鉄橋端部の橋脚も切り詰めて製作しています。もう少し幅があるほうが自分は好みなのですが、スペースが狭くなってしまったので細いタイプの端部橋脚を作ってみました。
_DSC3892.jpg
今後はトンネルポータルやバラストの撒く位置も調整していきます。
  1. 2017/03/31(金) 22:40:33|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 53(1000X600版)

山岳地形の作成
 レイアウト裏側の山岳地形の造形を進めています。スチレンボードを大まかに切り出したものを木工用ボンドで重ねていきます。両端はなだらかで前後はすこし切り立った山を造形しています。もう少しなだらかな山を作りたいところですが、スペースと上下の段差の兼ね合い上このような形状にしました。実際の地面は粘土で埋めていくつもりですので、あまり細かい部分はこだわらず、粘土の造形に細かい形状をゆだねて造形していく予定です。
_DSC3303.jpg
_DSC3305.jpg
山の高さは30mmのスタイロンフォーム3.5段ほどで上段から135mm程度の高さになっています。前後の動線を切る目的もあり、周りとのバランスを考えると、この程度の高さとなりました。さらに裏面の中心側も、徐々に低くなるように延長しています。上段カーブ鉄橋の裏側は斜面というよりは崖にするしかないのかもしれません。木工用ボンドが固着した段階で、この作業と平行してスタイロンフォームの角の面取りをしました。
_DSC3885.jpg
下段本線のバラスト撒布
そろそろ、下段側を作業しないと、だんだん作業がしずらくなるので、バラストの撒布を行いました。バラストはKATOのグレー:明灰色:茶色を1:1:0.1程度を混ぜたものを撒布しています。見える部分は短いので、だいぶバラストの撒布にも慣れてきました。
_DSC3884.jpg
 さらにトンネルポータルも組み立て、ボール紙の内壁を作りました。内壁はアクリル絵の具、黒で塗装しています。外からはほとんど見えないので適当なつくりでも、あまり問題はありません。
_DSC3881.jpg
ポータルはジオコレの情景小物028のトンネルポータルレンガを使用しています。全面は石積み、裏面はレンガにしました。電化線としてもと考えるとコンクリートタイプのほうがよいかもしれませんが、今回は変化を優先しました。
_DSC3882.jpg
_DSC3883.jpg
片側は壁をつけて、左右で形状を変えることにより、雰囲気に変化を付けています。
  1. 2017/03/29(水) 16:11:15|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

菜の花の時期です。

小湊鉄道、いすみ鉄道撮影
こ の週末の土曜日は小湊鉄道といすみ鉄道に撮影に行ってきました。この時期、晴天は3日続かないと言われていますが、まさに、この週末は土曜日のみが天気がよい予想で、現実に土曜日のみ天気がよくなりました。 実際に訪問してみると、天気予報に反して、青空は一部しかなく、晴れてはいるのですが、空は白いときが多い天気になりました。桜の咲く前の菜の花全開を予想していたのですが、場所によってはまだ時期の早い感じでした。
_DSC3332.jpg
20170325 小湊鉄道 NIKON D810 AF-S200-500mm f5.6
_DSC3697.jpg
20170325 小湊鉄道 NIKON D810 AF-S16-35mm f4.0
_DSC3744.jpg
20170325 小湊鉄道 NIKON D810 AF-S70-200mm f2.8
_DSC0111.jpg
20170325 いすみ鉄道 NIKON D810 AF-S200-500mm f5.6
_DSC3576.jpg
20170325 いすみ鉄道 NIKON D810 AF-S70-200mm f2.8
 この時期は、いすみ鉄道の方が一般の観光客が線路沿い、駅などに多数訪れています。鉄道ファン以上に危険な方が、実は多いです。直前に踏切でないところを渡ったり、ホームの端から乗り出してスマートフォンで撮影をするなど、無法地帯になりつつあります。事故の起こらないことを願うばかりです。
_DSC0196_01.jpg
20170325 小湊鉄道 NIKON D4S AF-S28mm f1.8
 夕方まで撮影すると、最後はここに来てしまいます。夕焼け+ブルーモーメントでなかなかよい感じでした。意外に気温は低く5度程度でした。
 この千葉の2路線の小湊鉄道といすみ鉄道を掛け持ち撮影することで、1日撮影しながらローカル線を楽しむことが出来る数少ない路線です。皆様も訪問してはいかがでしょうか。
  1. 2017/03/27(月) 22:45:30|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:2

デスクトップレイアウト製作記(カーブ鉄橋)22

富井電鉄
 カーブ鉄橋のデスクトップレイアウトですが、もうひとつ置いてみたい車両がありましたので、置いてみました。写真の絵柄は同じような感じになってしまいますが、もう少しお付き合いください。
 今日は富井電鉄の車両を置いてみました。富井電鉄は仮想の鉄道会社ですが、小型の電車等のバリエーションが非常に増えて、このレイアウトに似合うのではと思いました。鉄コレのイメージに合致するかは、わかりませんが、支線の奥地にある山岳のイメージでもう少しで終点に着くイメージでしょうか。
 はじめに12m級小型電車を置いてみました。小さな車両の割には架線柱などが立派な感じもしますが、レイアウトとのバランスは無理がないように思います。
 _DSC3307.jpg
_DSC3308.jpg
 次に15m級中型電車を置いてみています。
この製品は荷物電車ではありませんが、半室を仕切り新聞輸送でもやっていそうなイメージです。
_DSC3311.jpg
_DSC3310.jpg
 最後に機関車と貨車を置いてみました。
貨車は実在するモデルですが、凸型機関車はオリジナルですが、小編成でトコトコ走る私鉄のイメージは、なかなか、よい感じです。細々と貨物輸送も行っている支線ローカル線のイメージになります。
_DSC3312.jpg
_DSC3316.jpg
ダイソーのケースを使っていますので、仕方ありませんが、架線柱の高さより裏側の山の高さが欲しいところです。
富井電鉄の製品もバリエーションが増えて、これだけでもありそうなローカル私鉄のイメージを再現できるようになってきています。
  1. 2017/03/25(土) 16:07:32|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 52(1000X600版)

住宅、商店の検討
こちらのレイアウトですが、山岳部分と、住宅街の二面性を持たせつつ、情景の製作に掛かっています。以前に購入した、建物コレクションの住宅や商店がありましたので、これらと、最近購入した、建物で、このエリアの情景の検討を行っています。
_DSC3302.jpg
年代的にはちょっと古い感じかもしれません。若干ゴミゴミした感じの商店街、住宅街を目指しています。
 その前にレイアウト左側の地面をかさ上げしました。コルク1mmを貼り付けて、スチレンボード2mmを地面の形状に切り出し、木工用ボンドで貼り付けました。
_DSC3299.jpg
実際このようにスペースをつくると意外に広大な土地になってしまっています。駅の反対側の近郊の商店街と住宅のイメージをしています。イメージが非常に大事に思いますので、それらのストラクチャーを置いてみてみました。貨物ホームの裏側に住宅、商店街のイメージにどうでしょうか?
_DSC3301.jpg
_DSC3300.jpg
建物コレクションの建物の台座ですが、販売された年代により、台座の高さが異なります。このままでは高さをあわせることが難しいそうです。部分的に屋根も地味な色に塗装をしなおす、必要がありそうです。もう少し、色々な配置を検討してみたいと思います。
建物ももういくつか購入する必要もありそうです。
 
  1. 2017/03/23(木) 15:25:26|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウトSL停泊所検討

SL機関区停泊場
トミックスから手動の小型タンテーブルが発売されていることを知り、大宮まで購入に行ってきました。なぜ限定発売なのかは意味不明です。内容はターンテーブル本体とレールブロック、終点ブロック、コンクリートブロック、避雷針のゲートなどが付いています。上路式のターンテーブルで久留里線の木更津にあるタイプに似ている感じです。 
_DSC3293.jpg
価格設定は微妙な8800円でした。それなりにはしっかりとした作りでブロックが多数付いていますが、裏面の基盤がむき出しだったり、桁以外の塗装はいまいちな感じですので、レイアウトでは、塗り直しが必須のように思います。レール自体は取り外せないので塗装が大変になると予想されます。
 この小型タンテーブルですが、小型SLやDL、レールバスのサイズにぴったりのサイズになっており、テーブルの桁は100mmで18m程度の車両を乗せることができます。当社の車両ではC11、C12、C56、DE10、DD16、DD13などが該当の車両ですが、実際に置いて回転させてみたところ、KATOの9600デフ付きも回転できることがわかりました。(先台車は先端が当たっていますが回転可能です)この位置にピッタリ止めるには神業が必要です。
_DSC3294.jpg
_DSC3295.jpg
さて、デスクトップレイアウトの構想ですが、適当にレールを配置してみました。停泊場のイメージですので、レールの本数を最小にしなくてはなりません。本線の横にある機関車停泊所をイメージしましたが、スペースは250mmX700mmくらいは必要な感じです。
乗務員休憩所、給水塔、給炭台、アッシュピット、小型機関庫などを配置する必要があります。できるだけ狭いスペースで再現したいと思っています。
_DSC3297.jpg
_DSC3296.jpg
少し電源をつけて車両も走らせてみましたが、それなりにスムーズに動きますが、何しろ手動のため、少し線路がズレると脱線ということになります。電源供給用のケーブルがターンテーブル本体についていますので、ターンテーブルに配線すると、桁と開通側の線路に電流が流れるようになっています。そこはよく出来ていると思います。いずれにしても、もう少し検討の余地はありそうです。

トミックスワールドテックステーション大宮(名前長い)ですが、3/18からキャンペーンを行っており、1万円以上購入でプレゼントがもらえます。自分はターンテーブルと小物を購入して、都電をプレゼントしてもらいました。いきなり「この中から選んでください」と店員の女性の方から言われて、はじめは意味が分かりませんでした。
_DSC3298.jpg
定価販売なので仕方ありませんが、在庫処分の大人の事情なのでしょうか。それであれば価格を下げてもらいたいものです。(余談です)

  1. 2017/03/20(月) 19:09:58|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 51(1000X600版)

山岳地形の検討
本レイアウトですが、やはり前面と裏面で異なった地形とするのと、動線を全面と裏面で切るため、少し高い構造のものを置いて、前面方向から裏面が見えないようにしています。
 いつものようにスタイロンフォームを切り出して鉄橋右側に山岳地帯を作成しています。スタイロンフォーム30mmを何段積み重ねるか悩むところですが、とりあえずは2段分作成しました。
_DSC3288.jpg
このままでは手前のスペースに何も配置できないため、形状に切り込みをいれてスペースを空けます。
_DSC3289.jpg
高さはスタイロンフォーム4段分を想定し、適当にスタイロンフォームを置いて感じを見ています。
手前に適当な家屋を置いてみました。家屋と道くらいは作成できそうです。この道は外に出れない道になりそうです。
_DSC3287.jpg
さらに鉄橋の後ろの崖を木粉粘土で作成しています。型に押し付けて固めて、剥がすだけで造形できます。裏側から見るとこのような感じです、駅の左側に行くと段々低くなって山岳地帯が終了するような形状を造形して行こうと思います。
_DSC3291.jpg
このスペースではスタイロンフォーム4段分は高さが、高すぎるの3段の方がよいようです。もう少し検討してから、実際の接着を行って固定して行こうと思います。
  1. 2017/03/18(土) 19:20:34|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 50(1000X600版)

リカバーしました。
 大きな失敗をやらかしてしましましたが、何とかポイント部の清掃を終わらせて、再度バラストを撒いて、いつものようにトミックスのDE10で試運転を終わらせました。今度は失敗しないように、ポイントのレバー部分をマスキングして、細心の注意を払いバラストを撒いています。
_DSC3279.jpg
エタノールでバラストを剥がしてしまったために、道床の塗装も一部、落ちてしまっています。もう少し地面が見えないように、バラストを追加で撒く必要がありそうです。
_DSC3281.jpg
駅舎の台座の際までバラストを撒いて見ました。カーブしているので、イメージ的にはどうかと思いましたが、駅舎と線路の間が、バラストで埋まっている方がイメージ的にマッチしているように思いました。
_DSC3280.jpg
合わせて、電留線の車止め付近にもバラストを撒きました。車止めの周りにもバラストを撒きました。プラのモールドの突起部を残すように、バラストを撒いています。
いつもながら、全体のバランスを見るために、建物を置いてみました。イメージを確認する上で重要なことと思います。
_DSC3283.jpg
_DSC3282.jpg
遠近感もありますが、こうしてみると、GMとトミーテックの製品は若干スケールが違うようにも見えます。
地面の色をデザートイエローと、ダークアースで分けて塗っていますが、地面の色をもう少し考える必要がありそうです。
そろそろ、背面の鉄橋側の地形の製作を考えなくてはなりません。
  1. 2017/03/16(木) 02:30:57|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

春の訪れ

大井川鉄道SLフェスタ
花粉症でつらい時期ですが、当ブログをご覧の皆様はいかがお過ごしでしょうか?
自分は花粉症にめげずに、この週末は毎年の春先の恒例行事である大井川鉄道のSLフェスタの撮影に出掛けてきました。
SL撮影はその道のプロの方にお任せして、春っぽい風景を求めてウロウロしておりました。
沿線は梅が満開のところが多くあり、まもなく春の訪れを感じさせてくれます。
SL以外にも多種多彩な列車が走っていて、撮影を楽しむことができました。
_DSC2959.jpg
20170311 大井川鉄道 Nikon D810 AF-S 70-200mm f2.8
_DSC3172.jpg
20170312 大井川鉄道 Nikon D810 AF-S 70-200mm f2.8
_DSC3229.jpg
20170312 大井川鉄道 Nikon D810 AF-S 200-500mm f5.6
_DSC3267.jpg
20170312 大井川鉄道 Nikon D810 AF-S 16-35mm f4.0
このような企画を毎年実施してくれる大井川鉄道様には感謝感謝です。
毎年のこのフレーズですが、春はそこまで来ています。
  1. 2017/03/13(月) 23:17:23|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 49(1000X600版)

やらかしてしまいました(ノ_<)
バラストを調子よく撒いていたのですが、上段左側のクロスレールとYポイントで問題が発生してしまいました。
クロスレールはバラストを撒いて、試運転をしてみると、電留線の先になぜか電流が流れたり、流れなくなってしまいました。ポイントのように可動部がないため、普通にボンド水溶液でバラストを撒いたのがよくなかったようです。仕方ないので無水エタノールで固着バラストを溶かして、剥がしました。
_DSC2837.jpg
試運転をしてみると、なぜか普通に走ってしまいました。おそらくバラストが固着して収縮したため、レールの裏側の配線部分の接触が悪くなったようです。
_DSC2840.jpg
やり直しは、普通にバラストを撒くの諦めて、回りにボンドを塗ってバラストを固着する方法にしました。
 つぎのやらかしは、Y字ポイントです。調子に乗って、バラストを際まで撒いて少しレバーを動かしたために、ポイント可動部にバラストが混入してしまい、ポイントの動きが悪くなってしまい、仕舞いには電動ポイントが動かなくなってしまいました。注意していたのですが、ちょっと注意散漫でした。
_DSC2838.jpg
仕方ありません。このポイントを取り外すしかありません。クロスレールと同様にエタノールでバラストを剥がし、レールを取り外し、ポイント内部を分解して、エタノールで清掃して、再度組みなおして、取りつけました。かなり広範囲を剥がす羽目に合いました。トミックスのポイントですが、裏面のねじを強く締めてしまうと、ポイントの動きが渋くなって、動きが悪くなるときがあります。
_DSC2839.jpg
試運転に使っているトミックスのDE10ですが、問題があります。ショートエンド側を先頭にして、Yポイントに低速で進入するとトングレール部で停車してしまうときがあります。微妙に接触が悪いようです。もう一台のDE10でも同じ状況で反対側のYポイントは問題ないので、わずかなポイントの個体差のようです。このDE10ですが組み立てにも問題があったので、分解して組みなおしてみました。走りはスムーズになりましたが、このYポイントのみ微低速だと止まってしまいます。なかなか、この手のエラーは修正が難しいようです。
悩みが増えました。
_DSC2831.jpg
気を取り直して、バラストを撒き直してだいたい元の感じに戻りました。
_DSC2857.jpg
試運転も上手く行くとよいのですが。。。。バラストが乾いたら、試運転を行いたいと思います。先が少し思いやられます。


  1. 2017/03/11(土) 19:25:05|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
Nゲージ 新製品レビュー (35)
デスクトップレイアウト (166)
四季の鉄道写真 (63)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (3)
レイアウト (59)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (3)

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得