鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

スノーシェッド版撮影(電化編)

撮影(電化編)
完成したデスクトップレイアウトに車両を乗せて撮影しました。
最初は非電化を想定していましたが、架線柱を取り外し式にしたことで、置ける車両の幅が広がりよかったと思います。
初めに、山岳線区を想定していますので、KATOのEF6211を、レイアウトの全長が短いのでF級機関車だと1両が精一杯ですが、それなりに似合います。_DSC9810.jpg
_DSC9809.jpg
_DSC9811.jpg
次にKATOのED751000+ワム編成を、ED75も山岳線区を走ることがありますので、似合っています。スノーシェッド越しの見え方もなかなかよいです。
_DSC9818.jpg
_DSC9818.jpg
_DSC9824.jpg
最後にKATOの115系800番台を置いてみました。
若干、架線柱が垂直でないのはご愛嬌です。
_DSC9829.jpg
_DSC9830.jpg
_DSC9832.jpg
次回は非電化車両を置いてみようと思います。ご意見、ご感想をいただければ幸いです。
  1. 2015/05/28(木) 23:49:13|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:2

デスクトップレイアウト作製記(スノーシェッド版)15

完成!!
予想より時間がかかってしまいましたが、何とか完成しました。
仕上げは山の上面の高さをそろえて、ダイソーのケースに固定しました。
_DSC9802.jpg
先日入線したKATOのEF8181を置いてみました。架線柱があるのでなんとか電気機関車も置ける感じには仕上がったと思います。非電化がベースなので、単行の気動車などが似合うと思います。
_DSC9804.jpg
ケースに入れた状態は以下の写真のような感じになります。
_DSC9805.jpg
完成と言いたいところでしたが、作業用通路を付け忘れていたことに気づきました。
_DSC9806.jpg
最後に厚0.5mmのバルサ材より切り出した通路を接着剤で取り付け本当の完成となりました。
次回は何種類かの車両を置いて撮影をしようと思います。
  1. 2015/05/27(水) 22:52:51|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(スノーシェッド版)14

仕上げ作業
細かい調整と仕上げ作業を行いました。
昨日に引き続き、スノーシェッドの反対側の土部分に枯草、緑色のターフをボンド水溶液で固着しました。
架線柱も取り付けましたが、この架線柱は非電化、電化に変形できるように取り外し式にしてあります。
_DSC9795.jpg
スノーシェッド側はスノーシェッドの下の壁面の上部に緑色のターフを軽く撒いています。
この部分の段がどうしても目立ってしまうためこのような感じに仕上げました。
反対側と同様に架線柱は取り外し式です。
_DSC9796.jpg
スノーシェッドの上面の汚しを追加しました。少しだけボンド水溶液をつけて、パウダーを撒いて、生乾きでパウダーを払って、乾いたところにタミヤのウエザリングマスターのグリーンとイエローで汚れを追加しました。
実物のスノーシェッド上面はかなり黒い感じですが、あまりやりすぎは汚い感じがしますので、ほどほどにしました。
_DSC9798.jpg
ガター橋にも汚しを追加しました。ウエザリングマスターのグレーをスポンジ側でこすった後、筆側でドライブラシを入れています。なかなか、雰囲気はよくなったのではと思います。
_DSC9800.jpg
最後に、剥き出しのスタイロンフォーム、スチレンボードの側面を塗装しました。
タミヤアクリルフラットブラウンXF-10をアクリル薄め液で薄めながら平筆で塗っています。
_DSC9801.jpg
塗料が乾くまでこのままにしておきます。
次回はケースに取り付けて完成の予定です。
  1. 2015/05/26(火) 23:41:27|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(スノーシェッド版)13

小物の作成
スノーシェッドのない側は何もないと殺風景なため小物を作成しました。
_DSC9791.jpg
保線員の転落防止柵と、勾配票を作成しました。GMの架道橋に入っているゼブラシールを0.5mmプラバンに貼り付け、2mmX4mmにカットして10mmの1X1角プラ棒を貼り付け柵としました。タミヤのアクリルリノリウム甲板色XF-79で筆塗りで塗装しました。 勾配票は2X2プラ棒15mmと0.5mmプラバンで作成し、タミヤエナメル フラットホワイトXF-2、フラットブラックXF-1で塗装して、ステッカーよりLと5.0の文字を貼り付けてあります。鉄橋側をL(レベル)の向きにして、フラットブラックで汚しを入れました。写真のように、穴を開けて接着材で固定しています。勾配票は若干太かったかもしれませんが、雰囲気は出ていると思います。
_DSC9793.jpg
スノーシェッドの上面ですが、地形との隙間を見せなくするために、フォーリッジライケンなどを接着しています。
_DSC9792.jpg
今回はレールの上面の塗装をはがして、鉄橋上のレール側面部はフラットブラックで汚しを入れました。
_DSC9794.jpg
あと数日で細かい調整、外周を塗装して完成となると思います。
  1. 2015/05/25(月) 22:32:47|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

新緑から深緑へ

本日は少しだけ中央東線で撮影しました。
新緑から深緑になり季節感を出すのが難しくなりました。
_DSC9782.jpg
_DSC9783.jpg
2枚とも 20150523 中央東線 藤野-上野原 Nikon D810 AF-S 70-200mm f2.8
  1. 2015/05/23(土) 21:36:16|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

祝 1000アクセス

おかげさまで、本日1000アクセスを達成しました。
_DSC1869.jpg
四季の鉄道写真、Nゲージレイアウトの製作記を中心に記事を書いていきます。
小さな一歩ですが、これからも本ブログのご愛顧をよろしくお願いいたします。
  1. 2015/05/22(金) 23:15:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(スノーシェッド版)12

樹木を植えます
地表に軽く草を生やしましたので、本日は樹木を植えていきます。山深さを強調したいので、フォーリッジを少しずつ固定して山深い雰囲気を出すようにしました。
_DSC9675.jpg
今回はKATOのフォーリッジ緑色24-317、若草色24-316、Tomixのライケン グリーン8125、ライトグリーン8126を用意しました。フォーリッジをはさみで細かく切りながら、木工用ボンドで固定して行きました。今回は初夏のイメージですので、グリーン、ライトグリーンを9:1程度で固定しています。諸先輩方の樹木の取り付け方を見ていると、細かく貼り付けて行ったほうが見栄えがよいように思います。樹木の種類に変化を付けるために、ライケンもちぎりながら、一部、埋めています。ライケンは貼り付ける向きによっては不自然になってしましますので、気つけて固定しています。
また、急な斜面ですので、少し隙間を開けて、少し土の斜面も見えている雰囲気で固定しています。
_DSC9674.jpg
鉄橋の裏側、下も同様の手法でフォーリッジ、ライケンで埋めています。
_DSC9676.jpg
デスクトップレイアウトも最後の工程に近づき、樹木を植える、楽しい作業ですが、結構フォーリッジからスポンジが剥がれて机、床が汚れます。
  1. 2015/05/20(水) 23:14:58|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(スノーシェッド版)11

斜面の下地作成
線路にバラストを撒き、地形の色付けが終わりましたので、斜面の下地を作成していきます。
まずは、マスキングテープで線路とバラストを養生しました。
_DSC9672.jpg
下地は大まかにKATOのターフ若草色、枯草色を撒きました。木工用ボンドの水溶液を平筆で塗りターフを撒いた後にスポイトで水溶液を滴下して撒いています。
_DSC9673.jpg
今後はフォーリッジ、ライケンなどを使用して木を生やして行こうと思います。
付属ストラクチャの塗装
架線柱を塗装しました。エアーブラシで柱部分はタミヤアクリルXF-81ロイヤルライトグレーを塗装した後に、筆で架線の吊り部分をタミヤエナメルのXF-26ディープグリーン、ガイシをXF-2のフラットホワイトで塗装しました。緑色を塗ることで少し変化をつけています。柱部分は後で汚しを入れることを考え、少し薄い色で塗っています。
_DSC9483.jpg
作業用の鉄橋の通路ですが。0.5mmのバルサ材を2mmで切り出し、タミヤアクリルXF-79リノリウム甲板色で塗装しました。前回のデスクトップらレイアウトではエアーブラシで塗装したのですが、あまり筆で塗っても違いがないように思います。
_DSC9482.jpg
  1. 2015/05/19(火) 22:32:20|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

初夏に向かって

今年の5月は初夏のような暑い日が続いており、今年の夏はどうなってしまうのかと思っています。今週の日曜日は上信電鉄に撮影に出かけました。沿線の新緑はかなり深い緑に移り変わり、田植え前の準備が進み、上信地方では麦の収穫期が近づいています。残念ながら、麦畑と線路が離れたところが多く、写真で列車と絡めるのが非常に難しい状況でしたがなんとか絡めて撮影しました。
_DSC9515.jpg
20150517 上信電鉄 D810 AF-S 24-70mm f2.8
下仁田近辺ではまだ新緑が綺麗です。ねぎと絡めて撮影してみました。
_DSC9578.jpg
20150517 上信電鉄 D810 AF-S 70-200mm f2.8
麦はまもなく収穫でしょうか。
_DSC9622.jpg
20150517 上信電鉄 D810 AF-S 24-70mm f2.8
鉄橋の脇に青い花を見つけました。
_DSC9662.jpg
20150518 上信電鉄 D810 AF-S 16-35mm f4.0
今回の撮影では、季節感を出すのが厳しい撮影になってしまいました。上信電鉄沿線では6月ごろが田植えの時期ですので、田植えの時期に訪れてみたいです。
  1. 2015/05/18(月) 22:30:45|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト作製記(スノーシェッド版)10

バラストの固着
本日はガター橋以外の部分にバラストを撒いていきます。
バラストを撒く前に両サイドと架線柱の穴をマスキングテープで養生します。
穴が埋まらないのと、両サイドのバラストを止めるだけなので、厳密に作業しなくても大丈夫です。
_DSC9478.jpg
Katoのバラストの茶色(細目)を使用しました。バラストは薄い色の方がより実感的に見える気がします。_DSC9479.jpg
筆でバラストを薄く盛って行きます。この盛り方で出来が決まってしまうので、慎重に作業します。自分は枕木とバラスト面に少し段差ができるくらいをイメージしてバラストを盛っています。
_DSC9481.jpg
バラストですが霧吹きで濡らした後に木工用ボンド水溶液1:3+台所洗剤一滴で固着していきます。
木工用ボンドの水溶液ですが、化粧ビンに作ってそれを、塗料皿などに小出しして、スポイトで流しています。
_DSC9480.jpg
このまま、おとなしく固着を待ちます。多少のはみ出しは後で払えるのであまり気にしません。
  1. 2015/05/16(土) 02:24:32|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (36)
デスクトップレイアウト (166)
四季の鉄道写真 (68)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (3)
レイアウト (68)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (4)
HO (1)

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得