鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

KATO EF81 お召し仕様化パーツセット

EF8181お召し化パーツセット取り付け
EF8181のお召し化パーツセットが発売になりました。いつも購入しているヨドバシカメラには在庫がなかったため、KATOホビーセンターに行ってパーツは購入しました。
_DSC1316.jpg
製品の内容については、前面窓ガラス、側面窓ガラス(白エッジ)、パンタ用ガイシ、高圧線ガイシ、常磐線無線アンテナ、旗が付属されています。説明書にガラスのはずし方などが書いてあります。前面ガラスは取り外し、取り付けが少し、大変でした。
高圧線はそのまま使用しますが、お召しなので銀の線でも入れてくれてもいのではと思いました。また、端の高圧線はプラスチックでモールドされているので、こちらはどうにかしてほしいです。この部品セットは1600円もするので、もう少しがんばってほしいと思いました。旗はマグネット装着できればよいですが、残念ながら両面テープ等で貼り付ける必要があります。
_DSC1320.jpg
常磐線アンテナを取り付けました。
_DSC1319.jpg
2エンド側です。
_DSC1321.jpg
1エンド側(旗取り付け)
EF81はやはり白エッジゴムが似合います。お召し機ですので下回りの銀指し等が必要ですが、腕がないので、今回は見送りました。
  1. 2015/06/29(月) 22:38:34|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)12

機関庫の汚し
昨日に引き続き機関庫のウェザリングを行いました。ウェザリングはどの程度やるべきか悩みますが、
昨日のスミいれから、タミヤのウエザリングマスターEを使用して、調整しました。
添付のスポンジでグレーとグリーンを壁に塗りつけ、汚れの調整をしました。それなりの感じには仕上がっているのではと思います。張り出し部も同様の方法でウエザリングを施しました。
_DSC1304.jpg
庫内の点検台も塗装しました。タミヤアクリルのXF-80ロイヤルライトグレーで塗装しています。
_DSC1307.jpg
次にレールを塗装しました。庫内の点検ピット部はGM30ライトグリーンで枕木を塗装して、その他の部分はタミヤアクリルXF-79リノリウム甲板色をレール全体に塗装しました。レール上面は割り箸で塗装をはがして金属面を出しています。
_DSC1308.jpg
洗浄線の台座部分にも汚しをいれました。こちらはエナメルのフラットブラックスミ入れした後に、ウエザリングマスターのアカサビで線路の両側と内側を錆色にしました。
いよいよ次回はレールの取り付けに移りたいと思います
  1. 2015/06/27(土) 15:50:21|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)11

機関庫周りのストラクチャーの準備と塗装
本日は機関庫内の点検台の準備と機関庫周りの塗装を行いました。
GMの洗浄台を切り詰め、機関庫内の置けるように準備しました。真ん中は洗浄台を2個、組み合わせて両側は1個のみ配置してみました。庫内はこのような点検台の配置で行こうと思います。塗装をして汚しを入れる予定です。
_DSC1301.jpg
機関庫の外見ですが、ウエザリングを施しました。
_DSC1303.jpg
ウエザリングはセオリー通り、タミヤのエナメルXF-64レッドブラウンを錆色に、XF-1のフラッドブラックを使用してウエザリングをしてみました。まずは錆色をちょん付けしてそれを薄め液で広げて、錆の垂れを表現しています。その後に、黒をトタンとトタンの隙間につけて薄め液で塗り広げています。もう少し仕上げのウエザリングが必要な感じですので。もう一度ウエザリングをしたいと思います。なかなか、加減が難しいです。
外の洗浄台ですが、階段部分に黄色を色入れしました。こちらはマスキングテープをラインの太さに貼って、タミヤのエナメルXF-3フラットイエローを筆で塗りました。
_DSC1302.jpg


  1. 2015/06/26(金) 23:23:07|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)10

屋根上点検台の設置
昨日作成した、屋根上点検台と階段を機関庫内に設置しました。ゴム系接着剤で庫内に設置しました。
これらを設置するだけでかなりリアルな感じになりました。
_DSC1297.jpg
庫内の点検台も作成しました。GMの洗浄台を2個つなげて、台座をカットして庫内での車両の高さに合わせています。
_DSC1298.jpg
昨日の予定の通り点検ピット用の穴をレールに開けました。枕木の固定用の突起モールドを残して点検ピットの長さで、フレキの枕木をカットしました。今後レールと枕木の塗装をする予定です。
_DSC1299.jpg
レールを塗装するため、メタルプライマーをすべてのレールに筆で塗りました。デスクトップレイアウトでは、塗装をレールを取り付ける前に行ったほうが、作業は楽になります。錆色の表現をする予定です。
_DSC1300.jpg


  1. 2015/06/24(水) 23:36:14|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)9

本日は機関庫内の屋根上点検台を製作しました。
まずは点検台の板の裏に1X1mmの角棒で補強を追加しました。
_DSC1293.jpg
洗浄台の柵を切断し取り付けました。柵はタミヤのエナメルXF-3で塗装しました。エナメルは色の乗りが今一のため。再度タッチアップする必要がありそうです。雰囲気はそれなりと思います。
_DSC1296.jpg
昨日、製作した階段ですが、手すりの太さがいまいち気になり手すりを作り直しました。海外の素材メーカーで0.5mmなどの丸棒を発見しましたが、中国製で380円ほどの素材を発見しましたので、購入して、作り直ししています。
_DSC1295.jpg
0.5mm程度の方がかなり実感的な気がします。しかし、接着が難しくなります。
次回は機関庫内のピット部分を作成していこうと思います。思ったより加工に時間がかかり、進みが悪くなってきました。

  1. 2015/06/23(火) 23:57:07|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)8

ストラクチャー塗装
本日は雨のため、あまり塗装に適した日ではないのですが、塗装をしないと先に進めないため、塗装を行いました。昨日完成した、洗浄台の台座が出来ましたので、洗浄台、洗浄台の台座の塗装を行いました。
タミヤアクリルのXF-80ロイヤルライトグレーで塗装しました。コンクリート部分はこの色が一番近いのではないかと思います。
もちろん後で汚し、階段に黄色のラインを入れる予定です。
_DSC1290.jpg
次に機関庫内のパンタグラフ点検台の作成に着手しました。
階段はGMの歩道橋を半分に切って利用しています。手すりは1mmプラ丸棒で作成してみました。プラ成型品に比べると若干見劣りする感じです。0.5mmくらいの丸棒があるとよいのですが、タミヤさん出してくれないですか?
_DSC1292.jpg
点検台の手すりをイエロー、台の面をロイヤルライトグレーで塗装しました。
_DSC1291.jpg
機関庫の脇にスペースがありますので、倉庫を置くことにしました。前回の糸魚川風機関区で余っていた、GM、倉庫、便所を組みためました。塗装はタミヤアクリルXF-2フラットホワイトを窓枠、三角頂点に吹いて、マスキングしたあとにXF-79リノリウム甲板色を塗っています。屋根はXF-1フラットブラックで塗装しました。
_DSC1289.jpg

  1. 2015/06/21(日) 23:26:13|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)7

洗浄台スペースの製作
0.2mmのプラバンの上に1X1mm角棒でレールの台座を接着して、2X2mmの角棒で洗浄台スペースの枠を作成しました。
1X1mmの角棒をまっすぐ、接着するのが意外に難しく、何回かやり直しました。
鉄スケールを添えてまっすぐ接着しています。
_DSC1287.jpg
フレキシブルレールから枕木を取り外し、スペースの台座に合うか確認しました。
_DSC1288.jpg
全体レイアウトの確認
洗浄線、留置線のレールを切断しましたので、全体のレイアウトを確認しました。4線はかなりきつい感じですが、写真のような配置で製作を進めることにします。
_DSC1286.jpg
機関庫の屋根のすりガラスを取り付けました。#400の紙やすりで付属の透明プラバンをヤスリすりガラスにしたあと、切断してGMの説明書にあるように、少量のゴム系接着材で接着しました。はみ出た部分は固着する前に、楊枝に絡めつけると取れます。
GMのホームページにあるとおりでした。
_DSC1285.jpg




  1. 2015/06/20(土) 23:08:59|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)6

洗浄台の作成
GMの洗浄台を2台つなげて洗浄台を作成しました。水槽は両側を残してその他はすべて削り落としました。
洗浄台の下はコンクリートが打ってあるのが一般的ですので、0.2tプラバンを36X170mmで切り出しました。
_DSC1280.jpg
機関庫の付属品の塗装
張り出しの窓、ドアをタミヤアクリルのXF-16のフラットアルミで塗装しました。機関庫の張り出しは後で追加された張り出しを想定していますので、窓はアルミサッシになったように塗装しました。
_DSC1281.jpg
機関庫の上下ダクトをタミヤアクリルXF-71コックピット色と入り口のひさしをGM7の青15号を塗りました。
_DSC1282.jpg
見た感じの色合いはアクセントの色となり青15号もコクピット色もそれなりに見えるようになりました。



  1. 2015/06/19(金) 00:28:54|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)5

機関庫の塗装を行いました。
他の方の塗装例やGMのHPの塗装方法を参考にしました。色をどのようにするかは非常に悩むところですが、壁面はタミヤアクリルXF-80ロイヤルライトグレー、屋根をXF-66ライトグレーで塗装しました。最終的には汚しをいれるので、少し薄い色の方がよいかと思っています。
_DSC1276.jpg
壁面は一色塗るだけですので、問題なく塗装しました。張り出しの壁面も同じ色で塗装しました。
_DSC1277.jpg
屋根はGMのHPの電車庫の塗装方法を参考にXF-66ライトグレーを全面に塗装したあと、マスキングを施し、採光窓とダクトの取り付け台をXF-80ロイヤルライトグレーで塗装しました。マスキングが非常に面倒です。
_DSC1279.jpg
それなりに落ち着いた塗装色になったと思います。
前回に作成した洗浄台ですが、意味のない水槽を両端を残して削除しました。
_DSC1278.jpg

  1. 2015/06/15(月) 23:49:06|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(機関区編)4

機関庫の床の塗装を行いました。
エアーブラシでGM30ライトグリーンAを塗って、マスキングして、縁をタミヤアクリルXF66ライトグレーで塗装しました。
若干エアーブラシにトラブルがあり、たった2色に非常に時間がかかってしまいました。
_DSC1196.jpg
ピット部分もライトグリーンに塗っています。白や黄色のラインを入れたほうがそれらしいとも思います。
塗装の乾燥する間に洗浄台を作りました、GMの洗浄台を2個使って長さ140mmになるように作っています。
_DSC1194.jpg
この洗浄台ですが、左右対称でないのと、高さが道床レールにあわせてあるため、高さを調整する必要があります。高さは10mmにしてあります。また、階段を3段切り詰め、台座を9mmになるように切り詰めました。非対称の上部の水槽をどうするか悩み中です。
  1. 2015/06/13(土) 02:01:52|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
Nゲージ 新製品レビュー (40)
デスクトップレイアウト (168)
四季の鉄道写真 (73)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (5)
レイアウト (87)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (8)
HO (1)
HO レイアウト (23)

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Amazon商品一覧【新着順】

フリーエリア