鉄道模型工房&鉄道写真工房

Nゲージレイアウトの製作記と四季の鉄道写真のブログです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
現在の閲覧者数:

JR西日本三江線(その1)

三江線に乗り鉄
 来年3月に廃止が予定されている三江線に乗り鉄をしてきました。土日は同業者の方も多く、平日の方がより日常のローカル線を感じられるのではということで日曜日と月曜日に乗車してきました。当初は3月中に乗り鉄しようと思ったのですが、仕事の都合や春休みで宿が取れないなどの理由があり、今回晴れて乗車となりました。三江線は100km程度のローカル線ですが、通しで乗り鉄するには以外にハードルが高く、通しの列車が以外に少ないので乗るには難儀しました。
 出来るだけ短い時間で往復乗ることを考えて、日曜日の夕方に石見川本から江津、月曜日に江津から三次、三次から石見川本を乗車しました。乗車する前に撮り鉄もしてみました。時間もあまり、無かったので、石見川本の近くの線路脇より撮影しています。
_DSC4821.jpg
夕刻の新緑で気持のよい青空の中2両編成の三江線がやってきました。
撮影後17:47発430Dに乗車のため、石見川本の駅に向かいます。今回はバイクでこちらまで行きましたので、駅員さんに、三江線に乗りに来た旨を話して、駐車場の端っこに置かせてもらいました。もちろん快諾していただきました。石見川本から江津まで670円の切符を購入します。
_DSC4833.jpg
_DSC4834.jpg
下りの三次行き入ってきたあとに430Dが入ってきました。乗客は非常に少なく、先頭車は締め切りで2両目に乗車しました。1両目を締め切っている意味がわかりません。ワンマン表記ですが、なぜか車掌さんが乗っています。
_DSC4842.jpg
車内は4ボックス席とロングシートで構成されています。乗客は私と4人地元中高生のみというなんとも寂しい感じですが、日常の日曜日の夕方はこんなものなのかもしれません。自分は江の川側の進行方向右側のボックス席の窓際に座りました。
_DSC4846.jpg
途中から何人か乗ってみましたが、川本から江津まで乗り通したのは自分だけでした。速度の遅いこと、半端ないです。それなりにローカル線に乗っていますが、平均速度はかなり遅いです。これでは車にはまったく太刀打ちできないです。軽量の気動車ですが車両のパフォーマンスもまったく使えていない感じです。線路を継続するには、路盤を強化してスピードアップして所要時間を短縮して、単行運転にして出来るだけ運転本数を多くするか、観光路線として継続していくかのどちらかしかないような感じがしました。過疎化も進み、それといった観光地もないようなので、乗客数のアップは見込めなく廃止という状況の感じです。しかし、このような閑散時間でも、乗客はゼロではないので、公共交通機関としての使命は全うする必要があるのではないでしょうか?
_DSC4850.jpg
西日本は日没が遅く、この時期、この時間でもかなり明るい感じで、江の川の沿いを1時間10分ほど走行して、江津に到着しました。
_DSC4852.jpg
_DSC4854.jpg
乗ってきた列車は1両編成になって浜原行きになります。本日は江津のビジネスホテルに宿泊しました。翌朝は5時53分発に乗車しないと出発が午後になってしまいます。ここが乗りつぶしにはかなり厳しい状況です。






  1. 2017/04/26(水) 22:17:39|
  2. 乗り鉄
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 59(1000X600版)

山岳地形だいたい完成
 長々と作業を行っていた山岳部分の地形ですが、木粉粘土の貼り付けが終わり、下地は完成となりました。鉄橋自体をKATOに変更してしまったため、最初にイメージしていた感じと若干異なるイメージですが、下地はだいたいよいと思います。 
下地の完成に当たっては、両端の橋脚を地面に接着して、スタイロンフォームで隙間を埋めています。
_DSC4716.jpg
_DSC4717.jpg
 型で作った岩盤も木工用ボンドで貼り付けています。
あとはいつものように木粉粘土をちぎって貼り付けて、古歯ブラシで叩いて表面をざらざらにしています。鉄橋の裏側が若干ダムのような地形になってしまっていますが、樹木を植えることで厚みが少し増すのではないかと思っています。
_DSC4718.jpg
_DSC4719.jpg
 本日は、下段本線のバラストを塗装してみました。明灰色と灰色のバラストを使っていますが、毎日の通勤で線路を見ていると、意外に茶色が多いように思います。エアーブラシにタミヤアクリル XF-64レッドブラウンを1:3r程度に薄めて吹いています。
_DSC4714.jpg
_DSC4715.jpg
加減が難しいですが、前面と背面で茶色の吹き濃さを変えてみました。写真からはわかりにくいかもしれません。やりすぎると濃くなりすぎるので細心の注意を払って吹いてみました。効果はてきめんで雰囲気的にはかなりよくなりました。
  1. 2017/04/23(日) 15:35:07|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0

桜の撮影

真岡鉄道、関東鉄道
 この週末は真岡鉄道、関東鉄道に桜を求めて撮影に行ってきました。今年は桜の満開時期が非常に読みにくく、天気にもあまり恵まれなかったですが、今週末はまずまずの天気で満開の桜の下で撮影できました。もう少し青空が欲しいところですが、天気ばかりはどうしようもありません。
_DSC4374.jpg
20170415 真岡鉄道 D810 AF-S 70-200mm f2.8
_DSC4453.jpg
20170415 関東鉄道 常総線 D810 AF-S 16-35mm f4.0
_DSC4388.jpg
20170416 真岡鉄道 D810 AF-S 16-35mm f4.0
_DSC4483.jpg
20170415 真岡鉄道 D810 AF-S 70-200mm f2.8
_DSC4517.jpg
20170415 真岡鉄道 D810 AF-S 70-200mm f2.8
_DSC4682.jpg
20170415 真岡鉄道 D810 AF-S 24-70mm f2.8
今回は桜の下での撮影を堪能できました。今年はトラブルは起きなかったようです。
  1. 2017/04/21(金) 16:00:15|
  2. 四季の鉄道写真
  3. | コメント:0

KATO C11が入線しました。

KATO新C11
 KATOの新C11が入線しました。同時期にTomixのC11が発売されましたが、某模型屋氏より走りがイマイチとの情報を得ていましたので、Tomixの製品は今回は購入を見送りました。
最近のKATOのSL製品に相応しく、ディテール、走行性能は申し分ありません。全体のバランスもよく出来ていると思います。よく見ると配管の細さ、ステップなどの細さ、デフの厚みの薄さ、運転台の造形など、モーターの小型化の恩恵を受けている製品に仕上がっています。C12に続き、かなりよい製品に仕上がっています。
 _DSC4701.jpg
_DSC4702.jpg
_DSC4703.jpg
旧製品のC11も当鉄道には在籍していますので並べてみました。プラの成型技術の向上により、まったくの別物になってしまっています。旧製品もそこまではプロポーションが悪いとは思っていませんでしたが、ボッテリしていてもはや別の機関車のようです。
_DSC4708.jpg
_DSC4706.jpg
この違いでは同じ機関区に置いておくことはできなくなりそうです。ちょっと残念なのは最小曲線半径がR216とのことで、自分のレイアウトの上段では走行することができません。こちらはトミックスの製品に分があるようです。
いつものようにデスクトップレイアウトに置いてみました。1両では寂しいのでワフ29500と置いてみました。簡易線区の貨物列車がこんなイメージだったのではないでしょうか。
_DSC4709.jpg
_DSC4713.jpg
ちょっと煙がほしくなる感じです。
 今回はナンバーは223号機にしました。特に意味はありませんが、東北地区の機関車ということで、この番号を指定しました。
さて実車はネット等の情報によると、
1941-08-14/木 日本車輌名古屋NO.981 新製 配属 仙台局 配置 大湊区
1958-10-20/月 大湊区→大湊・大畑線管理所(組織変更)
1962-04-01/日 大湊・大畑線管理所 D
1963-04-01/月 青森区
1971-10-26/火 廃車(青森区)
青森の支線ローカル線で活躍していたようです。
  1. 2017/04/19(水) 00:00:07|
  2. Nゲージ 新製品レビュー
  3. | コメント:0

レイアウト製作記 58(1000X600版)

山岳地形の作成つづき
先日に引き続き山岳地形を造形しています。そのまま粘土を張っていくだけでは芸がありませんので、石垣を貼り付けてみました。石垣はグレーに塗装して、タミヤエナメルXF-2フラットブラックで汚しを入れて、ウエザリングマスター、グリーンで流れの汚しを入れています。そのまま木工用ボンドでスタイロンフォームに貼り付けています。わざとムラを付けて塗っています。
_DSC4327.jpg
山岳地形の粘土張りも引き続き、続けています。固まっても収縮、ひび割れはありませんので順調に作業しています。
_DSC4328.jpg
石垣の左上にはGMの落石よけを置いてみました。ちょっとしたものですが、感じはかなり変わります。現段階では接着していません。
もう少し汚してから接着しようと思っています。
_DSC4329.jpg
地形の作成が進んでいますので岩場の塗装を行いました。鉄橋の裏側が崖となっているため、こちらも、変化をつけるため岩場にしています。この岩場ゴム製の型に木粉粘土で埋めて、固まったら取り出すことをしています。
_DSC4331.jpg
塗装の仕方ですが、ダイソーアクリル絵の具、しろ、黒、茶、黄土、緑をグレーをベースにネットの岩場の写真を見ながら塗装しました。出来るだけ多くの色で塗るとそれなりに見えます。グレーを多くするとコンクリで出来た岩のようになってしまうので、注意が必要です。なかなかよい感じに塗れていると思います。
_DSC4332.jpg
本日は最後に、橋脚の台座の上部をグレーで塗ってみました。これはNゲージファインマニュアル2の本線場のストラクチャーに載っていましたので、参考にしてタミヤエナメル XF-66ライトグレーを塗ってみました。大した塗装ではありませんが、これだけでも橋脚らしくなります。少しはみ出てしまっているので楊枝で少し塗装を剥がしました。
_DSC4333.jpg
_DSC4330.jpg
本日はこの部分まで山岳地形が出来てきました。のこり1/3程度を造形していきます。破綻しなければよいですが。。。


  1. 2017/04/16(日) 16:36:07|
  2. レイアウト
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

deki102

Author:deki102
撮り鉄暦30年、模型鉄暦10年のサラリーマンです。
カメラはNikon D4S D810で撮影しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
Nゲージ 新製品レビュー (35)
デスクトップレイアウト (166)
四季の鉄道写真 (63)
過去レイアウト (6)
鉄道写真 (3)
レイアウト (59)
車両の加工 (2)
乗り鉄 (3)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ紹介製品

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

お買い得