鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

春のデスクトップレイアウトの改修3

桜の植樹
 関東地方では桜も開花して、もう間もなく満開になろうというところですが、それに合わせるように春のデスクトップレイアウトをの改修を完成させました。なんとか桜のシーズンには間に合いました。
用水路のモデリングウォーターが固まったのを確認して桜を植えなおしました。植えるまえに若干モデリングウォーターが用水路より溢れていましたので、カッタで溢れた部分をカッターで削り取りました。
_DSC1512.jpg
いよいよ桜を植える段階になりました。初めにドリルで穴を4mmに広げました。その穴に、ゴム系接着剤で固着しました。木の位置を固定するために洗濯バサミで固着するまで桜を保持しています。
_DSC1511.jpg
桜の固定を確認した後に、枝振りをまとめて、ケースに入るように枝を折り曲げて完成です。この作業中に桜のラントスポンジが地面に落ちてしまっていますが、それもアリと思い、そのままにしています。
_DSC1520.jpg
それにしても、田んぼの表現はなかなか難しいです。この時期の田んぼは次のような写真のイメージですので、トミーテックの製品の色とも異なります。もっと透明感の水面の厚みと透明度がほしいです。なかなかよい表現が出来る製品はありません。
_DSC0591.jpg
このデスクトップレイアウトですが、菜の花の黄色を表現していますが、ラントスポンジが大きすぎたかもしれません。細かい部分を見ると、まだまだ、改善の余地があります。

車両を置いて、撮影しました。
今回はトミックスのキハ23とキハ20首都圏色に登場してもらいました。このレイアウトのイメージは国鉄時代のローカル線の春ですので、それなりには表現出来ています。
_DSC1527.jpg
_DSC1526.jpg
_DSC1534.jpg
_DSC1533.jpg
桜の開花にあわせたデスクトップレイアウトの改修作業となりました。

  1. 2016/03/30(水) 23:26:15|
  2. 過去レイアウト
  3. | コメント:0

春のデスクトップレイアウトの改修2

田んぼ用水路の改修
このレイアウトではイメージの考え方が甘かったために、田んぼの用水路のイメージが思ったような感じにつくることが出来なかったのでした。理由は安易に用水路に緑系のカラーを流したのが原因で、その後、モデリングウォーターを流す、工法で田んぼの用水路作成しています。そのため、化学物質が流れているような感じになってしまっていました。この部分を修正すべく、改修に取り掛かりました。トミーテックの水田のシートも水面が水色はないだろうと思いつつも、自作は大変と思い、このまま使用しています。
_DSC1505.jpg
始めにカッターナイフで以前のモデリングウォーターの膜の部分を剥がして行き、下地をわずかに削って紙粘土の下地を出しました。
_DSC1506.jpg
白い下地部分はタミヤアクリルXF-59デザートイエローに筆塗りしました。ついでに木の根元も同色で塗っています。そして、水面までをXF-10のフラットブラウンで筆塗りしています。いずれも薄め液でかなり薄めて塗っています。
_DSC1509.jpg
塗装が乾いたことを確認してから、最後にモデリングウォーターを流しました。若干流し込み量が多かったため、筆ですくって少し水量を減らしています。毛細血管現象で少し紙粘土の面に流れてしまいました。
_DSC1510.jpg
ここで埃が入ると修正できなくなりますので、クリアーのケースを被せて水平にしておきます。水面が固まるまで、1日程度は作業はできなくなります。次回は地面の小修正を行い、いよいよ、桜の木を再度、植えて行こうと思います。
  1. 2016/03/24(木) 22:57:42|
  2. 過去レイアウト
  3. | コメント:0

春のデスクトップレイアウトの改修1

過去レイアウトの改修
昨日、東京では桜が開花しました。外に出てみましたが、朝晩はまだまだ、寒いように思います。今年の桜は長持ちするのではと少し期待しております。
さて、デスクトップレイアウトの製作がですが、以前からの懸案事項であった、過去のレイアウトの改修を行いました。一番最初に製作して、放置していた春のデスクトップレイアウトですが、初期の頃もあり、ちょっとと言うところもありますので、改修作業に入りました。
_DSC0754.jpg
まずは、桜が八重桜の色で、スポンジの粒状が大きくどうかと思っていました。幹や枝の色もフラットブラウンを塗装してこの色はないだろうという色でした。そのため、桜の木を改修することにしました。
まずは、デスクトップレイアウトから木を引き抜き、スポンジの桜を取り外しました。
_DSC1499.jpg
引き抜き時に、幹が壊れてしまいましたので、こちらは紙粘土で追加することにしました。紙粘土を割れた部分に肉盛したあと、木工用ボンドを塗りつけて、食いつきをよくしました。このままだと表面がつるつるに仕上がってしまいますので、固まったあとで、カッターでスジをいれています。また、再塗装でタミヤアクリルのXF-10フラットブラウンにXF-1フラットブラックを混ぜてこげ茶色を塗りました。前回はエアーブラシで塗装しましたが、今回は筆で塗っています。
_DSC1502.jpg
桜の花びらですが、前回は、メラニンスポンジを使用しましたが、粒を小さくするのが以外に大変なので、今回は光栄堂のラントスポンジ、1213微細白色を使用しました。300円程度です。ダイソウのアクリルカラー、ピンク、白を混ぜて、着色しています。一色だと単調な色になってしまうので、2色若干の色違いを用意しました。そのままカップに混ぜています。
_DSC1500.jpg
_DSC1501.jpg
枝にダイソーのスプレーのりを噴射して、ラントスポンジで製作した、桜の花びらを枝に取り付けてみました。
_DSC1503.jpg
ダイソーのスプレーのりですが、匂いがきついのと、噴射圧力が低くなりますので、吹きつけが段々弱くなってしましいます。
安かろう、悪かろう製品かもしれません。
_DSC1504.jpg
色合いはよくなりましたが、ボリュームは少し少なくなってしまったかもしれません。作りなおしてしまうと、市販のものも値段は、さほど高くないのかもしれません。




  1. 2016/03/22(火) 00:58:02|
  2. 過去レイアウト
  3. | コメント:0

春の無人駅

熱帯のような暑い日が続いています。この暑さですが、日本だけが異常な暑さになっているようで、世界的には温度は高いところばかりではないような状況です。それにしても暑い!!
機関庫デスクトップレイアウトも「飽きたよ」と言われそうなのでほかのレイアウトを紹介したいと思います。
また、イメージは春の無人駅ですので、少しでも涼しくなればと思います。
このレイアウトはトミーテックの駅F2を使用して作成しました、桜の木(自作)と手前の菜の花を表現しました。早春の情景のため、色調の表現が意外に難しかったです。デスクトップレイアウト初期製品に付き、技術が未熟な部分がありました。
_DSC1964.jpg
_DSC1963.jpg
_DSC1965.jpg
_DSC1970.jpg
_DSC1966.jpg
レールの長さからは気動車1両を置く車両展示台としています。
製作から半年程度たってしまい黄色の鮮やかさが少しなくなった感じです。
登場車両ですがTomixのキハ52100前期の109とキハ40500 551に登場してもらっています。ハイグレード製品だけに、ディテールと細かい造形は申し分ありません。実車はどちらもJR東日本の盛岡支社内の車両で109はキハ52末期まで活躍していました。キハ40は現在も現役で八戸線で活躍しています。ホームのイメージは北海道ですが、花輪線、山田線、岩泉線、八戸線にありそうなイメージとしました。
  1. 2015/08/06(木) 00:57:23|
  2. 過去レイアウト
  3. | コメント:0

糸魚川機関区風デスクトップレイアウト2

糸魚川機関区風デスクトップレイアウトの紹介のつづき
北陸新幹線開業で糸魚川のレンガ庫はなくなってしましましたが、
レンガ庫の健在だったときには、事務所で名前を書くと撮影させてくれる、ゆるい事務所でした。
さて、レイアウト紹介の続きですが、時代背景に若干無理があるかもしれませんが、
SL時代からDL時代の過渡期は車両を置くとこのような感じになります。
SL数両、DCに新たに、DE10が導入されている時代イメージです。
_DSC6689.jpg
DL、DC時代はこのような感じです。
DD16のラッセル車が新車で入線したイメージです。この時代になると給炭台があるのはおかしいですが。
_DSC6694.jpg
レンガ庫越しの視線がたまりません。このレイアウトの一番の見せ場です。
_DSC6699.jpg
架線柱は立てていませんが、手前の展示線を本線に見立てて、特急を置いても似合う、レイアウトに仕上がっています。
あたかも機関庫の横を北陸線の特急が通過するようなイメージにも変身可能です。
_DSC6702.jpg
初めて作ったデスクトップレイアウトなのでよく見ると荒が目立ちますが、あくまで、それなりの雰囲気を
目指しています。LEDを入れて夜間も楽しめるレイアウトで完成とする予定でしたが、ものぐさな性格のため、頓挫してしまい。残念ながら本当の完成にはいたっていません。そのためLEDを入れるストラクチャーは置いてあるだけで、固定していません。夜な夜なと休日の作業で製作期間は3週間ほどだったと思います。
アクリルのケースを別途作成しましたので、こちらをかけて普段は展示しております。
この規模だとアクリルケースが最も高い品物になってしまいました。
このレイアウトの感想、ご意見等いただければ幸いです。
  1. 2015/04/17(金) 21:48:15|
  2. 過去レイアウト
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
Nゲージ 新製品レビュー (35)
デスクトップレイアウト (166)
四季の鉄道写真 (63)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (3)
レイアウト (59)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (3)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得