鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

デスクトップレイアウト製作記(小型駅)16

駅舎のウエザリング
このデスクトップレイアウトも終盤に差し掛かってきました。
駅舎のウエザリングを行いました。一度、ウエザリングを屋根に行ったのですが、いまいちイメージと異なった仕上がりだったため、追加のウエザリングを行いました。
ウエザリングの塗料、ウエザリングマスター、道具は以下のものを使用しました。
_DSC6089.jpg
タミヤエナメル XF-66ライトグレー、XF-2フラットホワイト、XF-64レッドブラウン、XF-1フラットブラック、エナメル溶剤、ウエザリングマスター、小皿、筆2本、楊枝、ティッシュです。
はじめに屋根ですが、XF-2のフラットホワイトをエナメル溶液に溶いて屋根の溝に沿って流し直しました。下側を濃く、上側を薄く塗りましたが、塗ってない部分が出来てしまうので、筆で広げて塗っています。乾いた後で、ウエザリングマスターグレイでドライブラシをしています。これにより全体の艶を抑えることができます。
_DSC6091.jpg
次に駅舎の壁をXF-66ライトグレーでウエザリングしました。写真では分かりにくいですがモールドの段の部分は軽く影が出来ています。
_DSC6093.jpg
_DSC6092.jpg
さらに、ウエザリングマスターのアカサビで窓の下、煙突の穴の下などに錆び表現を入れています。

架線柱のウエザリング
架線柱にもウエザリングを施しました。こちらの方は、エナメルのXF-64レッドブラウンをチョン付けして、溶液で塗料を広げる方法をとっています。この方法はエアブラシがなくても流れ汚れのような表現も可能です。
_DSC6090.jpg
XF-01のフラットブラックで架線柱の付け根部分を黒く汚して変化をつけました。
かなり適当な感じですが、仕上がりはそれなりになっていると思います。
  1. 2015/10/31(土) 00:03:18|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト製作記(小型駅)15

駅前道路の作成
 撮影等に出かけた関係で、デスクトップレイアウトの作成は止まってしまいましたが、気を取り直して、駅前道路の作成に取り掛かりました。レイアウトの端部分に当たるため、踏切を半分に切ったようなな情景としました。デスクトップレイアウトでは端の処理は悩むところです。道路は1.2mmと1.0mmのプラ板で作成しました。車道、側溝、歩道部分を現物合わせ切断しています。塗装は側溝部分はタミヤアクリルXF-60ライトロイヤルグレー、歩道と車道をグレイペイント3深灰を筆で塗装しました。グレイペイントは塗る濃度の調整が若干難しいですが、重ねて塗ることでムラが分かりにくくなります。多少ムラがあるほうが現実に近いような気がします。
ガードレールはトミーテック情景小物089のガードレールを歩道の端にピンバイスで1mmの穴を取り付けています。
_DSC6085.jpg
 道路の白線ですが、デザイン用品のグラフィックテープ1mmという製品を使ってみました。艶も少し抑えてあり、よい感じのラインを簡単に作成できます。粘着力が若干弱い気もします。価格は16mで350円くらいです。
_DSC6086.jpg
踏切部ですが、線路内はトミーテック情景小物01、踏切の踏切板を半分に切って使用しています。真ん中を歩道と同様にグレイペイントで塗装して、ガイドレール部分はタミヤアクリルXF-79のリノリウム甲板色で塗装しました。
_DSC6087.jpg
最後にトミーテック情景小物01、踏切に遮断機を取り付けました。これは他のレイアウトで余ったものを使用しています。そのままでは少し遮断機の棒が長いので道路の幅に合うように切断して接着しました。
_DSC6088.jpg
線路間の路盤はプラバンにグレイペイントを塗ったものを接着しました。白いラインが目立ちすぎの感もありますが、それなりに仕上がりました。


  1. 2015/10/29(木) 22:48:46|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

紅葉の撮影

紅葉の時期本番です
 関東地方では標高の高い場所を除いては紅葉はまだまだですが、北東北では紅葉が非常によい時期になりました。
今週は紅葉を求めて秋田内陸縦貫鉄道と由利高原鉄道に撮影に行ってきました。
残念ながら天気がよかったのは月曜日のみで、今回は土日につづき月曜日にも休みを取って撮影しました。秋で紅葉の時期は本当に晴れませんが、今回の収穫は以下の写真になりました。これらの写真は晴れていますが、他の写真は曇りばかりで、残念な写真のオンパレードとなってしまっています。
 前回の四季の鉄道写真のブログにも書きましたが、内陸線ですが、ロケーションは本当に素晴らしく、季節に富んだ風景が広がっています。車両を除けば最高のロケーションです。
_DSC5802.jpg
20151026 秋田内陸縦貫鉄道 萱草~笑内 Nikon D810 AF-S 24-70mmf2.8
紅葉と赤い鉄橋とのコントラスト、水面反射が素晴らしいです。この撮影地では地元の鉄ちゃん氏に色々と内陸線の情報を分けていただきました。色々と内陸線も大変なようでした。川に長靴で入り撮影しています。
_DSC5996.jpg
20151026 秋田内陸縦貫鉄道 戸沢~上桧内 Nikon D810 AF-S 24-70mmf2.8
_DSC6010.jpg
20151026 秋田内陸縦貫鉄道 戸沢~上桧内 Nikon D810 AF-S 300mm f4.0 +テレコンX1.7
若干、写真では表現しきれていませんが、紅葉の飛び出しです。
_DSC6046_1.jpg
20151026 由利高原鉄道 Nikon D810 AF-S 24-70mmf2.8
東京にも帰らなくてはなりませんので、午後は由利高原鉄道に移動して撮影しました。こちらの沿線も紅葉が進んでいましたが、紅葉には若干早い感じでした。それでも紅葉のよい場所を見つけて撮影しました。



  1. 2015/10/27(火) 22:10:42|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト製作記(小型駅)14

線路周りの塗装
ちょっと作業が開いてしまいましたが、小型駅のデスクトップレイアウトで、道床の塗装を行いました。
まだストラクチャーを固定していませんので、線路部分のみを塗装します。
レール上面を0.7mmでマスキングとケーブルの蓋部分を5mmのマスキングテープでマスキングしました。
_DSC5201.jpg
道床部分をエアーブラシで塗装しました。タミヤアクリルXF-64レッドブラウンにXF-1のフラットブラックを少し混ぜて塗装しました。レールの周りを濃く吹いて、その他は薄く塗装しました。
_DSC5202.jpg
_DSC5203.jpg
写真ではわかりにくいですが、それなりの感じで塗装されています。

倉庫の汚し
次に倉庫のウエザリングを行いました。汚しの方法ですが、タミヤのエナメルXF-1フラットブラック薄く溶いて塗り込む方法とXF-64レッドブラウンを点付けしてエナメル溶液で塗り広げるという方法で、壁面に汚し塗装を入れました。
_DSC4814.jpg
_DSC4813.jpg
屋根は線路を塗装した塗料を軽く屋根に吹いて、タミヤウエザリングマスターの木甲板、アカサビを使用して全体に、ウエザリングを入れました。エアーブラシは綺麗に仕上がりますが、ウエザリングマスターと併用することでより実感的に汚し塗装が気軽にできます。失敗すると戻すことが難しいので、徐々に作業したほうがよいです、
_DSC5204.jpg
次回は駅前部分の塗装を行って行きたいと思います。

  1. 2015/10/23(金) 00:50:46|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

鶴ヶ島市からの贈り物

ふるさと納税
 ふるさと納税をして、鶴ヶ島市から贈り物が届きました。
内容はKATOのEF641001、レインボー7両セット、エンドレス基本セットです。実売価格はトータルで1万8000円くらいの商品です。3万円を鶴ヶ島市にふるさと納税すると贈ってもらえる商品です。この中でほしいと思ったものはレインボーの7両のみですが、税金を納めているだけでと、考えると3万円も悪くはないのではと思い、ふるさと納税してみました。すべての商品は持っていないので、これはこれでありと考えています。実際には、2000円でこれだけの商品がもらうことができますが、確定申告して還付、控除を受ける必要があります。この還付、控除は来年に実施されるので金額が戻るのは来年です。また、年収により、控除できる額は上限があります。
 埼玉県の鶴ヶ島市ですが、KATOの工場があるということで、ふるさと納税で模型がもらえるようになっています。5000~15万円までのKATO製品各種があります。実際には分かりませんが、在庫処分の感も否めない感じです。本商品のレインボーにEF64-1001はないでしょう?という感じはあります。できればもう少し多い商品群の中から選択できると、もっとふるさと納税する人が増えるのではと思います。
_DSC5190.jpg
結構大きな箱で送られてきます。実は、納税してから1ヶ月くらい掛かるので、すっかり、忘れていました。
_DSC5199.jpg
KATOの社長さんからの手紙が入っています。
_DSC5200.jpg
機関車のパーツ取り付け、カプラーの変更、レインボー側のカプラーの変更を行いました。
まだ、この商品は申し込みできますので、皆様もふるさと納税をしてみてはいかがでしょうか?

  1. 2015/10/21(水) 22:06:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

KATO クモニ13 再入線しました

KATO クモニ13 再入線しました
先日紹介したKATOのクモニ13ですが、無事に交換していただき、当鉄道に再入線しました。
今回はきちんと手すりも付いています(笑)。
先日発売になった、クモハ12と同じシリーズで販売されたクモニ13です、ディテールは同様の出来で、造形はよく出来てると思います。1エンド、2エンド側の造形の違いや表記文字、ライト部分、配管は自分的には満足できる出来です。自分の実車のイメージとしては2両編成で走っていた写真を見たことがあったような気がします。残念ながら、実車は見たことはありません。正面の手すりがよいアクセントになっています。
_DSC5195.jpg
_DSC5192.jpg
胴受け、ジャンパー線はクモハ12のものと共通部品でパンタと反対側は胴受けにATS車上子が付いています。これらは自分で取り付ける必要があります。このときは他車との連結は出来なくなります。番号はクモニ13012です。
動力性能も問題ありません。また、説明書では、R150以上が走行可能となっていますが、単行であれば、トミーテックのR140のカーブポイントも通過可能でした。
_DSC5193.jpg
実車はWikiによると(意外に資料が少ないです)
2代目タイプ 13002 - 13016 : 1948年(昭和23年)および1950年(昭和25年)に、モハ34形およびモハ33形(モハ34形改造車)を種車として製作されたグループで、クモニ13012は南シナで1980年に廃車になっています。
いつものように、機関区レイアウトに置いてみました。
今回はKATOのクモヤ90、クモユニ74を同時に置いてみました。
_DSC5197.jpg
_DSC5198.jpg
_DSC5196.jpg
実際はどうかわかりませんが、郵便、荷物の車両基地に停泊中はこんなイメージだったのではと思います。

  1. 2015/10/20(火) 22:49:19|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

秋が深まりつつあります。

今週末は土日の両日に大井川鉄道でEL+旧型客車が走るということで、行ってきました。
まずはブライダルトレインです。知り合いではありませんが、結婚おめでとうございます。そしてこのような列車を走らせていただきありがとうございました。天気にも恵まれて、きっとよい結婚式になったのではないかと思います。おかげさまで、撮影もばっちりでした。
_DSC4894.jpg
20151017 大井川鉄道 Nikon D810 AF-S 70-200mm f2.8
 翌日も朝から快晴でしたが、若干寝坊してしまい、客車列車以外はコマ数が少なくなってしまいました。秋は徐々に深まりつつあります。元南海のズームカーかほとんどの運用に入っていました。前回のダイヤ改正で昼間の列車が激減してしまったのが残念です。SL以外は乗車している方が少ないので仕方ないかもしれませんが、昼間は削減しすぎの気がします。
_DSC4986.jpg
20151018 大井川鉄道 抜里~笹間渡 Nikon D810 AF-S 16-35mm f4.0
_DSC5008.jpg
20151018 大井川鉄道 五和付近 Nikon D810 AF-S 28mm f1.8
比較的暖かい、大井川鉄道沿線でも秋が深まりつつあります。
 さて、本題のEL+旧客の夜汽車ですが、EL+旧客4両というなんとも言えない編成で、日没間際に走り出し、夜間に戻ってくるスジです。オハニ36は今年は入っていませんでした。SL以外のこのようなイベント列車を走らせてくださる、大井川鉄道には感謝です。
_DSC5044 (2)
20151018 大井川鉄道 五和付近 Nikon D810 AF-S 28mm f1.8
_DSC5175.jpg
20151018 大井川鉄道 千頭駅 Nikon D810 AF-S 24-70mm f2.8
まさに昭和のよき時代の雰囲気でした。乗っている方、撮る方の両方が楽しめる夜汽車でした。

  1. 2015/10/19(月) 22:08:03|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

KATO クモニ13

残念
新製品レビューを書くための撮影をしようと思いましたが、残念ながら全面の片側の手すりが付いていませんでした。
購入先に連絡して、交換になりました。たまにはこういうこともあります。
_DSC4812.jpg
KATOさん、検品をちゃんとしてください(笑)
次回、新製品レビューを書く予定です。
  1. 2015/10/16(金) 21:29:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

デスクトップレイアウト製作記(小型駅)13

ケーブルケースの取り付け
バラストが撒き終わりましたので、レイアウトの前面部分について考えました。
思いつきですが、線路の端にはケーブルが敷設されており蓋がされていることに気づきました。
よって、手前はケーブルを敷設させて蓋を被せるをモデル化してみました。1.0mmのプラバンから2mm幅で切り出し、5mm間隔でケガキを入れて、タミヤのXF-80ライトロイヤルグレーで筆塗りして、木工用ボンドで貼り付けました。
_DSC4806.jpg
昨日撒いたバラストとの間にKATOの灰色バラストで埋めました。狭い部分ですが、前面側の処理をよく考える必要があります。
_DSC4807.jpg
バラストの追加は昨日と同じ方法で追加しています。
ストラクチャーの汚し
地面の作業の後は上物の作業をしなくてはなりませんので、ウェザリング作業にかかりました。
ウエザリングの手法は色々なものがありますが、エナメルのフラットブラック、フラットホワイトを使用してウェザリングの作業を行いました。
_DSC4808.jpg
エナメルの溶液を塗装皿に出して、あとはXF-1フラットブラックを溶いて、筆で塗っていきます。
あまりムラを気にせず、塗って行き回りの調子を合わせて行くのが上手くいくこつと思います。あまり派手に汚してしまうと、後もどりは厳しいので、徐々に塗り広げていきます。塗りすぎの場合は溶剤をつけて、ティッシュで拭くとある程度は取る事が出来ます。
_DSC4810.jpg
ホームの裏側ですが、上段とホーム下のタイル積み部はフラットブラックで、クリーム色の部分をフラットホワイトでウェザリングしました。
_DSC4809.jpg
さらに駅舎本屋の屋根をフラットホワイトでウェザリングを入れてみました。下側を濃く、上側を薄く汚しを入れて見ました、
_DSC4811.jpg
最終的にはドライブラシでウェザリングを追加するつもりです。



  1. 2015/10/15(木) 23:17:40|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト製作記(小型駅)12

バラストの接着
本日は鉄道の日ですが、毎年、仕事に追われてしまい、残念ながら、鉄道会社のイベントには参加できません。
とは言っても、小生は人ごみが苦手な方なので、実際に休みであっても、イベントには参加しませんが、皆様はこの日をいかがお過ごしでしょうか。最近の鉄道の日イベントは、鉄道会社が利益を生むというよりは、アイドルや一部の芸能人やお笑い芸人等のイベントの場になっていることが本来の趣旨から離れてしまっているので残念に思います。
さて、本題のレイアウトの作業ですが、仕事のイライラもMaxで早く家に帰って模型作りでもと考え、帰ってきて、早速作業にかかりました。
 本日はバラストを撒きました。バラストの色はいつも悩むところです。機関区レイアウトで使用した、グレーバラストを撒いて、上から茶色系で塗装することで、かなり実感的になったので、今回も同じ方法で作業することにしました。
この方法が正しいかどうかはわかりませんが、初めにホーム側にマスキングを行い、そこにバラストを撒いて、平筆でバラストを均して、霧吹きでバラストを湿らせ、木工用ボンド水溶液で固着しています。
_DSC4801.jpg
はじめにホーム側にマスキングをしています。複線架線柱の台座を手前に接着しています。
_DSC4802.jpg
手前とサイドを回り込むようにマスキングテープで壁を作っています。
_DSC4803.jpg
霧吹きでバラスト全体を湿らせた後に、木工用ボンド水溶液をスポイトで流しています。
_DSC4804.jpg
このまま、乾燥するまで平らなところに放置します。ホーム側のマスキングテープは生乾きで取りました。ホームとの隙間が出来てしまうか若干心配です。


  1. 2015/10/14(水) 23:09:08|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (38)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (71)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (85)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (1)

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得