鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

近江鉄道 ED14(ED14 3)が入線しました。

近江鉄道 ED14(ED14 3)が入線しました。
トミーテックから発売されている鉄コレの私鉄電気機関車のシリーズとして近江鉄道のED14を購入しました。最近のトミーテック製品と同等のレベル以上でリリースされました。自分はED14の近江鉄道の電気機関車はあまり、なじみはありませんが、小型機関車のシリーズのコレクションとして購入することにしました。
製品の方は最近のシリーズと同様のレベルに仕上がっています。このシリーズはヘッドライトやテールライトがつかないのですが、値段は安くない商品になってしまっていますが、ディテールは申し分ありません。今回は走行も考え、1エンド側をダミーカプラー、2エンド側をアーノルドカプラーとしました。
_DSC7336.jpg
動力ユニットは新製品のTM-ED02です。動力性能はED01よりよいように思います。車輪は中を黒く塗る等はあってもよいのではと思います。値段も安くはないです。車輪のキラキラはちょっと目立ちます。
_DSC7338.jpg
_DSC7340.jpg
サイドビューの窓配置、クロス窓などなかなか特徴はよく表現されています。近江の文字も印刷されています。ナンバープレートの取り付けボスの寸法がきつく、正面はボスの片方を削り取り、ゴム系接着剤で取り付けました。若干寸法が甘いです。老眼気味の自分には手すりの取り付けは厳しいですが、以前の製品よりは寸法が正しく出来ていて、取り付けはやりやすかったです。

先日の小型駅デスクトップレイアウトに貨車と共に置いてみました。
_DSC7341.jpg
貨車は、トラ45000、タキ35000、タキ9900に登場してもらいました。
実車では石灰石、無蓋車、有蓋車などを連結している画像が多かったのでこの組み合わせにしました。
_DSC7344.jpg
_DSC7342.jpg
実車はもっと編成が長いことが多いようでしたが、この貨車、2両程度でも、このレイアウトにもよく似合っています。

さて実車のほうですが、1926年にアメリカから4両が輸入され、東海道線、飯田線、仙山線などで運用され、1966年に近江鉄道にへ譲渡され、1988年まで貨物輸送に従事して、現在は近江鉄道ミュージアムに保存されています。
  1. 2015/11/30(月) 23:18:37|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

今年の秩父路の紅葉は

今年の秩父路の紅葉
今週末も、秩父路の紅葉を求めて秩父鉄道に撮影に出かけました。
今年は残念ながら、紅葉の色がきれいに色づくことなく、紅葉のシーズンは終了してしまいそうです。
この週末は絶好の紅葉日和で天気がよくなることを期待して訪問してみましが、予想に反してこのような撮影になってしまいました。今年は線路脇ではよい紅葉を見ていません。天気と自然の四季の移り変わりはコントロールできません。
_DSC7209.jpg
20151129 秩父鉄道 親鼻~上長瀞 Nikon D810 AF-S 200-500mmf5.6
_DSC7163.jpg
20151129 秩父鉄道 親鼻~上長瀞 Nikon D810 AF-S 24-70mmf2.8
_DSC7304.jpg
20151129 秩父鉄道 親鼻~上長瀞 Nikon D810 AF-S 70-200mmf2.8
パレオエクスプレスですがC58363の調子が悪いらしく、補機付きでした。光線も低くなり、車両の輝きが美しいですが、煙がほしいです。

  1. 2015/11/29(日) 23:06:00|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト製作記(小型駅)撮影4

小型駅での撮影(私鉄編)
全開に引き続き小型駅で撮影してみました。本日は秩父鉄道のイメージです。秩父鉄道では工場地帯は走っているものの、工場のある場所には駅はありませんが、車両を置き撮影してみました。
はじめにマイクロエースのデキ302+ホキ編成を置きました。側線の有効長によりホキは3両のみです。
デキの走る区間でこのようなタイプの駅はないもの私鉄電機は非常にマッチしているように思います。
_DSC6664.jpg
_DSC6663.jpg
_DSC6661.jpg
退避待ちのイメージです。
_DSC6665.jpg
反対の線路に貨車のみを置いて、貨物列車同士の雰囲気を再現できます。秩父鉄道では波久礼駅、野上駅で貨物列車同士の交換があるときがあります。本当は反射板があり、対向の方は石灰石を積載していないのが普通です。
次に、1000系に登場してもらいました。完全に普通列車の退避待ちのイメージになりました。残念ながら、1000型はすでに引退しており、この情景は実車では実現不可能です。
_DSC6666.jpg
_DSC6670.jpg
実在はしませんが、雰囲気的には実物でもありそうな感じに撮影できています。
_DSC6984.jpg
実際の樋口駅の側線のイメージはこのような感じです。秩父鉄道では架線柱がレールで作成された架線柱であったり、有効長の直線が非常に長く、線路間は意外にいろいろな看板が立っています。線路のバラストはもう少しグレーが多い感じです。
スケールダウンしての表現はそこそこ難しいのと、どこまで作りこむかはもう少し研究しなければなりません。

  1. 2015/11/26(木) 23:51:18|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト構想編(終端駅)

終端駅の構想
小型駅の製作が完了しましたので、次なるデスクトップレイアウトの構想を練っています。
スペースはいつものようにダイソーのコレクションボックス、アーチワイドL型400円を台座にします。
イメージは単行列車(20m級)が止まる終点の駅で、側線があるような駅を考えています。
_DSC7146.jpg
駅は鉄コレの駅前セット2の駅舎とホームのセットがちょうどよいように思います。とりあえず、今手持ちのストラクチャーを置いてみました。
_DSC7147.jpg
駅前は簡単なロータリー、もしくは広場で上信電鉄の下仁田駅のようなイメージを考えています。
駅前側はもう少し、小さなストラクチャーが必要に思います。しかし、このイメージのデスクトップレイアウトは見たことがあるような感じがします。もう少し構想を練って行きたいと思います。
  1. 2015/11/25(水) 22:48:58|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

秩父路の秋

カレンダー上では三連休の方も多いと思いますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
連休の天気のよさそうな初日に秩父鉄道に撮影に出かけました。
紅葉と青空を期待して出かけましたが、比較的暖かい日が続いており、秩父の紅葉は色がイマイチなのか、それとも紅葉には早い状況のようでした。当日は天気は曇り時々晴れで雲の多い状況でした。
_DSC6740.jpg
20151121 秩父鉄道 親鼻~皆野間 Nikon D810 AF-S 200-500mm f5.6
_DSC6773.jpg
20151121 秩父鉄道 和銅黒谷付近 Nikon D810 AF-S 16-35mm f4.0
紅葉は半ばあきらめ、ススキのある場所で撮影しました。
_DSC6810.jpg
20151121 秩父鉄道 波久礼~樋口間 Nikon D810 AF-S 70-200mm f2.8
最後は高感度でデキ鉱石列車をハイビームに少しやられています。
_DSC7089.jpg
20151121 秩父鉄道 上長瀞~親鼻間 Nikon D810 AF-S 200-500mm f5.6
後から知ったのですが、当日はSL故障のため、蒸気+電気のパレオエクスプレスの運転があったようです。
紅葉は次週でしょうか?期待したいと思います。
  1. 2015/11/23(月) 22:20:05|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 12(1000X600版)

裏側の地形の作成
引き続き、裏側の地形の作成を行いました。今回はトンネル位置を検討しながら、地形を作って行っています。
このレイアウトでは表と裏にはそれぞれ3箇所のトンネル開口部があります。トンネル開口部は変化をもたせるために、開放、L、凹形状にそれぞれ違う開口部として地形を作成しています。
_DSC6675.jpg
開放形状
_DSC6676.jpg
L形状
_DSC6678.jpg
凹形状
 それぞれの形状は現物合わせで、スタイロンフォーム30mmを切り出しています。切り出した後、木工用ボンドでベースボード1段目に接着しています。
_DSC6679.jpg
2段目のベースボードとの間には隙間がありますので、これをどのように埋めるかを考えなくてはなりません。トンネル内部はある程度の長さまではボール紙でトンネル内壁を作ろうと思います。

特に意味はありませんが、記事があまり面白くないかもしれませんので、お口直しに最近のカシオペアの写真を
冬が近づき、関東の下り列車では、ブルーモーメントタイムになってきました。
_DSC6641.jpg
カシオペアの廃止も近づいてきましたが、編成の長い客車列車はかっこいいです。

  1. 2015/11/20(金) 22:31:44|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト製作記(小型駅)撮影3

小型駅での撮影(私鉄編)
本日は完成した小型駅で私鉄車両を置いて撮影しました。
はじめに鉄コレ富山地方鉄道14760型(新塗装)を置いてみました。富山地方鉄道も市街地、田畑、山岳地帯などを走る変化に富んだ鉄道ですが、市街地では工場倉庫の横のようなところも走ることもあるのではということで置いてみました。
_DSC6367.jpg
_DSC6371.jpg
切り取って撮影した方が実車ぽいです。ちょっと見にくいですが、ホーム上にも駅員と乗客を配置しています。
_DSC6660.jpg
_DSC6657.jpg
鉄コレ富山地方鉄道14760型(旧塗装)にも登場してもらいました。新旧塗装の交換も風景も実際に見ることがが出来るのではと思います。
_DSC1745.jpg
車両は違いますが、実物の同色カラーリングの写真がありましたので、載せてみました。パンタは片方のみあげるのが正解でした。撮影後に気がつきました。
_DSC1841.jpg
  1. 2015/11/17(火) 23:36:19|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 11(1000X600版)

一段目地形作成のつづき
先日に引き続き、1段目の地形の土台の作成を行いました。

前回作業した正面の左側と、裏面側の中央および右側の作業を行っています。
今回はカーブ部分に差し掛かっていますので、車両を置いて土台、ポータル、パンタグラフが接触しないか確認しています。
カーブ部分はカーブ用のトンネルポータルを使用する予定です。ジオコレではトンネルの切り取りが直線のものとカーブのものがあります。安価なジオコレとはいえ、よく考えられていると思います。電化、非電化の両方に使えるのもよい製品です。前回と同様にスタイロンフォームを木工用ボンドでベースボードに貼り付けています。
_DSC6647_1.jpg
_DSC6648.jpg
裏側も同様の方法で、貼り付けています。トンネルポータルを置いて、スタイロンフォームを切り取り、木工用ボンドで貼り付けています。隙間は紙粘土等で埋める予定なので、少しのずれは問題ないと考えています。裏面側はもう少し線路が見える部分が多くなるように線路配置を決めたのですが、かなり短い範囲しか見えないので、どうするか考えています。
_DSC6650.jpg
_DSC6653.jpg
裏側の右手手前の地形はベースボードからはみ出ていますが、あとでカッター等でカットします。
  1. 2015/11/16(月) 23:07:05|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

秋を求めて

真岡鉄道撮影
今週末は天気はいまいちでしたが、秋を求めて、真岡鉄道に撮影に行きました。
また、Nikonの新しいレンズ(AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR)を購入したのですが、それの試写も兼ねて撮影しました。
結論から言うとこのレンズはf5.6ながら、VRの効果もあり、まったく問題ないシャープな画質を得ることができました。
ある意味、よい方向にNikonに裏切られた感じです。雨が降るような天候ですが、SLのように速度が低ければ、D810でもピントを外すこともなく撮影も可能です。新レンズではハスキー一脚を使用してVRオンで撮影しています。ISOは800です。
_DSC6497.jpg
20151114 真岡鉄道 折本~ひぐち Nikon D810 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
順番が前後しますが、紅葉はあきらめて、柿をポイントに撮影してみました。この柿の木は線路から離れていますが、周りに障害物がなくすっきり撮影できました。
_DSC6404.jpg
20151114 真岡鉄道 真岡~寺内 Nikon D810 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
_DSC6563.jpg
20151114 真岡鉄道 真岡~寺内 Nikon D810 AF-S NIKKOR 70-200mm f2.8 VR-Ⅱ
紅葉はもう少し天気のよい日に撮影したいものです。
  1. 2015/11/15(日) 21:17:59|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト製作記(小型駅)撮影2

小型駅の撮影
 先日に引き続き、小型駅での車両を置いての撮影をしました。本日は先日発売になりましたKATO101系鶴見線バージョンを中心に置いてみました。ホーム、レイアウトの有効長から3両は置けませんが、2両は置くことができます。
_DSC6348.jpg
先日の延長で撮影しましたので手前の線路にはKATOのDE10とワム90000を置きました。
_DSC6352.jpg
車両を変えると反対側は鶴見線の工業地帯の側線のあるイメージになりました。
_DSC6349.jpg
牽く貨車はタンク車も似合います。
_DSC6358.jpg
次にED16のタンク車編成に登場してもらいました。こうすると南武線の駅のようなイメージになります。駅と線路の間の狭さがなかなかの雰囲気です。車もダイナからハイエースに変更しました。昭和50年代のようなイメージではないかと思います。
_DSC6356.jpg
ED16は赤ホキが似合うとも思いましたが、残念ながら持っていません。
_DSC6363.jpg
再度、クモハ12に登場してもらいました。弁天橋から出てきて、大川支線に向かう感じに見えなくもありません。
_DSC6365.jpg
完全にネタ切れではありますが、次のデスクトップレイアウトも考え始めようと思います。




  1. 2015/11/13(金) 23:41:54|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (38)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (71)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (85)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (1)

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得