鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

デスクトップレイアウトSL駐泊所検討2

線路配置とスペースの確認
 本日はSL駐泊所レイアウトの再検討を行いました。前回の検討から、駐泊所の線路配置などを過去の写真などから検討すると、もう少し違う視点が見えてきました。自分は現役のSLは知らない世代ですので、想像の域がかなりありますが、駐泊所とはいえ、実際にはテーブルの回転を少なく、給水塔、給炭台などは出区線に配置されることがわかりましたので、給水塔と給炭台を配置することにしました。最近の小型SLはRが急でも曲がれる製品も多いのですが、走行可能なレイアウトの下段本線に接続することを考えると通常のレールセットを接続することを想定しました。停泊所ではなく駐泊所でした。
_DSC3904.jpg
出区線に給水塔、給炭台の台座を置いてみました。ここにアッシュピットも掘らなくてはなりません。小型SL専用なので、この直線は140mmあれば十分に思います。給炭台はもう少しコンパクトで屋根付きのものを考えています。
_DSC3899.jpg
機関庫も建物コレクションの電車庫の長さはいらないので120mm程度に電車庫を切り詰めようと思います。機関庫の手前の線路は本線もしくは駅に続いて行くような、線路配置にしようと思います。
_DSC3902.jpg
_DSC3903.jpg
それで、スペースがいくつになったかというと、300mmX750mmになりました。もう少しコンパクトにしたいところですが、ある程度線路があり、ミニカーブレールを使用しないので仕方ありません。分岐駅の先にある機関車駐泊所ということで、進めたいと思います。コンセプトが少しブレてしまいました。



  1. 2017/04/04(火) 16:43:35|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト製作記(カーブ鉄橋)22

富井電鉄
 カーブ鉄橋のデスクトップレイアウトですが、もうひとつ置いてみたい車両がありましたので、置いてみました。写真の絵柄は同じような感じになってしまいますが、もう少しお付き合いください。
 今日は富井電鉄の車両を置いてみました。富井電鉄は仮想の鉄道会社ですが、小型の電車等のバリエーションが非常に増えて、このレイアウトに似合うのではと思いました。鉄コレのイメージに合致するかは、わかりませんが、支線の奥地にある山岳のイメージでもう少しで終点に着くイメージでしょうか。
 はじめに12m級小型電車を置いてみました。小さな車両の割には架線柱などが立派な感じもしますが、レイアウトとのバランスは無理がないように思います。
 _DSC3307.jpg
_DSC3308.jpg
 次に15m級中型電車を置いてみています。
この製品は荷物電車ではありませんが、半室を仕切り新聞輸送でもやっていそうなイメージです。
_DSC3311.jpg
_DSC3310.jpg
 最後に機関車と貨車を置いてみました。
貨車は実在するモデルですが、凸型機関車はオリジナルですが、小編成でトコトコ走る私鉄のイメージは、なかなか、よい感じです。細々と貨物輸送も行っている支線ローカル線のイメージになります。
_DSC3312.jpg
_DSC3316.jpg
ダイソーのケースを使っていますので、仕方ありませんが、架線柱の高さより裏側の山の高さが欲しいところです。
富井電鉄の製品もバリエーションが増えて、これだけでもありそうなローカル私鉄のイメージを再現できるようになってきています。
  1. 2017/03/25(土) 16:07:32|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウトSL停泊所検討

SL機関区停泊場
トミックスから手動の小型タンテーブルが発売されていることを知り、大宮まで購入に行ってきました。なぜ限定発売なのかは意味不明です。内容はターンテーブル本体とレールブロック、終点ブロック、コンクリートブロック、避雷針のゲートなどが付いています。上路式のターンテーブルで久留里線の木更津にあるタイプに似ている感じです。 
_DSC3293.jpg
価格設定は微妙な8800円でした。それなりにはしっかりとした作りでブロックが多数付いていますが、裏面の基盤がむき出しだったり、桁以外の塗装はいまいちな感じですので、レイアウトでは、塗り直しが必須のように思います。レール自体は取り外せないので塗装が大変になると予想されます。
 この小型タンテーブルですが、小型SLやDL、レールバスのサイズにぴったりのサイズになっており、テーブルの桁は100mmで18m程度の車両を乗せることができます。当社の車両ではC11、C12、C56、DE10、DD16、DD13などが該当の車両ですが、実際に置いて回転させてみたところ、KATOの9600デフ付きも回転できることがわかりました。(先台車は先端が当たっていますが回転可能です)この位置にピッタリ止めるには神業が必要です。
_DSC3294.jpg
_DSC3295.jpg
さて、デスクトップレイアウトの構想ですが、適当にレールを配置してみました。停泊場のイメージですので、レールの本数を最小にしなくてはなりません。本線の横にある機関車停泊所をイメージしましたが、スペースは250mmX700mmくらいは必要な感じです。
乗務員休憩所、給水塔、給炭台、アッシュピット、小型機関庫などを配置する必要があります。できるだけ狭いスペースで再現したいと思っています。
_DSC3297.jpg
_DSC3296.jpg
少し電源をつけて車両も走らせてみましたが、それなりにスムーズに動きますが、何しろ手動のため、少し線路がズレると脱線ということになります。電源供給用のケーブルがターンテーブル本体についていますので、ターンテーブルに配線すると、桁と開通側の線路に電流が流れるようになっています。そこはよく出来ていると思います。いずれにしても、もう少し検討の余地はありそうです。

トミックスワールドテックステーション大宮(名前長い)ですが、3/18からキャンペーンを行っており、1万円以上購入でプレゼントがもらえます。自分はターンテーブルと小物を購入して、都電をプレゼントしてもらいました。いきなり「この中から選んでください」と店員の女性の方から言われて、はじめは意味が分かりませんでした。
_DSC3298.jpg
定価販売なので仕方ありませんが、在庫処分の大人の事情なのでしょうか。それであれば価格を下げてもらいたいものです。(余談です)

  1. 2017/03/20(月) 19:09:58|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 49(1000X600版)

やらかしてしまいました(ノ_<)
バラストを調子よく撒いていたのですが、上段左側のクロスレールとYポイントで問題が発生してしまいました。
クロスレールはバラストを撒いて、試運転をしてみると、電留線の先になぜか電流が流れたり、流れなくなってしまいました。ポイントのように可動部がないため、普通にボンド水溶液でバラストを撒いたのがよくなかったようです。仕方ないので無水エタノールで固着バラストを溶かして、剥がしました。
_DSC2837.jpg
試運転をしてみると、なぜか普通に走ってしまいました。おそらくバラストが固着して収縮したため、レールの裏側の配線部分の接触が悪くなったようです。
_DSC2840.jpg
やり直しは、普通にバラストを撒くの諦めて、回りにボンドを塗ってバラストを固着する方法にしました。
 つぎのやらかしは、Y字ポイントです。調子に乗って、バラストを際まで撒いて少しレバーを動かしたために、ポイント可動部にバラストが混入してしまい、ポイントの動きが悪くなってしまい、仕舞いには電動ポイントが動かなくなってしまいました。注意していたのですが、ちょっと注意散漫でした。
_DSC2838.jpg
仕方ありません。このポイントを取り外すしかありません。クロスレールと同様にエタノールでバラストを剥がし、レールを取り外し、ポイント内部を分解して、エタノールで清掃して、再度組みなおして、取りつけました。かなり広範囲を剥がす羽目に合いました。トミックスのポイントですが、裏面のねじを強く締めてしまうと、ポイントの動きが渋くなって、動きが悪くなるときがあります。
_DSC2839.jpg
試運転に使っているトミックスのDE10ですが、問題があります。ショートエンド側を先頭にして、Yポイントに低速で進入するとトングレール部で停車してしまうときがあります。微妙に接触が悪いようです。もう一台のDE10でも同じ状況で反対側のYポイントは問題ないので、わずかなポイントの個体差のようです。このDE10ですが組み立てにも問題があったので、分解して組みなおしてみました。走りはスムーズになりましたが、このYポイントのみ微低速だと止まってしまいます。なかなか、この手のエラーは修正が難しいようです。
悩みが増えました。
_DSC2831.jpg
気を取り直して、バラストを撒き直してだいたい元の感じに戻りました。
_DSC2857.jpg
試運転も上手く行くとよいのですが。。。。バラストが乾いたら、試運転を行いたいと思います。先が少し思いやられます。


  1. 2017/03/11(土) 19:25:05|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0

デスクトップレイアウト製作記(カーブ鉄橋)21

私鉄車両での撮影
本日は私鉄車両を置いて撮影してみました。当鉄道で保有している車両の中で山岳線区の車両と考えると、富山地鉄、長野電鉄、上信鉄道の車両を置いていてみました。
はじめに富山地鉄14700型です。富山地方鉄道は富山の都市部から、立山、黒部山岳地帯を走っていますので、このようなシーンも展開されているのではと思います。もっと鉄橋の高さは高いと思いますが、それなりに似合っています。
_DSC2843.jpg
_DSC2846.jpg
_DSC2844.jpg
次に長野電鉄の今はなき、りんご特急2000形を置いてみました。長野電鉄も湯田中付近では山岳線区ぽいところがありますが、実際にはカーブしている鉄橋はありませんが、イメージ的に似合っていると思います。本来は3両編成で運転されていましたが、レイアウト有効長より2両のみ置いています。
_DSC2856.jpg
_DSC2855.jpg
_DSC2853.jpg
いよいよワンパターンな感じですが、なかなかよい感じです。ヘッドマークがないので少し見慣れない感じになっています。
 最後に嗜好を変えて、上信電鉄デキ3とワム(ウエザリング)を置いてみました。上信電鉄も、下仁田近辺では、山岳線ぽいところがありますので、有り得ない感じではありません。
_DSC2851.jpg
_DSC2848.jpg
_DSC2847.jpg
このスペースだと短い編成が似合います。 そろそろ、次のデスクトップレイアウト製作を考えなければなりません。
  1. 2017/03/09(木) 23:25:01|
  2. デスクトップレイアウト
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
Nゲージ 新製品レビュー (36)
デスクトップレイアウト (166)
四季の鉄道写真 (68)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (3)
レイアウト (68)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (4)
HO (1)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得