鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)22

機関区完成!!
紆余曲折ありましたが、機関区が完成の運びとなりました。
複線架線柱1-4番を取り付け、汚し、機関庫に3,4の看板に汚しを入れています。スチレンボードの側面はタミヤアクリル、XF-10のフラットブラウンで筆塗りしています。
最後に洗浄台を取り付けて完成です。
 そのままの洗浄台ではあまりに芸がないので、水道管とホース、ホース掛けを追加しました。
実際の洗浄台はこうなっているか分かりませんが、雰囲気は出ていると思います。水道管はキットのランナーを切り取り、ホース掛けは1mmのプラ角材、ホースは0.3程度真鍮線で表現しています。
_DSC1899.jpg
_DSC1901.jpg
使用した、ストラクチャー類は以下になります。
GM電車庫、GM工場設備A、GM単線架線柱、GM複線架線柱、GM洗浄台(2セット)、GM歩道橋、GM変圧柱、Pecoフレキファイントラック木枕木、津川構内灯、トミックスエンドレールです。GMの回し者ではありませんが、今回はGM製品の使用がかなり、多くなりました。
作業時間は22日×約2時間で44時間ほどで完成しました。思ったよりは時間がかかりました。
_DSC1900.jpg
ケースはアオシマのW-330のUVカットタイプを使用しています。
_DSC1902.jpg
次回は実際に車両を置いてみようと思います。



  1. 2015/07/30(木) 23:52:43|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:2

鉄コレ岳南電車ED402が入線しました。

岳南電車ED402が入線しました
トミーテックの鉄コレの小型機関車シリーズで新たにリリースされた岳南電車ED40型が入線しました。
本モデルは前回の東武機関車などと同様の大きさ構成になっています。当鉄道ではTM-ED01、PS16Pのパンタグラフをつけて動力化しました。2エンド側のみ、アーノルドカプラー化しました。鉄コレにしてはそれなりの出来ですが、一般製品レベルには達していない感じです。しかし、値段の割にはよく出来てはいる程度と思いました。ヘッドライトにレンズが入っている、エンドのダミー連結器周りなどはよく再現されています。この動力ユニットはスローがイマイチな感じでした。
_DSC1597.jpg
相変わらずデッキの手すりは取り付けが大変です。収納時は手すりが当たってしまうため、箱の中敷をカットする必要があります。
_DSC1598.jpg
エンド番号も印字されています。スノープローなどがないため、残念ながらデッキ下の下回りが貧弱に見えてしまいます。
_DSC1596.jpg
実車と同様、ワム80000を牽かせると非常に似合います。
製作途中ですが、機関区のデスクトップレイアウトに載せると以下の写真のようになります。
_DSC1595.jpg
_DSC1600.jpg
さて、実機のED402ですが、日本車両で1965年に製造され、松本電気鉄道入線後、ダム建設の貨物輸送に従事した後に、岳南鉄道に移り、2012年まで江尾駅での貨物の入れ換えや吉原までのJR線への貨物の受け渡しを行っていました。現在は岳南富士岡機関区に所属しています。岳南の機関車は非常にきれいに扱われており、車暦にもかかわらず、きれいな印象でした。是非とも501をNで出してほしいものです。この動力ユニットでは厳しいと思いますが、がんばってほしいです。
  1. 2015/07/28(火) 21:38:25|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

夏空を求めて

今週末は、夏を求めて、上信鉄道に撮影に行ってきました。
連日30度超えの真夏日が続いていますが、日曜日も暑い一日でした。夏らしい青空のもと撮影できました。
_DSC1609.jpg
20150726 上信電鉄 佐野のわたし~根小屋 Nikon D810 16-35mmf4.0

ひまわりの咲いている場所もありましたが、なかなか線路と絡めるのが難しいですが、なんとか撮影しました。
_DSC1721.jpg
20150726 上信電鉄 上州一ノ宮付近 Nikon D810 24-70mmf2.8

山岳部分でも撮影してみました。
_DSC1777.jpg
20150726 上信電鉄 千平~下仁田 Nikon D810 70-210mmf2.8

夕焼けがきれいになりそうな空模様のため帰りの駄賃で秩父鉄道の長瀞鉄橋にも寄り道しました。
_DSC3049.jpg
20150726 秩父鉄道 上長瀞付近 Nikon D4S 28mmf1.8

  1. 2015/07/27(月) 23:48:13|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

KATO C12が入線しました。

当鉄道にKATOのC12が入線しました。
 初期のロッドは入手できなかったのですが、昨日やっと、2次の生産ロッドの製品を手に入れることができました。という訳で本日C12が入線しました。
製品は最近のKATOの小蒸気機関車の出来に準じて製作されており、ディテールは申し分ありません。この狭いボディの中に高性能のモーターをよく収めたと思います。このままの出来で、是非ともC11も販売してもらいたいものです。
最近の製品は手すり配管などが非常に細くできているために、手に持つときは細心の注意が必要です、特に煙突の後ろの配管が非常に細いです。
今回ナンバーはC1267にしました。実機は昭和8年に日立製作所で製造され、全国を転々とした後に、最後は上諏訪機関区に配置され茅野駅入れ替え等に従事して昭和48年に廃車になり、現在は茅野駅前に保存されています。
_DSC1578.jpg
本機にスノープローが取り付けていたか分かりませんが、スノープロー付きにしました。前面はダミーカプラーを取り外し、スノープローを付け、後ろ側は従台車に取り付けるようになっています。取り付けは簡単な方です。後ろ側はKATOカプラーを取り付けました。写真は過去に製作した糸魚川機関区風車両展示台に置いて撮影しました。
_DSC1580.jpg
運転台に機関士人形を乗せられそうなスペースもあります。
_DSC1577.jpg
同時にワ12000も購入しました。実車は見たことはありませんが、小柄な貨車でC12には合います。
_DSC1572.jpg
_DSC1573.jpg
簡単な走行テストをしたところ、説明書はR150までとなっていましたが、TomixのC140やポイントの140も走行可能でした。走行性能は素晴らしいと思います。ちょっと季節はずれですが、桜のレイアウトに置いてみました。なかなか似合っていると思います。
_DSC1586.jpg
_DSC1590.jpg
  1. 2015/07/24(金) 23:55:45|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)21

建物の固定
いよいよ、デスクトップレイアウト製作の終盤になってきて、建物の固定を行いました。
建物の固定はゴム系接着材で、固定しています。ゴム系接着材は固着するまでに若干動かすことができ、はみ出たところは楊枝などにからめて接着剤を取る事ができるので重宝します。はじめに機関庫と左側の建物のみを固定しました。
機関庫、架線柱、倉庫、終端架線、構内灯、車止めをゴム系接着剤で固定しました。
_DSC1371.jpg
終端架線は後ろに1mm丸棒で補強を取り付けました。架線柱、構内灯は2mmのドリルで穴を開けています。
雰囲気はよいと思うのですが、機関庫張り出し付近のスペースが若干狭くごちゃごちゃした感じになりました。
国鉄の機関区ではここまでスペースが狭いことは稀であるようにも思います。
_DSC1370.jpg
機関庫は重石を載せて固定しました。若干ゆがみがあり、そのままでは水平に固定するのが難しい状況です。
本来ならば、1日で十分作業できると思ったのですが、この作業のため、本日はここまでの作業となりました。
_DSC1372.jpg
残りは右側の架線柱、洗浄台、変圧柱等を固定して完成となる予定です。


  1. 2015/07/21(火) 22:18:04|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

梅雨明け

梅雨明けしました。
この連休は台風の影響があり、撮影に出るのをためらいましたが、秩父鉄道と上信電鉄に撮影に行きました。
台風の影響で雲が残る気象条件でしたが、お昼ごろより晴れて夏空になりました。空を入れて撮影するときは少し雲があるほうが雰囲気が出ます。もう少し入道雲ぽいほうがもっと夏らしいかもしれません。
この時期昼ごろになると下回りが黒くつぶれてしまい、後で修正が必要になります。
_DSC1390.jpg
20150719 秩父鉄道 樋口~野上間
_DSC1456.jpg
20150719 秩父鉄道 永田~小前田間
_DSC1479.jpg
20150719 上信電鉄 吉井~西吉井
あまりの暑さのため、何カットか撮影したのみで帰宅しました。なかなか夏のイメージで撮影するのは難しいです。
  1. 2015/07/20(月) 23:56:21|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)20

ストラクチャーの装飾
床のウエザリングが終わりましたので、コンクリート面の端に黄色のラインを入れました。マスキングテープを0.5mm程度の幅で貼り付けて、タミヤエナメルフラットイエローXF-3でライン状に塗りました。実際の機関区ハケで塗ったようなラインが多いので、それなりの感じに仕上がりました。
_DSC1365.jpg
次に倉庫に汚しを入れました。こちらはウエザリングマスターのグレイとグリーンをこすり付けて白けた感じを出しています。
下側を濃く、上に行くにしたがって薄くしています。火気厳禁のステッカーもGM電車庫のものを貼り付けています。
_DSC1366.jpg
機関庫に線路番号を入れました。洗浄線を1番としているので、3,4になりました。こちらはプリンターでゴシック体Mで何種類か出力して、ゴム系接着剤で取り付けました。安全第一表記はGM電車庫のものを使用しています。すこし汚しが必要です。
_DSC1368.jpg
架線柱にも線路番号を取り付けました。こちらもGM電車庫のシールをt0.2のプラバンに貼り付けて取り付けました。
_DSC1369.jpg
  1. 2015/07/17(金) 23:37:29|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)19

機関庫床面のウエザリング
機関庫床面のウエザリングを行いました。
タミヤのアクリルフラットブラックXF-01と5%程度のレッドブラウンXF-64を混ぜて、エアーブラシで床面に吹きました。通常よりかなり薄めて吹いています。レールの中心付近、ピットを濃く、その他は薄くで変化をつけています。やはり、エアーブラシは素人でも簡単に汚し塗装ができます。
_DSC1361.jpg
機関庫を置くとこのようになりました。屋根を接着するか悩むところです。
_DSC1363.jpg
その他のの部分も同じ塗料で汚しを入れました。洗浄台のコンクリー面、レールの側面などに軽く吹いています。
_DSC1362.jpg
_DSC1360.jpg
最後に洗浄台に汚し塗装を入れました。洗浄台はあとでウエザリングマスターを併用して周りと、色調を合わせようと思います。
_DSC1364.jpg
  1. 2015/07/16(木) 23:27:33|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)18

架線柱などのウェザリング
架線柱などのウエザリングを行いました。細いストラクチャーなのでメリハリを付けた汚しはそれなりに難しいと思います。
セオリー通りエナメルを使用してウエザリングを行っています。
架線柱ですが、梁トラスの交差部分にタミヤエナメル、レッドブラウンXF-64を筆でチョン付けして、それを薄め液広げて錆び汚れをつけています。全体には、フラットブラックXF-2を薄めて柱部分に塗っています。
_DSC1356.jpg
終端架線柱も同様の方法で汚しを入れています。
_DSC1358.jpg
変圧柱を組み立てました。色調は架線柱と同じ様な色調としています。ウエザリングも同様に行っています。
_DSC1357.jpg
ストラクチャーの仮置きを行いました。全体として取り付け位置等は問題がないことを確認しました。雰囲気は予想通りの出来栄えになりました。しかし、倉庫の汚しが甘いようなのでもう少し汚しを入れようと思います。
_DSC1359.jpg
機関庫内床面の汚れ、全体の色調を調整して行く必要がありそうです。

  1. 2015/07/14(火) 23:50:50|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)17

地面の作成
グレーのバラストを撒き終わりましたので、変化をつけるためにわずかにKATOの茶色(細目)のバラストを撒きました。
グレー一色よりは実感的になるのではと思います。撒きすぎには注意が必要です。
グレーと同じように、木工用ボンド水溶液と固定しています。乾くと色調はかなり違う感じに見えます。
_DSC1351.jpg
木工用ボンド水溶液が乾いた状態で、全体の塗装をして行きます。
エアーブラシで塗装しました。タミヤアクリルのレットブラウンXF-64に若干フラットブラックXF-1を混ぜたものを吹き付けました。通常の塗装より薄めて、吹きつけ量も少なくしてレールを中心に吹きつけています。ムラがあるほうが実感的と思いますのであまり細かいことは気にせず吹きつけました。
_DSC1352.jpg
また、通路のマスキングもはがして薄く吹きつけました。機関庫の前が若干薄い気もしますが、それなりに塗装できたと思います。
_DSC1353.jpg
架線柱などの塗装
架線柱などの塗装を行いました。現物を見ると柱とビームは違う色で、ビームはグレー同色系、緑系、ブルー系とさまざまですが、その場所ごとに統一されている場合が多いのでグレーの同色系に塗装しました。ビームは筆塗りで、タミヤアクリルのロイヤルライトグレーXF-80で塗装しました。その後に、ガイシをタミヤアクリルXF-02フラットホワイトで塗装しました。後で汚しを入れる予定です。
_DSC1355.jpg
車止めですが、よい製品が手に入らなかったため、トミックスのエンドレールより切り取り、使用することにしました。
レットブラウンで錆び塗装して、標識は白で色さししています。
_DSC1354.jpg


  1. 2015/07/12(日) 20:13:13|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (40)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (73)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (87)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (1)
HO レイアウト (23)

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア